『Apex Legends』おすすめなゲーミングマウスまとめ プロと同じデバイスでエイム練習をしよう!

Apex Legendsにおすすめなゲーミングマウス
以下の内容を解説しています!
  • Apex Legends向けゲーミングマウスの選び方
  • プロプレイヤーのおすすめゲーミングマウス
  • Apex Legendsのおすすめの感度やキー設定は?
自分に合った
マウスを選ぼう!

『Apex Legends』をプレイするのに最適なゲーミングマウスが知りたいという方へ向けて、おすすめのゲーミングマウスを紹介していきます。

ゲーミングマウス1つでエイム力に影響するので、非ゲーミングモデルを使っている方はゲーミングモデルならではの違いも確認しましょう。

この記事では以下の内容を解説しているので、気になるところから記事をチェックできます。

\おすすめモデルTOP3はこちら!/

\ プロ・配信者使用モデルから紹介!/

Apex Legendsの推奨スペック・おすすめゲーミングPCを知りたい方へ向けた記事も用意しているので、そちらも合わせてチェックしてみましょう。

関連記事 Apex おすすめゲーミングPC

目次

Apex Legends向けゲーミングマウスの選び方・チェックすべきポイント

Apex向けゲーミングマウスの選び方
  • サイドボタンの数・カスタマイズ性は要チェック
  • 重量によってマウスの特徴が変わってくる
  • 無線(ワイヤレス)モデルでも遅延はほぼ0に近い

『Apex Legends』は、キャラ専用のアビリティの存在、キャラコンの豊富さなどから考えて、マウスのサイドボタンの数やカスタマイズ性が問われます

例えばジャンプをゲーミングマウスのボタンに割り当てる事で、スライディング→連続ジャンプでシールドを回復しながら移動…などのような動きがやりやすくなります。

他のFPSゲームと比べて画面の動きが激しく、縦の動きも多いので、低センシの方が重いゲーミングマウスを使うと疲れてしまう場合があります

個人のプレイスタイルにもよりますが、上記の点などからプロシーンでは軽量級のモデルが人気となっています。

【プロ愛用】『Apex Legends』におすすめなゲーミングマウス一覧

  • 最低でも5000円以上、1万円近くが平均価格
  • 無線モデルの愛用者が多く、遅延は体感できるほどではない
  • 非ゲーミングモデルを使っているプレイヤーは1人もいない

敵の動きはキャラによって様々で、横に高速移動するオクタン、上に飛ぶホライゾンやヴァルキリーと、横に縦にマウスを激しく動かす事になり、かつ正確さを問われます。

コードが邪魔にならない無線ゲーミングマウスを使用するプロが多い理由の一つでしょう。

比較的、画面の中央で敵をとらえて当てれば即HPが無くなる『VALORANT』と比べると、『Apex Legends』は全方位にAIMする必要があります。

有線・無線、予算に合わせた価格、マウスの重量から自分に合ったゲーミングマウスを選びましょう。

Apex Legendsプロ使用率No1の無線ゲーミングマウスはこちら

Logicool G(ロジクール G)
¥12,255 (2022/01/04 11:14時点 | Amazon調べ)
  • 世界中のプロが多数使用する信頼性の高さ
  • 超低遅延の無線タイプでコードが邪魔にならない
  • 左右対称デザインで、右左問わず持ちやすい
重量80グラム
接続方式LIGHTSPEEDワイヤレス(無線)
ボタン数4~8個
DPI100~25,600dpi
バッテリー駆動時間48時間(ライティング無しで60時間)

『Apex Legends』を筆頭に、様々なタイトルのプロが多数使用する無線ゲーミングマウスです。

世界中のプロゲーマーが愛用している事における高い信頼性、たった80グラムの軽量設計、超低遅延の無線接続、非常に魅力的なFPS向けゲーミングマウスです。

Gpro ワイヤレスはエルゴノミクスデザイン(左右非対称デザイン)ではなく、左右対称デザインです。

その点、右利き、左利き、持ち方の癖など人を選ばずこれを買っておけば間違い無しです。

ロジクール公式より引用

Logicool公式ページには、「競合のほとんどの有線マウスをも上回るスピード」と紹介されているので、今までは有線ゲーミングマウスを使用していた方も、安心して使用することができます。

