こちらは「アルテイル」のスターターファイル2です。
「ラヴァートヒーローズ」とプレゼントされるカードの内容は同一です。
「ラヴァートヒーローズ」でのファイル構築はこちら
カードは全て初心者カードです。
※1アカウントにつき、スターターファイル2は1つのみ入手できます。
ファイル構築で「ラヴァートヒーローズ」もお楽しみいただけます




※追加カード20枚はショップで購入できる構築済みファイル2には含まれません


タフなユニットを次々に並べ
「聖光の剣士『ラフィーレ』」のアクションスキルで圧倒しよう!

堅実に戦いたい人はこのファイルを選ぼう。
このファイルでは「祝福装甲の騎士」や「太陽王国の仕掛け盾騎士」など、HPが高くDFもある、タフなユニットが多いのです。さらに「緑石のカーバンクル」のオートスキルでDFをさらに強化することができます。
前線にユニットを並べたらレアカード「聖光の剣士『ラフィーレ』」のアクションスキルで敵軍ユニットを倒していきましょう!
ユニットを次々に展開できるカードゲーム初心者向けのファイルです。タフなユニットを次々に並べていこう。


序盤 まず「太陽王国の若き神官戦士」を配置してから「光の精霊」をオープン、ソウルパワーを溜めていこう。
ソウルパワーが十分に溜まってから「太陽王国の仕掛け盾騎士」・「緑石のカーバンクル」を続けて配置、素早く自分の前線を固めていこう。
中盤 「聖光の剣士『ラフィーレ』」を後列に配置、横一列のユニットを一度に攻撃できるアクションスキル「ランティリット」を使い、敵軍ユニットを攻撃していこう。一度に敵軍ユニットを全滅させることができたら、前線のユニットは「待機」をして減ったHPを回復させよう。前線のユニットの耐久力がこのファイルの生命線なので、ユニットのHPには常に気を配っておくといいぞ。
終盤 前線のユニットが倒れてしまったら「祝福装甲の騎士」を配置、「聖域の鍵」でDFを上げて前線を築こう。
また、ファイル内のカードをすべて使ってしまい「復活」ができないユニットは、グリモアカードの「復活」か「祝福」を使って生き返らせよう。「祝福」はユニットの強化もできるので「復活」より強力だが、ネームドカードが対象にならないので「聖光の剣士『ラフィーレ』」を生き返らせたい場合は「復活」を使おう。


ポイントカード
聖光の剣士『ラフィーレ』
アクションスキル「ランティリット」をメインに使用していこう。なお、HPが30と少ないため、「緑石のカーバンクル」のオートスキルでDFを上げたり、対戦ユニットのRNG外の範囲に配置したり、工夫することが必要になるぞ。
緑石のカーバンクル
オートスキル「緑石の加護」で自分以外のユニットのDFを上げることができる。やられやすいので、オートスキルをメインに使用したい場合は、敢えて後列に配置するといいぞ。
魔力の玉
守りが堅いが攻撃手段が少ないこのファイルでは貴重な敵軍ユニットにダメージを与えるグリモアカード。使用する場合は瀕死の敵軍ユニットに使用し、クローズさせるようにしよう。また、自分の[影響力:リフェス]の値でダメージ量が変化するので、使用する場合はあまったソウルパワーを[影響力:リフェス]に振るようにしよう。

よりファイルを使いこなすポイント
■「緑石のカーバンクル」はファイルの要!
「緑石のカーバンクル」のオートスキル「緑石の加護」は「太陽王国の若き神官戦士」や「聖光の剣士『ラフィーレ』」といったHPが少ないユニットのDFを上げて守ること以外にも、「太陽王国の仕掛け盾騎士」を対象にして、アクションスキル「仕掛け盾発動」の効果を上げるコンボが可能。攻撃力が少ないこのファイルで大ダメージを与える貴重な手段だ。対戦相手が前線を固めてきたら、このコンボで敵軍を切り崩そう。

■「祝福」と「復活」を使い分けよう

このファイルに入っているグリモアカード「祝福」と「復活」。「祝福」は対象にしたユニットを強化し、かつ生き返らせることができる強力なカードであるが、ネームドユニットは対象にすることができない。一方「復活」はユニットを強化することはできないが、レベル4以下のユニットであれば何でも生き返らせることができるぞ。
前線のネームドユニットでないユニットが倒された場合は「祝福」を使用し、倒されやすい「聖光の剣士『ラフィーレ』」がクローズしてしまった場合は「復活」を使用し、使い分けていくことが重要だ。


慣れてきたら自分が使いやすいようにファイルを変更してみよう!
変更例はこちら