「KAGOYA VPS」でマイクラのマルチサーバーを立てる方法まとめ|MODの導入まで紹介!

KAGOYA VPSでマイクラサーバーを建てる方法
以下の内容を解説しています!
  • マイクラが遊べるレンタルサーバーの種類
  • 『KAGOYA VPS』でマルチサーバーを立てる方法
  • サーバーへのMOD導入方法
おすすめサーバーを紹介します!

今回の記事では、「KAGOYA VPS」を使ったマイクラマルチサーバー導入方法、サーバーへのMOD導入方法を詳しく解説します。

普通ならコマンドの入力などがつきものですが、今回ご紹介するサーバーでは契約設定のみで手軽にサーバーレンタル、マイクラマルチサーバーを立てる事ができます。

見て真似るだけでサーバーを建てられるように画像つきで解説をしていくので、知識0でもマルチプレイを始める事ができます。

\ 低価格のレンタルサーバーなら! /

マインクラフトの推奨スペックを紹介した記事も用意しているので、動作が重たく感じる方は要チェックです。

関連記事 Minecraft おすすめゲーミングPC

目次

マイクラを大人数で遊ぶならレンタルサーバーが必要

マインクラフトのレンタルサーバー
  • 公式の有料サーバー
  • 非公式の無料レンタルサーバー(VPS)
  • 非公式の有料レンタルサーバー(VPS)
  • PCをサーバー化する(非推奨)

マイクラで利用できるサーバーには、上記の4種類があります。

初心者におすすめのサーバーは「公式の有料サーバー」または「非公式レンタルサーバー(VPS)」です。

「PCをサーバー化する」という方法もありますが、ポート開放など複雑な操作が必要ですので、パソコン初心者、マイクラ初心者の方にはおすすめできません。

「公式の有料サーバー」や「非公式レンタルサーバー」であれば、複雑な操作は必要なく、画面の表示に従って操作するだけで、マイクラのサーバーを立てられます

サービスの種類サービスの特徴
無料サーバー「Aternos」・無料で利用できる
・人数の上限が低い
・無操作時間が5分でキックされる
公式サーバー「Realms」・月額904円からレンタルできる
・最大11人で遊べる
・非公式MODは使えない
有料レンタルサーバー・価格によって人数の上限が変わる
・MODを導入できる
・サーバー設定でゲームルールを変えられる

具体的なサーバーの種類は上記3つになりますが、今回の記事では有料レンタルサーバーについて解説をしていきます。

VPSってなに?

1台のサーバーに、仮想サーバーを複数用意したものです。

VPSのレンタルサーバーというのは、マンションの1部屋を借りるようなものだと考えるとわかりやすいです。

レンタルサーバーとは?

無料または有料で借りたサーバーのことを言います。

種類によって自由度や性能が変わります。

\ 低価格のレンタルサーバーなら! /

「KAGOYA Cloud VPS」がマイクラ用サーバーとしておすすめな理由は?

KAGOYA Cloud VPS公式サイトトップページ
KAGOYA Cloud VPS公式サイトより引用
  • 1日単位で利用可能
  • コントロールパネルにログインしてすぐに遊べる
  • サーバーの設定方法を取扱説明書で確認可能
料金メモリ量
1GBプラン550円/月1GB
2GBプラン660円/月2GB
4GBプラン1,540円/月4GB
8GBプラン7,150円/月8GB

KAGOYA VPS」には、ゲームごとにサーバーの取扱説明書があるので、初心者でも説明書を見ながら迷わずに設定できます。

また、1日単位での利用もできるので、数日間だけマルチプレイをしたい場合も気軽に利用が可能です。

1GB~4GBのプランの月額は、「ConoHa VPS」「さくら VPS」によりも低価格に設定されています。

「少人数かつできるだけ低価格でサーバーを使いたい」という方におすすめのVPSです。

\ 低価格のレンタルサーバーなら! /

マインクラフトのレンタルサーバーおすすめ3選について解説した記事も用意しているので、合わせてチェックしてみましょう。

関連記事 マイクラ おすすめレンタルサーバー(VPS)