とにかく人気の高いゲーミングマウスや、無線の高性能マウスが欲しい方にはおすすめです。

ImperialHAL使用のゲーミングマウス「Logicool G PRO X SUPERLIGHT」

Logicool G(ロジクール G)
¥15,127 (2022/01/14 22:33時点 | Amazon調べ)
重量62グラム
接続方式LIGHTSPEED(無線)
ボタン数5個
DPI100~25,600dpi
バッテリー駆動時間最大70時間
  • 無線×軽量なら最強クラスの62グラム
  • 左右対称デザインで、どんな手にも馴染み易い
  • LIGHTSPEEDで超低遅延の無線接続

仮想通貨取引所のFTXと提携した事で話題の、アメリカの『TSM FTX』所属のImperialHALは、400dpi×ゲーム内感度2.0と、超ローセンシプレイヤーです。

動画を見ると、やはりローセンシの強みである遠距離~中距離での安定性が長けていて、反動の大きいフラットラインでも中距離以上の敵にガンガン当てているのが印象的です。

ImperialHAL公式YouTubeより引用

そんな彼が愛用するのは、無線×軽量設計なら最強レベルの62グラムを誇る『G PRO X SUPERLIGHT』です。

ローセンシのデメリットとして『マウスを動かす範囲が広い』があるので、ImperialHALレベルのローセンシになると、どうしてもコードを引っ張ってしまう場面が出てきそうです。

有線タイプのメリットである『軽量設計』を実現しないと腕が疲れてしまいますし、瞬時のAIMでマウスが重みになってしまいます。

『コードが邪魔になる、マウスの重みが負担になる』点から考察して、彼が超軽量の無線ゲーミングマウス、GPRO X SUPERLIGHTを愛用しているのには納得できます。

感度を下げて安定性を出し、遠距離~中距離で戦いたい方に適したゲーミングマウスと言えます。

Ras使用のゲーミングマウス「Logicool G703h HERO」

Logicool G(ロジクール G)
¥10,440 (2022/01/14 21:12時点 | Amazon調べ)
重量:95グラム
接続方式LIGHTSPEED(無線)
ボタン数6個
DPI100~25,600dpi
バッテリー駆動時間最大60時間
  • エルゴノミクスデザイン(左右非対称)採用で手に馴染み易い
  • オプションのウェイト(10グラム)で重さを変更出来るカスタマイズ性
  • 超低遅延の無線タイプでコードが邪魔にならない

日本で最も知名度が高いApexプロゲーマーとして、Rasの名が出ないことはありえません。

『Crazy Racoon』所属の化け物級プレイヤーで、業界の猛者が集うカスタムマッチや大会ですら無双する姿が印象的です。

そんな怪物AIMの彼が愛用する『Logicool G703h HERO』とは一体どんなゲーミングマウスなのか?

右手に馴染むエルゴノミクスデザイン、超低遅延『Logicool LIGHTSPEED』搭載でApex Legends特有の横に縦に激しいAIMを邪魔しません。

ロジクール公式サイトより引用

オプションのウェイト(10グラム)を装着すると総重量105グラムになるので、自分好みの程よい重さにカスタム出来ます。

Rasの感度は、1200dpi×ゲーム内感度1でミドルセンシ~ハイセンシの間に位置します。

他のプレイヤーが400dpi、800dpiが多数を占めるのに対して1200dpiなので、より精密な操作が求められる感度です。

自分のエイムに自信があったり、ある程度重たいゲーミングマウスが欲しい方にはこちらのゲーミングマウスがおすすめです。

Selly使用のゲーミングマウス「BenQ ZA11-B」

ベンキュージャパン
¥8,800 (2022/01/14 21:48時点 | Amazon調べ)
重量82グラム
接続方式有線
ボタン数6個
DPI400~3200dpi
バッテリー駆動時間無制限(有線)
  • 小ぶり&後部高めの設計で手のひらに馴染む
  • 愛用するプロが多いBenQの製品で、信頼性が高い
  • マウスコードの付け根が上向きで、コードが擦れない

『Crazy Racoon』所属のSellyは、ウィングマンを片手に敵を一掃する姿が特徴的です。

同チーム所属のRasと並んで、日本のApexプロの中でも圧倒的な影響力を誇っています。

彼はGpro Wirelessも使用しているのですが、今回は彼のローテーションマウスの一つである『BenQ ZA11-B』をご紹介します。

彼のマウスの持ち方を見ると、『かぶせ持ち』(手をマウス全体に被せるような持ち方)です。

それに対して、BenQ ZA11-Bは小ぶりで後部高め設計の、手のひらに馴染みやすいデザインなので、かぶせ持ちでプレイしている方におすすめです。

ベンキュージャパン
¥12,800 (2022/05/01 20:52時点 | Amazon調べ)

Ben Qのゲーミングマウスには小型で日本人にも使いやすいモデルがラインナップされているため、こちらもおすすめのモデルです。

こちらは重さ90gのモデルとなっており、「BenQ ZA11-B」ほど軽量ではありませんが持ちやすさ・握りやすさに定評があります。

Aceu使用のゲーミングマウス「Finalmouse Ultralight 2 – Cape Town」

FinalMouse
¥31,700 (2022/01/14 22:01時点 | Amazon調べ)
重量47グラム
接続方式有線
ボタン数4つ
DPI400~3200dpi
バッテリー駆動時間無制限(有線)
  • 驚異の超軽量設計で47グラム!
  • 肉抜きフレーム設計で、指に引っ掛かり易い
  • 他ゲーミングマウスも多数が搭載、PixArt社式光学センサーで信頼性が高い

アメリカのトッププロチーム、『NRG eSports』所属のAceuは、まるで別のゲームのようなキャラコンと精度の高いフリックAIMが特徴的です。

近接戦闘で異次元の動きで魅せる事が印象的な彼が使っているのは、『Finalmouse Ultralight 2 – Cape Town』です。

総重量47グラムと、とにかく軽いかつ肉抜きフレームデザインで指に引っ掛かり易く、まるで手の一部の様に馴染みそうです。

彼のマウス感度は800dpi×ゲーム内感度1.8とハイセンシで、『掴み持ち』(指先+手のひらに当てる持ち方)です。

Aceu公式YouTubeより引用

ガンガン距離を詰める近接戦闘が得意な印象の彼のプレイ画面は、右に後ろに上にと、画面酔いしそうなくらい動きが激しいです。

ハイセンシで視点移動の激しい中で精密なAIMを繰り出す彼は、Gpro Wirelessなども使用した後に、超軽量の肉抜きフレームデザインの Finalmouse Ultralight 2 – Cape Town にたどり着いたようです。

無線ゲーミングマウスの使用率が多いのも事実ですが、高性能な無線も使った結果として有線ゲーミングマウスを使用するプロも多数見られるという事は、一概に無線がベストとも言い切れません。

とにかく軽量級なゲーミングマウスが欲しい方にはこれ以上のモデルは無いので、とくにおすすめできます。

Apex Legendsにはゲーミングマウスパッドも必需品

Logicool G(ロジクール G)
¥2,200 (2022/01/04 11:57時点 | Amazon調べ)
  • AIMスペースが広く取れる
  • 均一な表面加工で一貫した滑りで、精密操作もし易い
  • AIMスタイルによって、様々な素材の製品を選べる

『Apex Legends』は、とにかく画面の動きが激しいゲームで、それだけ激しく『様々なスピードで、様々な距離まで』マウスを動かす必要があり、その中でも精密な操作が求められます。

市販のマウスパッドでは小さ過ぎる物が多くてAIMスペースが確保出来なかったり、滑りやすい、または止めにくい可能性が高いです。

プロゲーマーでゲーミングマウスに合わせてゲーミングマウスパッドを使っていないプレイヤーが見当たらない事からも、やはりゲーミングマウスパッドが必要不可欠です。

Amazonより引用

ゲーミングマウスパッドには、布のクロスタイプとポリプロピレンなどのプラスチックに近い素材のハードタイプがあるので、自身の好みに合わせて選びましょう。

自分の感度や机の大きさに合わせて、ゲーミングマウスパッドも選びましょう

\ プロ・配信者使用モデルから紹介!/

Apex Legends用ゲーミングマウスのおすすめ感度やキー設定は?

マウスDPI800dpi
ゲーム内感度1.0
eDPI1200

『Crazy Racoon』のRasのマウス設定を引用すると、上の箇条書き部分のようになっています。

彼の場合、eDPI(DPIとゲーム内感度を掛けた感度)は1200となっていて、平均的な感度です。

ですが、dpi(1インチで何ドット分ポインターが動くか)が1200と高めなので、使用者の多い400dpiなどとは比べ物にならないくらい精密操作が要求されます。

彼はジャンプを『マウスホイール後ろ』に設定しており、連続しゃがみスライディングで移動したい時などに活用しているようです。

マウスDPI、ゲーム内感度、マウスキーを自分仕様に設定しましょう。

Apex Legendsのおすすめ感度は?

Selly公式YouTubeより引用

ハイセンシで手をあまり動かさず細かい操作をするプレイヤー、ローセンシでマウスを振り回すプレイヤーなどスタイルは様々ですが、マウス感度に迷っている方には『800dpi×ゲーム内感度1.5辺り』がおすすめです。

SellyはマウスDPIが800dpi、ゲーム内感度が1.4なので平均的な感度です。

それ以上になると高めになり、細かい動きも拾いやすくなりますし、例えばImperialHalのように『400dpi×2.0』まで落とすと、800dpi×1.5のeDPI1200に対して400dpi×2.0でeDPI800になるので、非常に低くなります。

800dpiで安定しない場合は、400dpi×3.0にするとShroudと同じ感度で、低DPIのミドルセンシ辺り(eDPI1200)で、丁度良いかも知れません。

今解説したのはあくまでも基準の話で、そこから自分の感覚に合わせて最強設定を見つけましょう。

最終的にはプロを真似するよりも自分好みの形に設定するのがおすすめです

ゲーミングマウスのおすすめのキー設定は?

Logicool公式より引用

マウスボタンのキー設定に関しては、Rasがマウスホイールにジャンプや前進を設定していたように、キャラコンをし易いように設定する場合があります。

また、武器の割り当てをすると、マウスボタンで瞬時に武器を持てるようになり便利です。

『Apex Legends』の場合、アビリティやULTをマウスキーに設定する事で、複雑なキーボード操作を減らす事が出来ます。

キーボード設定がどのゲームのプロでも人それぞれ全く違うのと同じで、Apexの場合でもその人それぞれのやり易さを重視します。

キーボードで押しづらいボタンがあれば、思い切ってマウスキーに設定してみましょう。

アビリティを割り振りたい方向けの例

アビリティ1サイドボタン1
アビリティ2サイドボタン2
ホイールボタンピン
ホイールスクロールジャンプ

Apexプロ・配信者のキー設定を紹介した記事も用意しているので、そちらも参考にしてください!

関連記事 Apex Legendsの最適なキー設定&感度は?

\ プロ・配信者使用モデルから紹介!/

ゲーミングマウスでもパッドのエイムアシストに負けるって本当?

Apexはパッドのエイムアシストが強い

PCのマウスプレイヤーにとって、『パッドのエイムアシストに負けそう』という懸念点があります。

パッドの場合はエイムアシストが効くので、やはりマウスで正面から撃ちあうと不利になるのではないかと思ってしまいます。

ですが、開発者が今後Apexのエイムアシストを弱体化すると言及しているため、将来的にパッドのAIMアシストが弱くなるようです。

確かに現状ではエイムアシストの点でパッド勢にも利点があります。

しかしマウスには急で複雑な動きに対応しやすい、キーボードを使った方がキャラコンが圧倒的にやりやすいなどの利点があます。

将来的なことを考えると、やはりマウス&キーボードが全FPSゲームのスタンダードであるのは間違いないでしょう。

\ プロ・配信者使用モデルから紹介!/

『Apex Legends』におすすめなゲーミングマウスのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • プロゲーマーは独自のスタイルに合ったマウスを使っている
  • 重さやボタン数などは結局は好み
  • パッドのエイムアシストは将来的に弱体化
良いデバイスで
エイム練習です!

今回の記事では、プロゲーマーの愛用マウスに加えて『何故そのマウスを使っているのか』までを掘り下げて考察、解説しました。

無線は遅延も少なく人気ですが、無線を使った上で有線ゲーミングマウスを使用しているプロも多数居ます。

プロのスタイルを参考に、ゲーミングマウスを選び、それに見合ったゲーミングマウスパッドを用意して練習すると、何かが見えてくるかも知れません。

あなたのスタイルに合った環境を準備して、気持ちよくCHAMPIONを獲得しましょう。

\おすすめモデルTOP3はこちら!/

Apex Legendsの推奨スペック・おすすめゲーミングPCを知りたい方へ向けた記事も用意しているので、そちらも合わせてチェックしてみましょう。

関連記事 Apex おすすめゲーミングPC

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる