『原神』の推奨スペック&ゲーミングPCおすすめモデル【144fps対応はいつ?】

3行で記事の要点を紹介!
  • 原神の推奨スペックを紹介
  • ノートパソコンや低価格PCで遊べるのか?
  • 144fps対応はいつ?パソコンならではのメリットは?

原神はスマホ・PS4・PS5でも遊べるゲームですが、最も快適な環境で遊びたいならゲーミングPCを用意すべきです。

この記事では現在パソコンで原神を遊んでいない方やパソコンで遊んでいて重たいと感じる方へ向け、原神の推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

原神のPC版はいつ144fpsで遊べるのか、ノートパソコンで快適に遊べるのかどうかなど、パソコン初心者に役立つ情報も掲載しています。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

筆者の原神歴
筆者における原神のプレイ履歴

原神はブーム時に始め、冒険者ランクは2021年4月段階(モンド祭辺り)で55を達成しています。

メインアタッカーにタルタリヤ・甘雨を使っているので、パソコンならではのキーボード&マウス操作で快適です。

聖遺物掘りなどのロード時間はSSDと高性能CPUによって爆速なので、マルチのロード中は皆を待っています(笑)。

目次

原神の推奨スペック・必要動作環境

原神はパソコン・スマホ・PS4・PS5で遊べるだけあって、PC向けアクションゲームにしては比較的動作の軽いゲームです。

パソコン版なら描画設定も細かく設定できるので、グラボの性能が低くても画質さえ調整してあげれば60fpsで安定して遊べるようになっています。

将来実装の可能性がある144fpsは家庭版との差をさらに広げる要素となるので、真に高画質な原神を楽しみたいならPC版一択と言えるでしょう。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core-i5 4200以上
メモリ8GB
GPUGeForce GT 1030以上
原神公式サイトから引用

PC版原神の最低スペック・最低動作環境は上記の通りですが、このレベルのパソコンはもはや家電量販店でも売ってすらいません。

最低スペックではCPU性能が低すぎて確実にカクつくため、アテにならない数値となっています。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core-i7 4200以上
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1060 6GB以上
原神公式サイトから引用

原神はスマホベースでの開発なためか、PCアクションゲームとしては推奨スペックが低めに設定されています。

ただしCPUの「Intel Core-i7 4200以上」はあまりにも時代遅れなので、推奨スペックといえどもCPUはパワー不足だと断言できます。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core-i7 9700以上
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060

PCゲーマー視点で考えたPC版原神の最適環境は上記の通りです。

この程度のスペックがあれば画質を最高設定にしてもFHDの60fps張り付きが可能となっています。

記事を公開している時点ではPC版に144fpsは未実装ですが、144fpsを見越すとグラフィックボードにはこだわるべきです。

補足として、PC版の原神は全プラットフォーム中で画質・操作性・ロード時間の短さにおいて優れています。

ただしゲームデータをSSDにインストールしていないと意味がないので、どんな環境でもSSDは必須です。

SSDは別途用意する必要はある?

新品のゲーミングPCには必ずと言っていいほど搭載されています。容量は最低でも500GBのモデルを選びましょう。

ゲーミングモニターを用意する必要はある?

応答速度や解像度を考慮すると、必須ではなく「あれば良い」程度です。
ただし原神が144fpsに対応した場合、144Hzのゲーミングモニターが必要になります。

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

原神を60fpsで快適にプレイする方法

原神はPCアクションゲームとしては動作が軽い部類なので、低価格帯のゲーミングPCでも60fpsプレイは可能です。

しかしギリギリを狙うと将来のアップデートで推奨スペックが引き上げられたり、144fpsの実装についていけない可能性があるため、少し上のスペックを狙うと良いでしょう。

低価格のゲーミングPCが欲しい方に向けたロースペックゲーミングPCを紹介しているので、そちらを参考にしてください。

PC版でのゲーム実況の配信や動画編集を考えるなら低価格帯は向いていないので、ミドルスペックゲーミングPCがおすすめです。

ノートパソコンでも原神を快適に遊べる?

原神をノートパソコンで遊ぶならゲーミングPCが必要

一般的なノートパソコンで遊ぶのは推奨できませんが、ゲーミングノートPCなら可能です。

高いCPU性能とGPUを搭載しているモデルならノートパソコンでも原神を快適に遊べるので、ノートPCが良いと考えている方はゲーミングノートPC一択となります。

144fpsのアップデートを視野にいれるなら144Hz以上のゲーミングモニターが必要になりますが、ゲーミングノートPCには高リフレッシュレートのモデルもあるので安心です。

ノートパソコンで原神を遊びたい方に向けたゲーミングノートPCを紹介しているので、そちらを参考にしてください。

『原神』をゲーミングPCで遊ぶメリット・家庭版との比較

パソコン版の原神とPS4・PS5版の原神を比較
  • ゲーミングPCならPS5よりロード時間が短い
  • マウスキーボード操作で直感的かつショートカットが使える
  • スマホ版と連携ログインできるので外出先でも遊べる
  • 創生結晶(課金石)の単価がPS版に比べてほんの少しだけ安

原神を遊ぶなら、PS5以上のパフォーマンスを出せるゲーミングPCで遊びましょう。

マウスとキーボード操作の時点で家庭版勢以上のメリットはありますが、ロード時間や

ロードが爆速なのでマップ移動や秘境周回がスムーズ

高性能CPUとSSDがあればロード時間が爆速になるので、秘境周回やマップのワープがかなりスムーズになります。

PS4のHDDで遊んでいるプレイヤーとPC版でSSDで遊んでいるプレイヤーとでは、ロード時間は圧倒的な差があります。

実際ところPC勢の筆者が家庭版勢と遊ぶときは10秒ほど待っているので、敵が湧く場所にあらかじめ鍾離先生の柱を2本立てながら待っていたりします。

マウス&キーボード操作でメニューの操作や探索が超快適

  • エイムができるので弓キャラの操作が快適
  • 画面メニューの直接クリックが可能
  • ショートカットキーもあるのでメニューへのアクセスが早い
  • マウスでの視点操作で探索の見落としが減る

原神はメニュー画面などのUIがスマホ向けになっているため、コントローラーの操作がやや不便になっています。

マウスキーボードなら画面上のメニューを直接クリックしたり、キーボードのショートカットキーでメニューを起動できるので、UI面でのストレスがありません。

探索の面でもマウス操作なら視点操作がコントローラーと比較して圧倒的に有利なので、宝箱や特産品の見落としがグッと減ります。

今後はフレームレートが144fpsまで開放される可能性が高い

2021年10月に配信されたVer.2.2「霧の海と謎の秘境」にて、iOSスマホの120fpsが実装されました。

しかし記事公開段階ではPC・PS4・PS5版は最大60fpsのままとなっています。

スマホが先んじて実装されたということは、PC版の原神もfps値の上限が開放される可能性は大いにあります。

PS5も高fpsに対応していますが、さすがにゲーミングPCほどのスペックは無いので高画質144fpsを楽しむならパソコン一択です。

miHoYoがリリースする最新作『崩壊:スターレイル』も注目!

PC版原神を遊ぶなら崩壊:スターレイルも要チェック

原神と同じ制作会社のmiHoYoから、『崩壊3rd』と世界観を共有する『崩壊:スターレイル』がリリース予定です。

こちらは原神と違ってコマンドRPGとなっており、原神の運営を気に入っている方なら遊んでみても良いでしょう。

CPUIntel Core-i5 シリーズ
メモリ8GB以上
GPUGeForce GTX 970以上
miHoYo公式掲示板より引用

2021年10月にはクローズドβテストも行われ、体験版用の推奨スペックも公開されています。

グラフィックボードの搭載が必須項目なので、崩壊:スターレイルを遊ぶならゲーミングPCは必須のようです。

\最新情報はこちらから!/

原神おすすめゲーミングPC(低価格・高コスパ・ハイスペ・ノート)

原神を現役で遊んでいる筆者が厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

最安値のゲーミングPCでも原神なら60fpsの快適プレイ可能

Magnate MH i5-11400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-11400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:256GB NVMe SSD
\ 低価格モデル人気1位! /
99,980 円(税込)

ロースペックながらも原神を快適に遊ぶには十分なスペックを持っています。

ゲーミングPCの中でも最安値に近いほど低価格ですが、PCアクションゲームにしては動作の軽い原神ならばサクサク楽しめます。

FHD(1920×1080)かつ60fpsでプレイできるので、PC版の原神を最大限楽しめるほどのスペックです。

ただし将来的に実装される可能性がある144fpsで遊ぶには物足りないスペックなので、144fpsで遊びたいと考えている方は次に紹介するモデルをおすすめします。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

高コスパ&長持ちで144fps実装を見越したモデル

GALLERIA XA7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i7-11700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060モデルならこれ! /
199,980 円(税込)

ミドルスペック以上の性能があれば、144fpsに対応したあとも高画質で快適に遊べるようになります。

最高画質かつ60fps張り付きで遊べるので、少なくとも原神を遊ぶ上で困ることは無くなります。

この程度の性能があれば原神のゲーム実況配信や動画編集もでき、原神と同時に少し重たいソフトを立ち上げていても苦になりません。

原神が144fpsに対応した場合にはゲーミングモニターも必須なので、合わせて用意しておきましょう。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

4K高画質で原神の世界を楽しみたい方向けモデル

GALLERIA XA7C-R37 第11世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R37 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i7-11700
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3070モデルならこれ! /
249,980 円(税込)

ハイスペックモデルなら144fpsに対応したあとの原神を超快適に遊べる他、最新のゲームで困ることは無くなります。

ここまでスペックが高いと4K&最高画質&高fpsで原神の世界を楽しめるので、スペックや画質を妥協したくない方におすすめです。

CPU性能が非常に高いため、ガンオンやガンエボの配信・実況をしたいと考えている方にもおすすめです。

原神を4Kで遊びたいなら4Kかつ高リフレッシュレートの高級ゲーミングモニターも必須なので、合わせて用意しておきましょう。

ASUS
¥93,455 (2021/11/18 21:36時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R37』の詳細を見る

ノートパソコンでも144fpsを楽しみたい方はこちら

GALLERIA XA7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:144Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
\144Hzディスプレイ採用! /
169,980 円(税込)

ゲーミングノートPCが欲しいなら、グラボ性能とCPU性能にこだわったモデルがおすすめです。

リフレッシュレートは144Hzと非常に高いため、144fps対応後も見据えたモデルとなっています。

このゲーミングノートPCならDiscordなどのアプリを立ち上げたままのマルチプレイも快適な上、ゲーム実況配信もできるほどのCPU性能がある点から、持ち運びも含めて様々な用途に合わせた使い方ができます。

ディスプレイも15.6型と比較的ワイドになっているので、探索にて宝箱や特産品の見落としもありません。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、あくまでも安いパーツを選定でき、トラブル時のサポートが不要な方のみ当てはまります。

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります。

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

ゲーミングPCをBTOショップで買うならセールが狙い目

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

不定期の開催ではありますが、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

原神の推奨スペック&おすすめゲーミングPCのまとめ

原神推奨スペックの要点
  • ゲーミングノートPCならノートPCでも遊べる
  • 144fpsは記事公開段階では未対応
  • 最高画質は今のところ4K60fpsが上限
144fpsはまだ!

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる