Adobeサブスクリプションの解約方法・違約金の回避方法とは? お得なAdobeの解約方法まとめ

Adobeサブスクリプションの解約方法
記事の内容を3行で振り返り!
  • Adobeサブスクリプションの解約方法
  • 年間契約(月々払い)の違約金について
  • 年間契約(月々払い)の違約金を回避する方法
無料の解約方法があります!

「Adobe製品のサブスクリプション契約をしたけど結局使わなかったから解約したい」と考えている方に気をつけてもらいたい注意点があります。

それは「契約から14日間が過ぎると払い戻しは無く、解約のタイミングを逃すと損をする」という点です。

この記事ではAdobeサブスクリプションの解約方法について、Adobe解約による違約金の回避方法について解説していきます。

これから解約しようと考えている方向けに画像を掲載しているので、具体的な解約方法を知りたい方におすすめです。

解約のタイミングを逃すと数千円から数万円は余計に支払うことになるので、損をしないタイミングでの解約を狙いましょう。

以下の記事でクラック・違法ダウンロードによるAdobeアプリの危険性について解説しています。

「古いバージョンの無料体験版をクラックすれば使い続けられる」という情報を聞き、解約を検討している方は要チェックです。

関連記事 Adobe CCのクラックは違法? バレる可能性・警告を回避する方法・罰則の心配は?

目次

Adobeサブスクリプションの解約方法

STEP
Adobeアカウントにログインし、プランを確認する
Adobeの解約方法

まずはAdobeAccountにアクセスし、自分のIDでログインしましょう。

この画面から「プランの詳細を確認」を選択すると、解約の項目がある画面に移動できます。

サブスクリプションの契約内容を確認できるので、次の支払日になる前に解約を済ませましょう。

少し前に支払いしてしまった方には残念ですが、解約による払い戻しはありません。ただし契約から14日間以内であれば払い戻しが可能です。

STEP
プランの解約を選択する
Adobeの解約方法

プランを解約」を選択すると現在のサブスクリプションを解約できるので、クリックして次の画面へ進めましょう。

アドビの解約方法

次は解約に関する確認画面が表示されます。

解約時の違約金や利用できなくなるアプリケーションが表示されるので、問題が無ければ次へ進めましょう。

年間契約(月々払い)以外のプランはすでにサブスクリプション代を支払い済みなので、追加で請求されることはありません。

STEP
無料期間クーポンを使うか使わないかを決める
Adobeの無料クーポン

最後の確認画面では、登録しているサブスクリプションを2ヶ月間無料にしてくれるクーポンが表示されます。

この無料期間でもう一度アプリケーションを使ってみて考え直すこともできるので、このまま解約するか継続するかを決めましょう。

STEP
解約の完了

クーポンを受け取らずに進めると解約の最終確認画面に移動し、サブスクリプションの解約が完了します。

ただしこの方法では年間契約(月々払い)の解約に際して違約金が発生します

違約金の仕組みについては次の項目で詳しく解説していきます。

年間契約(月々払い)の解約には違約金がある

アドビの解約方法

Adobeサブスクリプションの年間契約(月々払い)は更新期間以外での解約に違約金が発生し、残りの期間で支払うべき金額の50%が請求されます

コンプリートプランの場合は数万円の違約金が請求されるケースもあるため、大きな出費となってしまいます。

ただし契約から14日間以内ならば違約金無しで解約できるので、使ってからすぐに解約したいと思った場合は急いで解約しましょう。

逆に14日間を過ぎると最大11ヶ月分が未払い対象になるため、かなりの高額が請求されます。

Adobe解約による違約金の回避方法・お得に解約する方法

違約金の項目で「契約から14日間以内ならば違約金無しで解約できる」と解説しましたが、この契約内容を使うと違約金を回避できます。

それは他プランに乗り換え、他プランの契約から14日間以内に解約するというテクニックです。

ただしあまり褒められた方法ではないことは確かなので、違約金回避による不都合が発生した場合には自己責任でお願いします。

Adobeサブスクリプションのプランを変更する

Adobeの違約金回避方法

契約内容の変更は解約と同様にAdobeAccountへアクセスし、プラン内容の確認をしましょう。

この画面から「プランを変更」を選択すると、別プランが表示されます。

Adobeの違約金回避方法

コンプリートプランや単体プラン、他には特定のカテゴリに属するアプリケーションがセットになったプランが表示されます。

最初から解約を目的に変更する場合は、どのプランに変更しても問題ありません。

Adobeの違約金回避方法

乗り換え時の規約にも「初回注文後 14 日以内の解約については、全額を払い戻しいたします。」と記載されており、別プランの乗り換えでも14日間以内の解約なら違約金が発生しません。

別プランの乗り換えが完了したなら、いよいよ解約です。

Adobeサブスクリプションを解約する

  1. プランの詳細を確認から「プランを解約」を選択
  2. 解約理由を選択する
  3. 解約時の違約金が無いことを確認する
  4. 解約の最終確認画面から解約する

解約の手順は上記でも解説した通り、AdobeAccountから行えます。

プランの変更から14日間以内に解約しないと違約金が発生するので、とくに理由が無ければすぐに解約してしまいましょう。

Adobeの違約金回避方法

プランの変更から解約をすれば上記の赤枠で囲われている部分が表示されなくなるので、違約金が発生しません。

ただしこのテクニックはAdobe側の仕様変更で使えなくなる可能性があるため、あくまでも自己責任でお願いします。

Adobeサブスクリプションの解約方法・違約金回避方法のまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 14日間以内に解約すると返金してもらえる
  • 年間プラン(月々払い)の解約は残りの期間で支払うべき金額の50%が請求される
  • 違約金を回避するにはプランを変更してから解約しよう
違約金回避は自己責任でお願いします!

Adobe年間プラン(月々払い)の解約には違約金がかかり、更新期間を逃すと大幅に損をしてしまいます。

プランを乗り換えた後に解約をすると違約金を回避できるため、この方法を使えば損することなくAdobeを解約できます。

裏技を使う、もしくは月間プランで契約しておくと解約の際に心配事はありません。

まだAdobeを使ったことがなく、解約に際して不安だった方も安心してサブスクリプションを契約し、高性能なアプリケーションでの作業を楽しみましょう。

解約をした上でもっと安い方法で契約をするなら「アドビ認定オンラインスクール」を利用すべきです。
45%OFFの金額でAdobe CCを契約できるため、今のプランを払い続けていると損をしているかもしれません。

下記のリンクでAdobeオンラインスクールについて深く掘り下げているので、まだAdobe製品を使い続けたいと考えている方は必見です。

関連記事 Adobeスクールで「Adobe CC」をお得に契約する方法まとめ

解約を踏みとどまった方・無料期間中にもう一度試してみようと思った方・これからAdobeを使う方は、以下のアプリ別の記事を参考にしてください。

関連記事 Premiere Proの使い方・購入方法・体験版利用方法まとめ

関連記事 After Effectsの使い方・購入方法・体験版利用方法まとめ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじに戻る
目次
閉じる