PC版『エルデンリング』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC|4Kで遊べる環境とグラボを紹介

エルデンリングの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • エルデンリングに必要なスペックを予想
  • PC版で遊ぶメリットとは?
  • 安いPCやノートPCで遊べる?
レイトレを
使うなら
PC版がおすすめ!

BTOパソコンショップの「ドスパラ」から推奨ゲーミングPCが公開されました!

ELDEN LING(エルデンリング)』は2022年2月25日に発売が予定されているフロム・ソフトウェアの新作アクションRPGです。

今作はいつものソウルシリーズと違い、オープンワールドRPG的な要素とマルチプレイ要素が色濃く描写されています。

この記事ではエルデンリングをPCで遊ぶメリットや、過去作を参考に予想したおすすめのスペックを紹介していきます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のバナーからジャンプできます。

エルデンリングを遊べる安いゲーミングPC
エルデンリングを遊べるミドルスペックPC
エルデンリングを4Kで遊べるゲーミングPC
エルデンリングにおすすめなノートパソコン

\スペック・用途別に紹介/

『エルデンリング』をPS4/PS5・PCのどちらで買うべきか迷っている方へ向けた記事も用意しているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 『エルデンリング』はPS4/PS5版とPC版どっちがおすすめ?

目次

PC版『エルデンリング』の推奨スペック・動作環境

同じフロム・ソフトウェアのタイトルである『SEKIRO』は、2019年に発売されたタイトルの中では比較的軽いゲームでした。

対して『ELDEN LING(エルデンリング)』はPS5、Xbox Series Xでもリリースされることから、必要スペックはこれまでよりも高くなっています。

レイトレーシングにも対応が予定されているため、PC版の映像美を最大限に楽しむのならばグラボにRTXシリーズを選ぶのもありでしょう。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUCore i5-8400
AMD FX-6300
メモリ12GB
GPUGeForce GTX 1060 3GB
Radeon RX 580 4GB
エルデンリング公式サイトから引用

エルデンリングは広大なフィールドを冒険するオープンワールドなので、VRAMが3GBのGTX1060ではパワー不足です。

これはPCゲームの共通点ですが、最低スペックや必須環境というのは「とりあえず動く」程度なので参考にはなりません。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i7-8700K
AMD Ryzen 5 3600X
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1070 8GB
Radeon RX Vega 56 8GB
エルデンリング公式サイトから引用

GTX10シリーズのミドルクラスを推奨スペックとしており、比較的推奨スペックは高いタイトルだと分かります。

現在販売されているグラボの中では「GTX1660Super」と同程度の性能なので、最安値のゲーミングPCでは遊べません。

RTX30シリーズならエントリーモデルのRTX3050でも同等以上なため、RTX30シリーズを選べば安心でしょう。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「RTX3050」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA RM5C-R35」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core i7-11700
メモリ16GB
GPUGeFoce RTX 3060

ソウルシリーズを遊んできた筆者が考えるPCゲーマー向けの必要スペックは上記の通りとなります。

RTXシリーズのグラボにのみ利用できるリアルタイムレイトレーシングにも対応予定なので、RTX30シリーズが狙い目です。

PS5版のネットワークテストでは1620pで55~60fpsで遊べたため、PS5を上回る上記の環境ならFHD・60fps張り付きで快適にプレイが可能ですfps値の情報元)。

つまりRTX30シリーズのグラボこそがエルデンリングを最高の環境で楽しめるグラボであるのは間違いありません。

関連記事 リアルタイムレイトレーシングとは?

ゲーマー向けスペックで選ぶならこちら!

ゲーマー向けスペックで選ぶなら、「RTX3060」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA RM5C-R36」が同等のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

中古のゲーミングPCでも遊べる?

やめておきましょう。

中古はどのように使われたか分かりません。

パーツの劣化による不具合も考えられる上、サポートも無いのでおすすめできません。

関連記事 ゲーミングPCを中古で買うべきではない理由

ゲーミングモニターはあったほうがいい?

