構築済みファイル

ファルカウ

アルテイル2ゴロ こちらは「アルテイル2」用の構築済みファイルパック(カード)です。
運営チームによって予めファイル構築された商品ですので、購入後すぐにバトル可能です。

ファイル紹介

AGIの高いユニットで先手をとりAGIが高いほど強力になるオートスキルで相手を討ちとろう!

ファルカウ神族は高いAGIでの攻撃や敵軍ユニットを多彩なスキルで妨害しつつ、盤面を有利にしていくといった戦法が得意な神族です。

このファイルには見習い鳥使い『レイテ』魔法王国の風使い魔法王国の鳥使いといったAGIに関連するスキルを持つカードが多いのが特徴です。HPやATは低めですが、自身のAGIを強化させることで敵軍ユニットにより多くのダメージを与える事も可能です。
AGIを巧みに操り相手よりも先に攻撃することで戦局を有利に進めていきましょう。

※右図のカードをクリックすると、カードの能力を見ることができます。

ファイルの動かし方

序盤
まず書庫の契約者『バネット』EXを自軍の「1」「2」「3」と書かれた自軍のマスに配置しましょう。書庫の契約者『バネット』EXはHP40とこのファイルの中でも高いHPを持つとともに、「蘇生」(このユニットの復活にはソウルパワー(SP)を必要としない。)という能力を持ち、AGI3以上の自軍ユニットを強化し、ランクアップスキル(ユニットの状態のひとつ。カードに書かれた影響力以上にすると、ユニットのパラメーターが上昇する。)を持つユニットをランクアップ状態に変化させます。

次に出すユニットは見習い鳥使い『レイテ』このユニットはオートスキルで自分のAGIを参照したダメージスキルを持ちながらランクアップスキルも持っているので書庫の契約者『バネット』EXととても相性のいいユニットです。

さらに魔法王国の風使いを「1」「2」「3」と書かれた自軍のマス以外の場所に配置しましょう。このユニットは自軍ユニットから1体選択してAGIを上昇させるスタートスキルを持っているのでランクアップ状態になった見習い鳥使い『レイテ』のAGIを上昇させることでより高いダメージを敵軍ユニットに与えられます。

中盤
序盤でユニットを配置し終えたら魔法王国の鳥使い水晶の魔法騎士を配置していきましょう。魔法王国の鳥使い見習い鳥使い『レイテ』に似たオートスキルを持ち、魔術師の理想郷のグリモアカードなどで「オラクル」状態(ユニットの状態のひとつ。【このユニットがオラクルの時】と書かれたスキルを発動させる事が出来ます。)になった場合、さらにオートスキルで敵軍ユニットにダメージを与える事が可能になります。

また、先ほど説明した魔法王国の風使いにも「オラクル」状態の場合、敵軍ユニットを移動させるオートスキルが発動するので「オラクル」状態にする場合はこの2体のユニットが場にいる事が望ましいです。

HPの減った敵軍ユニットは水晶の魔法騎士の通常攻撃で確実に1体ずつ倒していきましょう。水晶の魔法騎士の攻撃はRNG内のユニットから1体を選択して攻撃することが可能なので文字通り通常攻撃で確実に1体ずつ倒せるでしょう。

燕の偵察兵イルカ乗りの戦士は自軍ユニットの復活できる回数が少なくなったときや敵軍ユニットから攻撃を受けたくない場合、ソウルスキル(SS)を発動させたい場合に場に配置していきましょう。

終盤
書庫の契約者『バネット』EXで自軍ユニットを強化、ランクアップ状態にしつつAGIの上昇した見習い鳥使い『レイテ』とグリモアカード魔術師の理想郷「オラクル」状態になった魔法王国の風使い魔法王国の鳥使いのオートスキルで敵軍ユニットを圧倒していきましょう。

キーカード

書庫の契約者『バネット』EX
Lv2以下の自軍ファルカウのユニットをサポートするこのカード。自身のHPも40と高い。 更に蘇生により復活コストがかからない為、1手目に出して一気に盤面を制圧するのが良いでしょう。

見習い鳥使い『レイテ』
ランクアップをするとAGI5からオートと攻撃の2回攻撃を行います。書庫の契約者『バネット』EXがフィールド上にいるとランクアップも容易に行える為、早い段階からランクアップが可能になります。また、ダメージの量はすべて自身のAGIに比例する為このユニットのAGIを強化するよう動くとさらに攻撃力は増します。

魔法王国の風使い
このユニットは、スタートスキルにて自軍ユニット1体をAGI強化できます。上記で挙げた見習い鳥使い『レイテ』のAGIを強化以外にもAGI2以下のユニットを対象に取ることで書庫の契約者『バネット』EXのランクアップを受けられるようになります。

鋼の封印
HPが高くない青のLv2ユニットに対して、大型ユニットのオープンスキルによる複数ダメージは全滅の可能性が出てきます。このグリモアを相手の大型ユニットのオープンに合わせると、相手のオープンスキルを発動させない効果があります。グリモアもオープンスキルに含まれるため効果がありますが、グリモア同士の場合、発動順序はランダムなので過信は禁物です。