こちらは「アルテイル」のスターターファイル2です。
「ラヴァートヒーローズ」とプレゼントされるカードの内容は同一です。
「ラヴァートヒーローズ」でのファイル構築はこちら
カードは全て初心者カードです。
※1アカウントにつき、スターターファイル2は1つのみ入手できます。
ファイル構築で「ラヴァートヒーローズ」もお楽しみいただけます




※追加カード20枚はショップで購入できる構築済みファイル2には含まれません


「風の魔術師『フェミール』」のアクションスキルと
グリモアカード「返却」で奇襲を狙おう!

各カードのコンボで対戦相手を攻略したい、玄人好みの人はこのファイルを選ぼう!
このファイルでは強力なグリモアカードや癖があるけど使いどころを選べば強いカードが入っています。
一つ一つのカードは頼りないですが、強力なグリモアカードやカードのコンボによって、一気に多くの敵軍ユニットを倒していくことが可能です。
カードゲームに慣れている、上級者向けのファイルです。相手のウラを書く戦略で勝利を掴もう。


序盤 まず「光の精霊」を配置し、ソウルパワーを溜めたら「海底の猟師蟹」を配置しよう。さらに「光の精霊」を交えつつ、「魔法王国の細身剣の剣士」や「人面鳥」を配置していき、自軍を固めていこう。
また「あわてんぼうの飛行魔法兵団」のソウルスキルの発動に備えて、「魔力付加の術士」を配置しておくのもいいぞ。
中盤 「あわてんぼうの飛行魔法兵団」のソウルスキル「暴走の飛行魔法」が発動した時がこのファイルの勝負どころ。対戦相手の主力ユニットをファイルに戻すようにしよう。ソウルスキルが発動する際、グリモアカード「返却」も使用し、さらに主力ユニットをファイルに戻せば、一気に敵軍ユニットを崩壊させられるぞ。 なお、「あわてんぼうの飛行魔法兵団」のソウルスキルによってRNGが下がってしまったユニットは「魔力付加の術士」のアクションスキル「魔力付与・変」を使えば、RNGを増やすことができるぞ。
終盤 レアカード「風の魔術師『フェミール』」をうまく使おう。もし対戦相手がユニットを数多く展開していればアクションスキル「風の暴走」で全体攻撃をかけていき、レベルの高いユニット1体を配置してきたらグリモアカード「大空の風」を使い、ファイルに戻してしまおう。いざという時に頼りになるので、使いどころが重要だ。


ポイントカード
風の魔術師『フェミール』
LV4にしてはパラメータが心もとないが、アクションスキル「風の暴走」およびグリモアカード「大空の風」とのコンボを使い分けることで真価を発揮する。「風の暴走」は敵軍ユニットにHP20以下のユニットが多数揃っている時に、「大空の風」は4レベル以上の敵軍ユニットが配置されている際に使っていこう。
海底の猟師蟹
パラメータが低いユニットが多いこのファイルの中で要となる前線ユニット。このユニットや「魔法王国の細身剣の剣士」でも敵軍ユニットをしのぎきれなくなりそうであればグリモアカード「返却」や「あわてんぼうの飛行魔法兵団」のソウルスキルでファイルに戻してしまい、対処しよう。
深海の悪魔
複数の敵軍ユニットを一度に攻撃できるアクションスキル「三槍撃」が強力。AGIが低いのが難点のため、アクションスキルを使う時はあらかじめ「風の精霊」でAGIを上げておくのがいいだろう。

よりファイルを使いこなすポイント
■「魔力付加の術士」を使ってみよう
このファイルに2枚入っている「魔力付与の術士」はATを20上げるアクションスキル「魔力付与・強」とATとRNGを上げてくれるアクションスキル「魔力付与・変」という二つのスキルを持っている。このスキルを使っていけば、敵軍ユニットにも渡り合っていくことが可能だ。また「あわてんぼうの飛行魔法兵団」のソウルスキルでRNGが下がってしまった自軍ユニットのRNGを上げることもできる。有効に使おう。

■「返却」の使い方
グリモアカード「返却」はソウルスキルとの組み合わせも強力だが、敵軍ユニットをクローズさせた後や「深海の悪魔」のアクションスキル「三槍撃」の後に使用しても強力だ。対戦相手のソウルパワーが少ない時に狙ってみると、ファイルに戻されたユニットを出すソウルパワーを対戦相手がなかなか出せなくなるので、積極的に使ってみよう。

慣れてきたら自分が使いやすいようにファイルを変更してみよう!
変更例はこちら