今のところは必要ありません。

エルデンリングは60fpsで制限されているので、

高リフレッシュレートのゲーミングモニターは必須ではありません。

ただSEKIROのように上限解除MODが配布される可能性はあります。

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

PC版のエルデンリングには最新のグラボが必要

『ELDEN LING(エルデンリング)』を60fpsで遊ぶ場合、GTX1650のようなエントリークラスでは難しいでしょう。

映像の品質を落とせばフルHD・60fpsで遊べる可能性もありますが、それならPS5やXbox Series Xでも十分です。

ただPS5やXbox Series Xは入手性が悪いという問題がありますので、当サイトでは安価なゲーミングPCも紹介しています。

レイトレは使わないので、エルデンリングを遊べる安いゲーミングPCが欲しい方は参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでもエルデンリングを快適に遊べる?

PC版のエルデンリングにはゲーミングノートPCがおすすめ

『ELDEN LING(エルデンリング)』はメーカー製の一般的なノートパソコンではプレイ不可能です。

グラボなしのノートパソコンでは、仮に起動してもガクガクでゲームになりません。

一方でRTX3060などの最新世代のグラボを採用したゲーミングノートPCであれば、フルHD・60fpsは問題なく出せるでしょう。

当サイトでは、エルデンリングにおすすめな144hzのゲーミングノートPCも紹介していますので、仮にMODでフレームレート上限が解除されても対応できます。

\スペック・用途別に紹介/

Steam版『エルデンリング』のおすすめゲーミングPC

スクロールできます
モデル名GPU(グラボ)CPUストレージ
GALLERIA RM5C-R36RTX 3060Core i5-124001TB SSD
GALLERIA XA7C-R37RTX 3070Core i7-127001TB SSD
GALLERIA ZA9C-R39RTX 3090Core i9-12900K1TB SSD

BTOパソコンショップの「ドスパラ」から、エルデンリングの推奨ゲーミングPCが販売されています。

以下の用途に合わせたモデルが紹介されており、どれも実機でエルデンリングの動作を確認済みです。

  • 手軽にすぐ始めるなら
  • 快適環境でストレスなく探索するなら
  • 高画質、4Kで広大な世界に没頭するなら

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

なるべく安いゲーミングPCでエルデンリングを遊びたい方向け

GALLERIA RM5C-R36
エルデンリング推奨モデル

GALLERIA RM5C-R36 エルデンリング推奨モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ 安く遊ぶなら! /
169,980 円(税込)

PC版の『エルデンリング』を遊ぶなら、最低でもこの価格帯のゲーミングPCが必要です。

ゲーミングPC初心者でも手を出しやすい価格帯なので、予算を抑えたい方にぴったりのモデルとなります。

画質設定は中~高設定なら50fps以上の環境で遊べるため、安いゲーミングPCながらも満足できるパフォーマンスを発揮しています。

中画質設定で撮影した画像がこちら

PS5を超えるスペックがあり、画質設定やオーディオ機器を活かした音響などPC版ならではの要素も活用できます。

このモデルでもレイトレーシングに対応していますが、レイトレーシング中のfps値を安定させるなら次以降のモデルがおすすめです。

『エルデンリング』の推奨CPUは「Core i7-8700K」ですが、こちらのCPUは「Core i5-12500」を搭載しています。
最大周波数は「Core i7-8700K」が0.3GHz勝りますが、キャッシュは「Core i5-12500」が1.3倍ほど優位です。
4世代も差があるので「Core i5-12500」の方が1コア当たりのスペックは1.3倍高く、問題なく使用できます(情報元:cpu-monkeyによるベンチマーク比較)。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5C-R36 エルデンリング推奨モデル』の詳細を見る

レイトレーシングでエルデンリングの世界観を最大限楽しみたい方へ

GALLERIA XA7C-R37
エルデンリング推奨モデル

GALLERIA XA7C-R37 エルデンリング推奨モデル
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ 高コスパモデル! /
259,980 円(税込)

