Twitchにおけるアーカイブの残し方・編集方法&ダイジェスト・クリップの使い方まとめ

Twitchにおけるアーカイブの残し方
以下の内容を解説しています!
  • Twitchのアーカイブ機能について
  • Twitchのアーカイブを編集する方法
  • TwitchのアーカイブをYouTubeにアップロードする方法
配信を残せます!

「Twitch」は配信サイトとしての知名度が高いサイトであり、配信のアーカイブを残しておけます。

配信のアーカイブはTwitch側の機能で再編集できるので、動画編集ソフトが無くても面白い部分だけを切り抜いて残せる機能があります。

この記事ではTwitchの配信初心者へ向けて、以下の内容を解説していきます。

Twitchの特徴、チャンネル開設方法は以下の記事で解説しているので、まだTwitchを使ったことがない方は以下の記事をチェックしてください。

関連記事 Twitch チャンネル開設・配信方法

目次

Twitchアーカイブの残し方・保存期間について

Twitchのアーカイブを残す方法

Twitchで配信する際、アーカイブを残しておくには設定が必要です。

チャンネルの設定から「ストリームキー&設定」の項目を確認し、「過去の配信を保存する」のチェックがオンになっているとアーカイブを残せます。

アーカイブの保存期間は一般ユーザーなら14日間パートナー、Turboユーザー、Primeユーザーは60日間となっています。

ただし配信開始前に設定しておかないと反映されないので、配信中に設定してもアーカイブ化されません。
デフォルトではチェックがオンになっていないので、配信を始める前に確認しておきましょう。

動画投稿機能「ダイジェスト」の使い方

Twitchのダイジェスト機能

Twitchには「ダイジェスト」という配信アーカイブを編集してアップロードできる機能があります。

配信の見どころだけをアップロードしたり、準備中の画面をカットできるので非常に便利です。

ダイジェスト機能の使い方は以下の通りです。黄色のバーで切り取り範囲を指定できるので、1回の配信で複数の動画を作成しておけます。

  1. 黄色いバーで再生する範囲を決める
  2. 左上の入力欄から動画タイトルを決める
  3. 「ダイジェスト」を公開するをクリック

配信アーカイブ以外にも動画を単体でアップロードする機能もあります。

ただしアップロード機能はアフィリエイトアカウント・Twitchパートナーでないと利用できないため、実質的に動画投稿サイトとしては利用できません。

シーン切り取り機能「クリップ」の使い方

Twitchのクリップ機能

Twitchには配信中・アーカイブを切り抜くクリップ機能があり、配信者・視聴者の両者が利用できます

配信中の画面右下、もしくはアーカイブの画面右下にある「クリップ」のボタンをクリックすると編集画面に移動します。

Twitchのクリップの作り方

クリップとして保存する範囲・クリップのタイトルを設定するだけで設定は完了です。

再生時間・広告などの細かい設定もできるので、少しだけ高度な編集も可能です。

ただしアーカイブと同様に「ストリームキー&設定」から「クリップを有効化」のチェックをオンにし、「フォロワーのみ」を任意の項目にしていないと利用できません。

視聴者がクリップを作成する条件も設定できるので、クリップを誰にでも作成されたくない方は利用しましょう。

再生リスト機能「コレクション」の使い方

Twitchのコレクション機能

Twitchにはアーカイブやダイジェストをまとめる「コレクション」という機能があるので、ゲームをジャンルごとにまとめておくと便利です。

使い方はチャンネルの設定から「コンテンツ」を選択し、「コレクション」から作成できます。

コレクションの設定方法

コレクションにはタイトル・説明欄を追記できるので、視聴者が分かりやすいように説明しましょう。

クリップは追加できないので、あくまでも自分で作成した動画を整理する機能となっています。

アーカイブをYouTubeに投稿する方法

TwitchアーカイブをYouTubeに投稿する方法

YouTubeにアーカイブをアップロードするには、「ビデオプロデューサー」に表示されている任意の動画から「」をクリックして「エクスポート」を選択してください。

するとYouTubeとTwitchの連携認証画面が表示されるので、アカウントを連携させましょう。

この項目からアーカイブをダウンロードできるので、動画編集ソフトで読み込むことで高度な編集も可能です。

連携に成功すると動画詳細の記入欄に移行するので、検索に引っかかりやすいような内容にして投稿しましょう。

Twitchのアーカイブ機能・クリップ機能の使い方まとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • アーカイブを編集して切り抜く機能がある
  • クリップ機能は視聴者も利用できる
  • Twitch側の機能でYouTubeにアーカイブをアップロードできる
配信をしていない間でもコンテンツを用意できます!

Twitchで配信をするなら、アーカイブ機能を最大限利用しましょう。

過去の見どころをまとめた動画があれば、初見のユーザーはどんな配信をしているか分かりやすい上にチャンネル登録への導線になります。

ただしアーカイブ機能には有効期限があるので、YouTubeにアーカイブをまとめておくのも1つの手です。

動画広告やスキップ機能などの面からもYouTubeのほうが優れているので、配信はTwitch・動画はYouTubeという風に使い分けると良いでしょう。

YouTube向けの動画編集方法・アップロード方法は以下の記事で解説しているので、使い分けを検討している方は使い方を確認してください。

関連記事 YouTube向け動画編集のやり方まとめ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじに戻る
目次
閉じる