こちらは「アルテイル」のスターターファイル3です。
「ラヴァートヒーローズ」とプレゼントされるカードの内容は同一です。
「ラヴァートヒーローズ」でのファイル構築はこちら
カードは全て初心者カードです。
※1アカウントにつき、スターターファイル3は1つのみ入手できます。
ファイル構築で「ラヴァートヒーローズ」もお楽しみいただけます




※追加カード20枚はショップで購入できる構築済みファイル3には含まれません


攻撃力が高いユニットで対戦相手のカードをどんどん倒していこう!

自分が死んでも構わないから敵を倒していく事を目的とした防御を捨てたファイルです。
高い攻撃力と倒されても敵軍ユニットにダメージをあたえる事ができる「殺人兵器『ラ・ボォ』」を筆頭に、バトルタイム[夜]になると敵軍ユニットを一気に攻撃することができる「獣化病/スキュラ」など高い攻撃力で複数の敵を攻撃できるユニットが揃っています。
自分が死ぬことは気にせず攻撃を続けるファイルなので、一人一殺を心がけましょう。
また、攻撃力とスピードが上昇する代わりに体力の低下を引き起こす「戒めの短刀」、ライバルイクサーのユニットを倒せば倒すほど攻撃力が上がる「罪の刃」といったグリモアカードたちも攻撃的で対戦相手のユニットを着実に減らして行きます。
とにかく攻撃する事を忘れずに戦い続けるのがこのファイルの正しい使い方です。


序盤 序盤 「光の精霊」の効果などで、ローティアの影響力が3、ソウルパワーが3以上になったら、「月光の戦士」や「戦闘用魔法少女【隠密型】」を自軍にセットしていこう。「月光の戦士」と「戦闘用魔法少女【隠密型】」はこのファイルの中では耐久力が高いので序盤の戦いで活躍します。
中盤 中盤 「殺人兵器『ラ・ボォ』」やバトルタイム[夜]に爆発的に攻撃力が上がる「獣化病/スキュラ」を積極的に自軍フィールドにセットしよう。「殺人兵器『ラ・ボォ』」は徐々にHPが減っていくためすぐに倒されてしまうかもしれませんが、倒された時に敵軍ユニットにダメージを与えるスキルを持っているため、死んでも相手は有利に立てる訳ではないので強力なユニットです。
終盤 終盤 中盤にセットした「殺人兵器『ラ・ボォ』」や「獣化病/スキュラ」と序盤に配置している「月光の戦士」や「戦闘用魔法少女【隠密型】」の高い攻撃力によって、対戦相手はかなり厳しい戦いを強いられているはず。後は、敵軍の主力ユニットを「容赦なき暗殺者」のアクションスキルや「罪の刃」のグリモアカードを使って倒してしまえば、勝利は目前です。


ポイントカード
殺人兵器『ラ・ボォ』
LV3のユニットにしては非常に高い攻撃力を持っているユニットです。オートスキル「選ばない手段」によって自動的にHPが減ってしまいますが、敵軍ユニットにダメージを与えることができるクローズスキル「死して完了する」と横一列のユニットを攻撃できる「スラッシュ」のアクションスキルも持っているので、複数のユニットを一度に攻撃することもできます。毎回ユニットをクローズさせることを考えて行動しましょう。
獣化病/スキュラ
バトルタイム[夜]でないとユニットにダメージを与えることができませんが、[夜]になるとアクションスキル「症状3:統制無しの意思」で一度に3体まで敵軍ユニットを攻撃することができる上にHPが0になっても自動的に回復するため、相手にとっては止めることが難しいユニットです。
アクションスキルにはソウルパワーを消費するため、じゅうぶんにソウルパワーを確保しておきましょう。
罪の刃
対戦相手の[セメタリー]の枚数に応じてダメージの値が変動するグリモアカードです。[セメタリー]の枚数に比例して与えるダメージの値も上がっていくため、バトルの終盤ではとどめの一撃として使う事ができます。また、グリモアカードなので相手の行動を待たずに攻撃できる所もポイントです。
 

よりファイルを使いこなすポイント
■「戒めの短刀」は場合によっては敵軍ユニットにも使おう
「戒めの短刀」は攻撃力が上がるが代わりにHPが下がってしまう難しいカードです。残りHPの低いユニットに使うことが基本ですが、この効果を利用して、HPが高い敵軍ユニットを弱くする事にも利用できます。

■「容赦なき暗殺者」のアクションスキルは終盤に
「容赦なき暗殺者」は終盤から使っていくことで真価を発揮するユニットです。アクションスキル「キル」はソウルパワーを3も消費しますが、代わりに敵軍ユニット1体をクローズさせることができます。お互いユニットが残り少なく、ソウルパワーが余りやすい終盤に使用すれば対戦相手に「ダメ押し」をすることができるユニットです。


慣れてきたら自分が使いやすいようにファイルを変更してみよう!
変更例はこちら