After Effectsの推奨スペック・おすすめPCまとめ グラボなしでも大丈夫?MacとWindowsどちらを選ぶべき?

After Effects スペック
以下の内容を解説しています!
  • After Effectsの推奨スペックと動作要件
  • Windows と Macどちらを選ぶべき?
  • After Effectsにおすすめのパソコンを紹介
動画編集特化型スペックです!

「After Effects」はAdobe製品のアプリでも特に重たく、推奨スペックを満たしていないと画面が固まる・処理が遅いなどストレスがたまる原因になります。

結論から言うとクリエイター向け or PCゲーム向けのグラフィックボードを搭載していないと快適に利用できません。

この記事ではAfter Effectsをマルチタスクでも問題なく利用できるPCの必要スペックについて解説し、おすすめのクリエイター向けPCも紹介していきます。

  • なるべく安い動画編集用PCなら→ raytrek MX
  • 動画クリエイターとして本格的に活動したいなら→DAIV A7
  • コスパに優れたクリエイター用PCなら→DAIV 5P
目次

After Effectsの推奨スペック・動作要件

After Effects公式ページから引用

Windowsの動作環境

項目最小動作環境推奨動作環境
CPUCore i7-880以上
Phenom II X4 以上
Core i7-880以上
Phenom II X4 以上
メモリ16 GB32 GB
ストレージ15 GB64 GB 以上
GPU2GB 以上4GB以上
解像度1920 x 10801920 x 1080 以上
After Effects公式ページから引用

Macの動作環境

項目最小動作環境推奨動作環境
CPUApple シリコン製8コア以上
メモリ16 GB32 GB
ストレージ15 GB以上64 GB 以上
GPU2GB 以上4GB以上
解像度1440 x 9001440 x 900 以上
After Effects公式ページから引用

上記がAdobe公式サイトに掲載されている、「After Effects用PCの最小・推奨動作環境」です。

スペックにグラフィックボードを要求していますが、最新世代のモデルであれば「GTX1650」のようなエントリーモデルでも十分です。

しかしこちらはAfter Effectsだけを使う場合(シングルタスク)を想定したスペックです。

実際にAfter Effectsを使う場合、他のAdobeソフトを複数起動したりブラウザのページをいくつも開くといったマルチタスクが頻繁に発生します。

そのためAfter Effectsで快適に作業をするならば、必ずAdobe推奨スペック以上のPCを選びましょう。

重いデータを扱うAfter Effectsでは、バックアップ用の外付けストレージを用意しておくのも良いでしょう。

バッファロー
¥10,586 (2022/11/22 11:49時点 | Amazon調べ)

クリエイター向けの真の推奨スペックはこちら

各パーツ推奨動作環境
CPUCore i7-11700K以上
Ryzen 7 5800X以上
メモリ32GB
ストレージSSD 512GB
GPUGTX 1650以上
RX 6400以上
解像度1920 x 1080以上

After Effectsの性能を最大限発揮するならCPUはCore i7-11700KもしくはRyzen 7 5800X以上、メモリは32GBあれば文句なしです。

さらにPCの動き自体を速くするためにも、ストレージはSSDを選びましょう。

このスペックなら、After Effectsを使いつつ他のAdobeソフトを動かしたり複数のブラウザを確認するなど「マルチタスクな使い方」でもサクサク動きます。

なるべく快適にAfter Effectsを使いたいのであれば、様々なアプリやブラウザを同時に利用できるハイスペックなPCを選ぶのがおすすめです!

メモリは最低16GB、理想は32GBを選ぼう

メモリの必要な量
  • メモリは作業机
  • 8GBでの動画編集はフリーズが頻繁に起こる
  • ソフトウェアを2つ以上起動するなら32GBがおすすめ

PCのメモリはソフトの読み込みや実行を管理するパーツであり、いわば「作業机」のような役割を果たしています。

そのためメモリが大きければ大きいほど、スムーズにソフトウェアなどを動かせます。

Adobe Support Communityより引用

After Effectsのような動画編集アプリはメモリを非常に消費するため、8GBのメモリではソフトウェアを立ち上げるだけでフリーズしてしまいます

After Effectsの動画編集には最低でも16GB、After Effects以外のソフトウェアを同時に起動する場合には、32GBのメモリを積んでおくことをおすすめします。

グラボなしPCは重すぎてまともに動かないため避けよう

  • エンコードに時間がかかる
  • レンダリングに時間がかかる
  • プレビュー画面がカクカクする

グラフィックボード(グラボ)のないPCを動画編集に使うと、エンコードにかかる時間が増えてしまいます。

レンダリングにも時間がかかるため、After Effectsのプレビュー画面がカクカクしてしまい、作業に悪影響が出ます。

快適で効率的に動画編集を進めたいのであれば、グラフィックボードなしのPCは避けましょう。

CPUはCore i7-11700K・Ryzen 7 5800X以上を選ぼう

CPUはCore i7-11700K・Ryzen 7 5800X以上がおすすめです

動画編集において、最終的に特定の拡張子で動画を書き出すエンコード処理があります。

CPU性能が低いPCを使った場合、途中でエンコードが止まってしまったり、再エンコードが必要になったりというリスクがあります。

エンコード処理はCPU性能によって書き出し時間が変わるため、なるべく高性能なCPUを選びましょう。

After Effects用のパソコンはWindowsとMacのどっちが良い?

結論:利便性に優れたWindowsがおすすめです

WindowsPCは拡張性の高さ、パーツ交換による長期運用が可能な点が大きな特徴です。

一方で、アプリを最適化したい・Apple製品と連携するケースが多い・いろいろなフォントを使いたい場合には、Macに軍配が上がります。

ただ、Windowsは同スペックのMacより安価で購入できるうえ、一般的にWIndowsPCを使うクライアントが多いです。

総合的に見て、利便性を重視するならWindowsのPCを選ぶと良いでしょう!

After Effectsにおすすめなパソコン・ノートパソコン一覧

現役After Effectsユーザーが厳選したパソコン・ノートパソコンをBTOパソコンショップの「ドスパラ」「マウスコンピューター」から紹介していきます。

BTOパソコンショップでは、ストレージ・メモリのカスタム注文ができるので、自分の用途に合わせたモデルが購入できることが利点です。

Adobe CCが推奨する「raytrek MX」

raytrek MX Adobe Creative Cloud推奨スペックモデル

raytrek MX Adobe CC推奨スペックモデル
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ Adobe入門に最適! /
144,980 円(税込)

このモデルのメリット・デメリットは?

  • Adobe CCの推奨スペックを満たしている
  • ハイエンドCPUで高速かつ安定した動作が可能
  • SSD標準搭載なのでPC動作も快適
  • 冷却用大型ファンで性能低下を防止
  • ハードディスクの追加ストレージがない

After Effectsを問題なく使いたい方には、AdobeCCが推奨するこちらのモデルがおすすめです。

CPUはCore i7が搭載されているので、After Effectsの起動や実行は問題なく行えます。

また、大型のファンが付属しているため冷却機能も十分に備わっています。

動画編集用PCを探しているけど、そこまで費用をかけたくないという方におすすめ!

>>公式サイトで『raytrek MX Adobe CC推奨スペックモデル』の詳細を見る

コスパ抜群で高いCPU性能を誇る「DAIV A7

DAIV A7

DAIV A7
  • CPU:AMD Ryzen 7 3700X
  • GPU:GeForce RTX 3060
  • メモリ:32GB(16GB×2)
  • ストレージ:512GB (NVMe)SSD・2TBHDD
\クリエイター入門に最適!/
224,800 円(税込)

このモデルのメリット・デメリットは?

  • ハイエンドCPUで高速かつ安定した動作が可能
  • 用途に合わせたグラフィクスを選べるなど豊富なカスタマイズに対応
  • 同スペック帯と比較してコストパフォーマンスが高い
  • マウスコンピューターの保証・サポートを受けられる
  • Intel Core iシリーズのCPUを搭載したPCと比較すると若干高値

After Effectsを快適に使いたい方には、こちらのモデルがおすすめです。

CPUはRyzen7、グラフィックボードはRadeon RX 5700を搭載しているので、容量の大きい4K動画でも快適に編集できるスペックです。

また、同様のスペックを持つ他PCなどと比べても安価に購入できるため、コストパフォーマンスも高いモデルといえます。

たくさんの動画を編集しているクリエイターや、大量のデータを請け負っている方におすすめ!

>>公式サイトで『DAIV A7』の詳細を見る

CPU性能と価格のバランスが良いノート「DAIV 5P

DAIV 5P-H

DAIV 5P-H
  • CPU: Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3050 Laptop
  • メモリ:32GB(16GB×2)
  • ストレージ:1TB (NVMe)SSD
\ ノートPCでも快適! /
208,780円(税込)

このモデルのメリット・デメリットは?

  • ハイエンドCPUで高速かつ安定した動作が可能
  • 大きな液晶で作業がしやすい
  • ノートPCのため持ち運びに適している
  • ストレージ容量が少ないのでデータ保存には適さない
  • バッテリーが最大9時間なので長期作業には向かない

外出先で動画編集を行う機会の多い方には、こちらのモデルがおすすめです。

CPUはCore i7、グラフィックボードはGeForce RTX 3050を搭載しているので、GoProなどの高解像度の動画も快適に編集できるノートPCです。

また、ノートPCですが16型モニターを搭載しているため広い液晶画面で動画編集を行うことができます。

動画編集用に高性能なノートPCを求めているクリエイターにおすすめ!

基本的にノートパソコンはデスクトップよりCPUやGPUの性能が劣ります。
そのため、After Effectsを快適に使いたいなら、なるべくデスクトップパソコンを選びましょう。

>>公式サイトで『DAIV 5P-H』の詳細を見る

After Effectsの推奨スペック・おすすめPCに関するよくある質問

Adobe推奨スペックに満たない低スペックPCでもAfter Effectsを使用できますか?

使用可能な場合もあります。ただし、基本的にはAdobe推奨スペック以下だと、起動に時間がかかったり、フリーズする可能性が高まるため、快適な動画編集はできないといえます。

After Effectsの使い方についてマニュアルなどはありますか?

Adobe公式ページで配布されています。

Premier ProとAfter Effectsに違いはありますか?

Premiere Proはすでに用意されている映像や画像、音楽をカットしたり、テロップを入れたりできるツールです。

一方で、After Effectsは動画に差し込むモーショングラフィクスや3D映像などを制作できるツールです。

After Effectsの推奨スペック・おすすめPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • After Effectsを快適に使用するにはグラボありPCが必要
  • 利便性重視ならWindows がおすすめ
  • 16GBまたは32GBメモリ搭載のPCを使おう
After Effectsを快適に使えるPCを選ぼう!

After Effectsを使用する場合、Adobe社が発表している推奨スペック以上のPCが必要です。

そのためマルチタスクを意識するなら「真の推奨スペック」をもとに必ずグラボを搭載したモデルを選ぶのが正しい買い方です。

また、利便性の高いAfter Effects用のPCを探している場合はMacPCよりもWindows PCを選ぶと良いでしょう。

動画編集時にはAfter Effects以外のツールを同時使用することもあるため、マルチタスクに耐えられるようメモリにも気を配りましょう。

  • なるべく安い動画編集用PCなら→ raytrek MX
  • 動画クリエイターとして本格的に活動したいなら→DAIV A7
  • コスパに優れたクリエイター用PCなら→DAIV 5P

また今回紹介したモデルのブランドの評判については以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事 raytrek 評判

関連記事 DAIV 評判

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじに戻る
目次
閉じる