『KAGOYA VPS』を使ったマイクラサーバーの立て方を解説

ここからはKAGOYA VPS』を用いたマイクラマルチサーバーの立て方を詳しく解説します。

『サーバーを立てる』と聞くと難しそうな印象を抱く方が多いと思いますが、想像以上に手軽です。

初心者向けに解説するので、今すぐマルチサーバーを立てて、マイクラの醍醐味であるマルチプレイを楽しみましょう。

KAGOYA VPSのプランを選ぼう

STEP
KAGOYA VPSのサービスを選択
KAGOYA公式より引用

KAGOYA VPSの『VPSサービス』紹介ページに入ると、他のビジネス用プランなどが沢山あって判別し辛いです。

画像内の一番左、『KAGOYA CLOUD VPS』をクリックしましょう。

STEP
『お申込みはこちら』から申し込み画面に移動
KAGOYA公式より引用

画面右辺りに表示される『お申込みはこちら』ボタンをクリック、申し込み画面に移動します。

STEP
申し込み方法、支払い方法を選択
KAGOYA公式より引用

申し込み画面に進んだら、『申し込み方法、支払い方法』を選択します。

当解説内ではクレジットカード決済で進めているので、オンライン申し込みです。

もし口座振替で申し込む場合、郵送で送付された申し込み資料に記入、返送する流れになります。

出来る限りクレジットカード決済で進めましょう。

STEP
利用規約に同意、『次へ進む』をクリック
  • 利用規約
  • 個人情報の取扱いについて

上記2項目の同意にチェックを入れ、『次へ進む』をクリックします。

KAGOYA公式より引用
STEP
新規パスワード、個人情報などを登録する
KAGOYA公式より引用

パスワード、個人情報の記入欄が出てくるので、全ての必須項目に記入、一番下の『次へ進む』をクリックします。

  • 確認画面
  • カード情報入力
  • お申込み完了

残りはカード番号などを登録すると、確認メールが届きます。

STEP
指定アドレスに届いたメールを確認、『専用コントロールパネルにログイン』
KAGOYA公式より引用

登録したアドレス宛に、『ログインURL、アカウント名』が記入されたメールが届きます。

URLをクリックしてログイン完了、これでアカウントの登録ができました。

KAGOYA VPSでマルチサーバーを立てよう

STEP
『インスタンス作成』をクリック、サーバー設定へ入る
KAGOYA公式より引用

コントロールパネルを開いて右辺りにある『インスタンス作成』をクリック、いよいよサーバーレンタルの工程に入ります。

STEP
OSは『Ubuntu18.04LTS』を選択
KAGOYA公式より引用

サーバーのOSを選択します。

複数あるのですが、KAGOYA VPS解説サイト内でもUbuntuが選択されているので、ここはUbuntuを選択しておきましょう。

他OSで慣れている方は変更してもOKです。

STEP
【重要】アプリケーションセットアップで『Minecraft Server JavaEdition』を選択
KAGOYA公式より引用

OS欄でUbuntuを選択すると、アプリケーションセットアップ欄に『Minecraft Server JavaEdition』が出てくるので選択しましょう。

この工程を飛ばすと、後からコマンドを入力して自分でインストールしないといけないので、非常に面倒な作業が増えます。

それも、この機能を使えば全て解決します。

アプリケーションセットアップ仕様で、即マルチプレイ可能です。

STEP
スペック、料金を選択
KAGOYA公式より引用

VPSのスペックと料金を選択します。

遊ぶ人数に応じて選択しましょう。

遊べる人数CPU、メモリ、ストレージ選べるプラン&料金
1~4人2コア、2GB、10GB24円/日・660円/月プラン
5~12人4コア、4GB、30GB55円/日・1540円/月プラン
13人以上6コア、8GB、50GB118円/日・3,300円/月プラン

自身のPCでサーバーを立てる場合、PC代、電気代などがかかる事を考えると、必要な分だけを割安でレンタルできるKAGOYA VPSは、非常にお得です。

数人で遊ぶなら月660円プランで問題ありません。

STEP
ログイン時認証キーを追加
KAGOYA公式より引用

文字が見辛いと思いますが、画像右にある青いボタンを押す事で、認証キーの追加が可能です。

認証キーは、レンタルしたVPS(インスタンス)に外部からログインする際に必要になります。

追加と同時にダウンロードされるので、ダウンロードされた認証キーのテキストを保管しておきましょう。

ダウンロードされた認証キーファイルを消さないよう注意です。

STEP
コンソールログインパスワードを設定
KAGOYA公式より引用

アカウント登録時に適用したログインパスワードを入力します。

STEP
必要に応じてインスタンス名を指定
KAGOYA公式より引用

初期設定のままでも問題ありませんが、例えば複数サーバーをレンタルする場合は名前を指定しておいた方が見分け易いでしょう。

必要に応じてインスタンス名を指定しましょう。

インスタンス名はサーバー名のことです。

STEP
インスタンス作成(この時点でサーバーは立ちました)
KAGOYA公式より引用

最後に、プランなどを確認して『インスタンス作成』ボタンをクリックします。

この時点で本来なら必要になる下記3点の項目は、既にコマンドが入力された設定が適用されているようです。

サーバー立ち上げと同時に、IP入力でマルチサーバーに接続できます。

  • Minecraft Server導入
  • Minecraft Server起動
  • ポート開放
ログインパスワードが分からない。

登録時に届いたメールにも記載されていないので、もし忘れてしまった場合は、登録時に届いたメールのログインURLをクリック→『パスワードをお忘れの方』からパスワードを再発行しましょう。

どのプランを選べば良いの?