ミドルクラスの「RTX3070」を搭載したゲーミングPCなら、高画質でフルHD・60fpsで遊べるスペックがあります。

1つ前のモデルよりCPU・グラボがランクアップしているので安定性も高く、ミドルスペックなのでコスパの高い価格帯です。

高画質設定で撮影した画像がこちら

レイトレーシングを利用してもfps値を大きく損なうことが無いので、最新の技術で画質を追求したい方におすすめです。

「レイトレーシング」はアップデートで対応予定なので、発売直後の現在は未実装です。

Apex Legends』のようなFPSゲームでも高設定で144fpsを維持できるスペックがあるため、他ジャンルのゲームを遊ぶ際にも困りません。

ゲーム実況配信や動画編集のようなマルチタスクを前提とした重たい作業も快適になるので、PCゲームを使ったマルチな活動をしたい方にも最適です。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R37 エルデンリング推奨モデル』の詳細を見る

4Kや最高の環境でエルデンリングを遊びたい方向け

GALLERIA ZA9C-R39
エルデンリング推奨モデル

GALLERIA ZA9C-R39 エルデンリング推奨モデル
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ 4Kで遊ぶなら! /
499,980 円(税込)

ハイエンドの「RTX3090」を採用したゲーミングPCであり、現行のゲーミングPCとしては最強のスペックです。

4K解像度かつ最高画質でも60fpsの張り付きが狙えるほどのスペックなので、PCゲームにおいて困ることはありません。

SSDも最新かつ最高スペックのモデルを搭載しているため、エルデンリングのロード速度は爆速です。

少なく見積もっても5年間はハイスペックな環境を維持し続けられる上、5年以上経っても最新世代のミドルクラス以上のスペックをキープできます。

4Kで遊ぶなら4Kゲーミングモニターが別途必要になるので、そちらも用意しておきましょう。

ASUS
¥40,727 (2022/10/02 18:27時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R39 エルデンリング推奨モデル』の詳細を見る

ノートパソコンでエルデンリングを遊びたい方向け

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
209,980 円(税込)

このゲーミングノートPCは「RTX3060」を搭載しており、ディスプレイはフルHDになっています。

RTXシリーズのグラボなのでリアルタイムレイトレーシングを楽しめるため、ノートパソコンとしては破格の性能があります。

ディスプレイのリフレッシュレートは165hzなので、今後MODでフレームレートの上限が解放されても対応できます。

またフルHDでは解像度が物足りない場合でも、HDMI2.1端子があるので外部モニターに出力して遊ぶという方法もあります。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36H』の詳細を見る

PC版『エルデンリング』なら4K・60fpsの最高画質で楽しめる

  • 4Kの高解像度と60fpsで遊べる
  • パッチでレイトレーシングに対応
  • MODが導入できる
  • クロスプレイには未対応

『ELDEN LING(エルデンリング)』はPS5でも4K・60fpsでプレイは可能とされており、PC版と家庭版にはあまり違いはないように思えます。

PS5には、パフォーマンス優先モード解像度優先モードがありますが、PS5版のネットワークテストでは以下のような結果が出ています。

パフォーマンス優先モードの最大が60fps
解像度優先モード(疑似4K)の最大が44fps

(fps値の情報元:ElAnalistaDeBits

家庭機での60fps4Kの両立は不可能ですが、スペックの高いゲーミングPCなら4K60fpsも実現できます

また画質の面以外でも、PC版にはMODという家庭版にはない魅力もあります。

『エルデンリング』をPS4/PS5・PCのどちらで買うべきか迷っている方へ向けた記事も用意しているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 『エルデンリング』はPS4/PS5版とPC版どっちがおすすめ?

RTXシリーズGPUのリアルタイムレイトレーシングに対応している

エルデンリング参考画像
出典:エルデンリング公式

『ELDEN LING(エルデンリング)』はリアルタイムレイトレーシングに対応する予定があります。

レイトレーシングとは簡単に言えば、光の屈折や影に手を加えて、現実に近い臨場感を作り出す技術です。

関連記事 リアルタイムレイトレーシングとは?

リアルな映像美を提供してくれる反面、負荷が大きいためフレームレートが落ちるというデメリットがあります。

以前はRTXシリーズのみが対応していましたが、現在は下記のようになっています。

  • RTXシリーズはレイトレーシング専用コアがある
  • GTXシリーズでも使用できるが、コアがなく基本性能で劣る
  • RadeonはRX6000シリーズから対応
  • PS5、Xbox Series Xも使用は可能

光の反射をリアルタイムで計算するため、高い処理能力が必要になるので専用コアが搭載されているRTXシリーズが頭一つ抜けた性能です。

Radeonでもレイトレーシングは使えますが、着手の早かったGeForceの方が一歩先を行っています。

同様にPS5とXbox Series Xも、RadeonのGPUがベースになっているため、もっとも安定して使えるのはRTXシリーズを搭載したゲーミングPCでしょう。

クロスプレイには対応していないので注意

エルデンリングマルチプレイ参考画像
出典:エルデンリング公式
  • PS4とPS5はマルチプレイ可能
  • Xbox oneとXbox Series Xはマルチプレイ可能
  • PS4(PS5)とXbox one(Xbox Series X)は不可能
  • PC版は他機種とクロスプレイはできない

『ELDEN LING(エルデンリング)』にはホストが召喚したゲストと共に戦う共闘モード、ほかプレイヤーの世界に侵入する敵対・侵入モードのマルチプレイがあります。

ダークソウルにもあった要素ですが、公式の発表によるとハードをまたいでのクロスプレイはできません。

ダークソウルリマスターでも同じだったので、別ハードとのクロスプレイには期待しない方がいいでしょう。

MODを入れて遊べるようになる

エルデンリングは数々のMODがリリースされており、チート系のMODからUIを快適にするMODなどがあります。

上記の画像は内部のテクスチャを書き換え、XboxコントローラーからPS4/PS5コントローラーへUIを変更するMODです。

以下の記事でエルデンリングにおすすめなMODを紹介しているので、そちらを参考にしてください。

関連記事 PC版『エルデンリング』のおすすめMODと導入方法まとめ

\スペック・用途別に紹介/

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

エルデンリングの推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • レイトレーシングを活用できる
  • 4K・60fpsで遊べる可能性がある
  • MODが導入できる
高画質で遊ぶならPC版がおすすめ!

『ELDEN LING(エルデンリング)』はGTX1070を推奨スペックと紹介しているため、5年前に購入したゲーミングPCではスペック不足だという方も多いでしょう。

レイトレーシングにもパッチで対応予定なので、思い切ってRTX30シリーズのグラボ搭載モデルを選ぶというのも賢い選び方です。

クロスプレイに未対応なのは難点ですが、今後MODが作られる可能性も考えるとPC版が一番長く遊べるでしょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

エルデンリングを遊べる安いゲーミングPC
エルデンリングを遊べるミドルスペックPC
エルデンリングを4Kで遊べるゲーミングPC
エルデンリングにおすすめなノートパソコン

\スペック・用途別に紹介/

『エルデンリング』をPS4/PS5・PCのどちらで買うべきか迷っている方へ向けた記事も用意しているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 『エルデンリング』はPS4/PS5版とPC版どっちがおすすめ?

エルデンリング攻略記事まとめ

エルデンリングの形見(贈り物)一覧
形見の効果まとめ
エルデンリングの素性一覧
素性一覧まとめ
エルデンリングの操作方法
操作方法・設定まとめ
エルデンリングのPS5版とPC版の違い
PS5とPC版の違い
エルデンリングのマルチプレイまとめ
マルチプレイ方法まとめ
エルデンリングの画質設定方法まとめ
PC版画質設定まとめ
霊馬トレントの入手方法
馬の入手方法・乗り方
エルデンリングのツール鞄
アイテム制作の解禁方法
エルデンリングの霊体召喚方法
霊体の召喚解禁方法
ダークソウルとエルデンリングの違いとは?
ダークソウルとの違いは?
エルデンリングの初心者向けまとめ
初心者向け攻略ガイド

おすすめMOD&導入方法

PC版エルデンリングの推奨スペック・おすすめゲーミングPCはこちら!

エルデンリングの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる