こちらは「アルテイル」用の構築済みファイルパック(カード)です。
「ラヴァートヒーローズ」用の構築済みファイルパックとは異なります。




高ATユニットで相手よりも先にユニットを全滅させよう!

対戦相手のユニットをどんどん倒していく、積極的な戦いが好きな人はこのファイルを選ぼう!
「ローティア」は一撃で倒されてしまうユニットが多い反面、対戦相手のユニットを一撃で倒せる攻撃力を持っているユニットも多い。
またグリモアも攻撃的なものが多く揃っていることがポイント。
自分のユニットが倒されても、先に相手のユニットを全滅させて勝利をつかもう!


序盤 「光の精霊」を使用してソウルパワーを貯めてから、レベル3のユニットを配置していくことがポイントになる。
その場合、「月公国の再生騎士」を出して前線を保ちつつ、「真夜中の犬」や「殺人兵器ラ・ボォ」といったATが高いユニットを使用していこう。
中盤 真夜中の犬」や「殺人兵器『ラ・ボォ』」を使って、対戦相手のユニットを倒していきつつ、これらのユニットが倒れた時に備えて代わりのユニットを配置できるソウルパワーを確保しておきたい。
とくに「殺人兵器『ラ・ボォ』」は攻撃力が高くまた素早い反面、非常に倒されやすいため、復活させてもすぐに倒されてしまうかも知れない。
そうした場合はまだ「殺人兵器『ラ・ボォ』」が復活できる局面でも敢えて復活させず、ソウルスキルで反撃しつつ、別のユニットに切り替えてもいいだろう。
終盤 対戦相手のユニットの数が減ってくる終盤になったら、「無慈悲な死」を使用できるまでソウルパワーがあるかどうか確認しよう。
もしソウルパワーが十分に貯まっているのであれば「無慈悲な死」を対戦相手の強力なユニットに向かって使用するといいだろう。
もし難しいようならタフな「月光国の精鋭騎士」を出して前線を保とう。


ポイントカード
殺人兵器『ラ・ボォ』
非常に高いATとAGIを誇る反面、非常に倒されやすいユニット。
攻撃を受けるとほぼ生き残れないため、複数攻撃できるアクションスキルを使い、先に相手のユニットを倒してしまおう。
月光国の再生騎士
耐久力の低いこのファイルのカードの中ではHPが高いユニット。
「再生」という名前の通り、オートスキルでHPが回復していくので、すこし攻撃を受けても耐えてくれるところが魅力。
「真夜中の犬」や「殺人兵器『ラ・ボォ』」の横に並べて、囮として使用しよう。
獣化病/レオナウド
1ターン目に使用すると、ちょうどオートスキルが発動する「バトルタイム[夜]」に配置することができる。
対戦相手が出してきたユニットを確実にクローズさせることができるぞ。
 

よりファイルを使いこなすポイント
■「殺人兵器『ラ・ボォ』」をワンポイントで使用する
このファイルに入っている「殺人兵器『ラ・ボォ』」は2枚しか入っていないこともあり、一度HPが0になったら復活させても、すぐに対戦相手のソウルスキルなどで再び倒されてしまうことが多い。
状況にもよるがこのユニットは一度倒されてしまったら敢えて復活させず、そのままソウルスキルを発動させて波状攻撃を仕掛けていくほうが良い場合もある。
倒されやすいユニットは闇雲に復活させず、相手の虚をつくプレイを心がけよう。

■「強制再生」で邪魔な「光の精霊」を倒そう
このファイルに入っている「殺人兵器『ラ・ボォ』」は2枚しか入っていないこともあり、一度HPが0になったら復活させても、すぐに対戦相手のソウルスキルなどで再び倒されてしまうことが多い。
グリモアで対戦相手のユニットを倒した隙に、主力ユニットの攻撃で確実に相手の主力ユニットを倒してしまおう。


このパックに新たなカードを追加するならこちら