プランと料金の一覧を表でまとめているので、そちらから確認できます。

基本的に、遊ぶ人数に合わせて選びましょう。

\ 低価格のレンタルサーバーなら! /

マイクラマルチサーバーの立て方

STEP
レンタルしたサーバーの稼働を確認、IPアドレスを覚える
KAGOYA公式より引用

KAGOYA VPSコントロールパネルに戻り、作成したインスタンス(サーバー)が起動しているか確認します。

もし起動していない場合、PCの電源が入っていないのと同じなので起動しましょう。

インスタンス欄右辺りにあるIPアドレスを覚えるか、いつでも表示できるようにしておきましょう。

赤く塗りつぶしている部分にIP(数字)が表示されています。

STEP
Minecraft JavaEdition起動、マルチプレイをクリック

Minecraft JavasEditionを起動、マルチプレイを選択しましょう。

STEP
『サーバー追加』をクリック、IPアドレスを入力

マルチプレイ画面の『サーバー追加』をクリック、インスタンスのIPアドレスを入力します。

インスタンスのIPアドレスとは?

KAGOYA VPSでレンタルしたサーバーのIPアドレスです。

KAGOYA VPSコントロールパネルの赤く塗りつぶした部分に記載されている数字です。

KAGOYA公式より引用
STEP
サーバーの状態を確認、クリックでサーバーに入る

マルチプレイ画面に戻ると、追加したサーバーが選択できる状態になっています。

例の画像のように、サーバー名の右に緑のバーと人数が表示されていれば、基本的に入れます。

ダブルクリックでサーバーにログインしましょう。

VPSのIPアドレスを友達に共有すれば、いつでもマルチプレイを楽しめます。

IPアドレスは不用意に拡散しないよう注意しましょう。

\ 低価格のレンタルサーバーなら! /

『KAGOYA VPS』でMOD入りのマイクラサーバーを立てる方法

この項目では、MOD入りのサーバーを建てる方法を紹介していきます。

専用のツールも必要になるので、記事内で紹介している各所から適宜ダウンロードを行ってください。

サーバー主の設定方法

STEP
KAGOYA VPSでインスタンスを作成(初期化)
KAGOYA公式より引用

画面右の『インスタンス作成』から作成、既にVPSがある場合はインスタンスの名前をクリックすると設定画面が出るので、

  • サーバー停止
  • サーバー初期化

の順にボタンを押しましょう。

STEP
『Tera term、WinSCP』を用いてForgeserverやJava等を導入する

Tera termでVSP内へコードを用いて指示、WinSCPでVSP内のファイルを編集する事が出来ます。

これらのツールでVPSへ接続する場合、VPSのインスタンス開設で作った認証キーが必要になります。

Tera termWinSCPはこちらからダウンロードして下さい。

STEP
VPSのポートを開放する

Tera termでVPSに接続、コードを用いてポートを開放します。

ポートを開放することで、サーバーに外部から接続できるようになります。

STEP
サーバーを起動させる

Tera term上で実行ファイルを起動、ForgeServerを起動します。

  • java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.1.18.2.jar nogui
  • sh run.sh

上記のいずれかが実行のコードですが、公式に添付がある上の長いコードは、sh(Linux上での実行ファイル)を実行するコードではありません。

古いバージョンは上側のようなコードで、新しいバージョンの場合は下側のsh run.shがサーバー起動時のコードになります。

一回目の起動では落ちるので、WinSCPからMinecraftファイル内に生成されたファイルの内『eula.txt』を開き、eula=falseをeula=trueに変更して再起動しましょう。

サーバー参加者の設定方法

STEP
サーバーと同じバージョンのMinecraft Forgeを導入する
Forge公式より引用

MinecraftForge配布サイトに行き、任意のバージョンを選択後、Installerをクリックします。

Forge公式より引用

Installerが開いて5秒待つと、画面右上に『SKIP』ボタンが表示されるのでクリックします。

ForgeのInstallerがダウンロードされます。

ダウンロードしたForgeはどこにあるの?

Windows、Mac共に『ダウンロードフォルダ内』にあります。

STEP
ダウンロードしたForge Installerを起動する

デスクトップなどに新規フォルダ作成、その中にダウンロードしてきたForge Installerを入れます。

ダブルクリックで起動できる方もいますが、起動しない場合が多いです。

最新のJAVAがPCに入っている方は、下記の流れでForge Installerを起動、インストールしましょう。

Forge Installer起動の流れ

  • デスクトップ左下検索欄に『cmd』と入力、コマンドプロンプトを起動
  • 下で解説しているスクリプトを入力、Enterを押す
  • Forge Installerが起動

コマンドプロンプトに添付するスクリプト内容

解説画像・筆者デスクトップの場合

java -jar C:\Users\rmmrr\OneDrive\デスクトップ\MinecraftForge 1.18.2\forge-1.18.2-40.0.12-installer.jar

赤文字がファイルの場所をコピーしたもの、青文字がファイル名です。

以下コマンドプロンプトに打ち込むファイル位置、ファイル名コピペの例です。

javaと-jarとCの間にスペースがあるのを忘れず、青文字ファイル名手前の\は追記する必要があるのでご注意下さい。

STEP
コマンドプロンプトで起動しない、JAVAが入ってない方

https://jdk.java.net/archive/

上記リンクから最新のJAVAをインストールします。

・version16

・version17

最近のMinecraftアップデートで、Forge対応のJAVAが16に変わっているので、自身のPCに導入する際も対応バージョンのインストールをおすすめします。

JAVAのインストールはダウンロードしたファイルをダブルクリックするだけで完了できます。

JAVAをインストールできたら、Step2の工程でForgeをインストールしましょう。

STEP
Forge Installerで『Install client』を実行する

実行すると、.Minecraftフォルダ内にインストールされます。

STEP
Minecraft Luncherから、ForgeバージョンでMinecraftを起動

無事導入したForgeのバージョンで起動できたら、画面上に『警告 Forge ベータ版』と表示されるので、確認したらMinecraftを落とします。

この時点でForgeの導入は完了しています。

STEP
デスクトップの検索欄に『%appdata%』と記入して開き、.Minecraftを開く

デスクトップの検索欄に%appdata%と記入します。

すると同じ名前のファイルが出てくるので開き、そのファイル内にある『.Minecraft』を開きましょう。

すると、『mods』というファイルが生成されています。

無い場合もあるので、その時はmodsという空のファイルを新規作成しましょう。

MODを追加する方法

STEP
デスクトップ左下の検索欄に%appdata%と打ち込み開く

Minecraftファイルを開きたいので、%appdata%からアクセスします。

STEP
.Minecraft内のmodsフォルダを開く

.Minecraftを開いたら、modsというファイルが生成されています。

STEP
forgeに対応したバージョンのModをそのまま入れる

いよいよ、Modを導入します(クライアント側)

今回はOptifineというModの1.18.2を導入するので、ダウントードしたままmodsファイルに入れました。

STEP
Minecraftのforge起動構成から起動すると読み込まれる

Optifineを導入した事で、グラフィックなどの設定項目が増えています。

筆者は画質設定を上げたので美しく表示されていますし、逆にパフォーマンス優先の設定にする事も出来ます。

このようにMODを導入する事で、ますますMinecraftの楽しみ方が増えます

サーバーにMODを導入する際も、クライアント側と変わりはなく、生成されたmodsフォルダにMODファイルを入れます。

\ 低価格のレンタルサーバーなら! /

KAGOYA VPSでマイクラのサーバーを立てる方法のまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • KAGOYA VPSは日数で選べる格安プランが魅力
  • 非MODサーバーはすぐに建てられる
  • MODサーバーは専用ツールの導入が必要
好きな環境でマルチプレイを遊べます!

今回の記事では、『マイクラが遊べるレンタルサーバーの種類、KAGOYA VPSを使ったマイクラマルチサーバー導入方法、サーバーへのMOD導入方法』を解説しました。

Modを導入せずにマルチプレイを楽しむなら、KAGOYA VPSにも自動構築機能が実装されているので、非常にコスパ良く手軽に遊ぶ事ができます。

ForgeやModを導入すると難しい工程が増えますが、画像付きで解説したので流れに沿ってやってみて下さい。

\ 低価格のレンタルサーバーなら! /

マインクラフトの推奨スペックを紹介した記事も用意しているので、動作が重たく感じる方は要チェックです。

マインクラフト攻略記事まとめ

PC版『マインクラフト』の購入方法・値段は?
無料体験版のDL方法
PC版『マインクラフト』の購入方法・値段
マイクラの購入方法まとめ
ガレリア「ニグコラボPC」の評判・スペックまとめ
ニグコラボPCの評判まとめ
マインクラフトのおすすめMOD
おすすめMODまとめ
『Minecraft Forge』の入れ方・マイクラのMOD導入方法まとめ
マイクラの前提MOD導入方法
マインクラフトの無料サーバー比較
無料レンタルサーバー比較
マインクラフトのおすすめVPS
おすすめVPSレンタルサーバー
マインクラフト ノートパソコン
マイクラ おすすめノートPC

PC版マインクラフトの推奨スペック・おすすめゲーミングPCはこちら!

マインクラフトの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる