こちらは「アルテイル」のスターターファイル3です。
「ラヴァートヒーローズ」とプレゼントされるカードの内容は同一です。
「ラヴァートヒーローズ」でのファイル構築はこちら
カードは全て初心者カードです。
※1アカウントにつき、スターターファイル3は1つのみ入手できます。
ファイル構築で「ラヴァートヒーローズ」もお楽しみいただけます





※追加カード20枚はショップで購入できる構築済みファイル3には含まれません


相手のユニットをファイルへ戻して、有利に対戦を進めよう!

正面からの殴り合いではなく、ソウルスキルやグリモアカードを駆使して戦略的に戦うことができるファイルです。
このファイルには「水の魔術師『ミスティア』」という、対戦相手のユニットカードを[ファイル]に戻すことができるスキルを持っているユニットが入っています。強力なユニットカードも[ファイル]に戻してしまえば怖くありません。なので、ユニットのパラメータでは今一歩力が及ばないこのファイルで戦うには重要なユニットになります。
耐久力が高い「海底の猟師蟹」や狙った相手を攻撃することができる「人魚族の弓兵」なども上手に使い、対戦相手の邪魔をしながら自分のペースで戦いを続けましょう。


序盤 まずは「光の精霊」をセットしてソウルパワーをため、「海底の猟師蟹」を出しましょう。「海底の猟師蟹」はDFが10あるため、他のユニットに比べてクローズしにくいユニットです。常に攻撃すればいいというわけではなく、時には「待機」してHPを回復することも重要です。
中盤 「海底の猟師蟹」で戦線を維持しつつ、「新米の魔法剣士」や「大鷲の剣士」、「人魚族の弓兵」を展開していきましょう。「大鷲の剣士」のアクションスキル「飛行攻撃」や「人魚族の弓兵」のアクションスキル「ピンポイント」は、対象を選択できるので効率的にダメージを与えることができます。脅威となる敵軍ユニットに対しては積極的にグリモア「返却」を使い[ファイル]に戻してしまいましょう。
終盤 自軍ユニットで対処できないユニットを配置されたときこそ、「水の魔術師『ミスティア』」の出番です。「水の精霊」のオープンスキルで敵軍ユニットのAGIを0以下にしてから、「水の魔術師『ミスティア』」のアクションスキル「浄化する水流」を使うことでほとんどのユニットをファイルへ戻すことができます。


ポイントカード
水の魔術師『ミスティア』
厄介なユニットが対戦相手のユニットに配置されたら、「水の精霊」のオープンスキルでAGIを0以下にし、アクションスキル「浄化する水流」を使うことで[ファイル]に戻しましょう。ただし、パラメータ自体はLV3のユニットにしては物足りないため注意しておきましょう。
新米の魔法剣士
自分の左右に配置したユニットの攻撃力を上げることができるスタートスキルを有効に活用しましょう。「新米の魔法剣士」もRNGが2のため、「海底の猟師蟹」などの後ろに置いても攻撃することが可能です。また、「大鷲の剣士」や「人魚族の弓兵」も後衛から攻撃できるユニットであるため、これらのユニットを両脇に並べるとスタートスキルで攻撃力を上げることができ非常に有効です。
水の精霊
このユニットはパラメーターの面では戦力にはなりませんが、オープンスキル「水の圧迫」によって敵軍ユニットのAGIを下げることで戦況を有利にすることが可能です。水の魔術師『ミスティア』と一緒に使うことだけにこだわらず、状況に応じて使いましょう。

よりファイルを使いこなすポイント
■「燕の偵察兵」のソウルスキルの使い方
「燕の偵察兵」のソウルスキルは一見、たいした効果には見えないかもしれません。しかし、[RNG=:0]という効果の対象になったユニットはほぼ無力化できるため、個々のユニットのパラメーターが弱いこのファイルでは非常に重要だ。「人魚族の弓兵」や「大鷲の剣士」のユニットのアクションスキルで、残りの主力ユニットを狙っていこう。

■『精霊』ユニットを上手く配置しよう

「光の精霊」や「風の精霊」、「水の精霊」といった「『精霊』ユニット」はフィールドに出てからは一見戦力にならなさそうですが、配置をよく考えることで、戦況が変わってくる場合があります。例えば、主力のユニットの前に「『精霊』ユニット」を配置することで、敵軍ユニットの攻撃から自軍の主力ユニットを守るといった、「おとり」としての使い方が可能です。

慣れてきたら自分が使いやすいようにファイルを変更してみよう!
変更例はこちら