PC版『エルデンリング』の最適画質設定まとめ|カクカクする場合の改善方法を紹介

エルデンリングの画質設定方法まとめ
以下の内容を解説しています!
  • グラボに合ったに最適な画質設定
  • NVIDIA側での動作設定方法
  • 動作がカクカクする場合の対処法
グラボ別に紹介していきます!

PC版『エルデンリング』は推奨スペックに「GTX1070」が要求されているので、比較的推奨スペックの高いゲームです。

最適な画質設定を行わないと、fps上限の75fpsでのプレイを楽しめなくなってしまいます。

この記事では以下のグレードにあった最適な画質設定を紹介していくので、自分の環境と合わせてチェックしていきましょう。

PC版『エルデンリング』の推奨スペックについて詳しく解説した記事を用意しているので、PC版を検討している方はチェックしてみましょう。

関連記事 PC版『エルデンリング』のおすすめゲーミングPC

目次

『エルデンリング』の最適画質設定(グラボ別)

エルデンリングの画質設定
  • 60fpsの張り付きを目指すべき
  • フルスクリーン起動のほうが負荷は小さい
  • NVIDIA側の設定も必須

PC版『エルデンリング』のfps上限は60fpsなので、60fpsが張り付きできる環境を狙いましょう

設定のトップ画面では「自働描画調整」の項目がありますが、どのスペックでもOFFを推奨します。
(高負荷のシーンで設定が急激に下がり、元通りになるとカクカクするケースが確認できました)

推奨スペック通りの環境では画質を落とす必要があり、最高設定で遊ぶならハイスペックなグラボが必要です。

fps上限はいまのところ解放する方法が無いため、上限解放MODなどがリリースされるまで待つことになります。

今回の記事では「被写界深度」「モーションブラー」はすべてOFFで紹介しています。
この2点は画質向上というよりもゲームの視認性向上に役立ちますが、好みによってはONにしてください。

現在、推奨スペックを大きく超えているにも関わらずカクカクするという報告が確認されています。
この記事で紹介している方法を実践しても改善できない場合、ゲーム側の最適化不良による不具合である可能性があります。

ロースペック環境のおすすめ設定

設定項目変更後の設定
テクスチャの品質
アンチエイジングの品質
SSAOOFF
被写界深度OFF
モーションブラーOFF
影の品質
ライティングの品質
エフェクトの品質
ボリューメトリックの品質
反射表現の品質
水面の品質
シェーダーの品質
グローバルイルミネーションの品質
草の品質

対象のグラフィックボード一覧

  • GTX1070シリーズ
  • GTX1660Super、GTX1660Ti
  • RTX2060シリーズ
  • RTX3050

推奨スペックと同等のグラフィックボードを使用している場合、全体的なグラフィック品質を下げましょう。

とくに影と光の反射関係のグラフィックは重たいため、低設定にして60fpsを目指すべきです。

テクスチャとシェーダーの設定を落とすとせっかくのグラフィックを楽しめないので、中のままでも問題ありません。

ミドルスペック環境のおすすめ設定

設定項目変更後の設定
テクスチャの品質
アンチエイジングの品質
SSAO
被写界深度OFF
モーションブラーOFF
影の品質
ライティングの品質
エフェクトの品質
ボリューメトリックの品質
反射表現の品質
水面の品質
シェーダーの品質
グローバルイルミネーションの品質
草の品質

ミドルスペックのグラフィックボードなら、ほとんどの設定を高設定にしたまま画質をキープできます

特に重たい影の設定と数個の大きな変更を及ぼさない設定を落としてあげるだけで55~60fpsでプレイ可能です。

少しfpsが落ちても良いという方はテクスチャ品質を最高にしてみると更に高密度なグラフィックを楽しめます。

対象のグラフィックボード一覧

  • GTX1080シリーズ
  • RTX2070シリーズ
  • RTX3060シリーズ

ハイスペック・ハイエンド環境のおすすめ設定

設定項目変更後の設定
テクスチャの品質最高
アンチエイジングの品質
SSAO
被写界深度OFF
モーションブラーOFF
影の品質
ライティングの品質最高
エフェクトの品質最高
ボリューメトリックの品質
反射表現の品質最高
水面の品質
シェーダーの品質
グローバルイルミネーションの品質
草の品質

ミドルスペックのグラフィックボードなら、ほとんどの設定を最高設定にしたまま画質をキープできます

WQHDや4Kで遊ばないかぎりはfps値が落ちることが無いため、初期設定のままでもかまいません。

対象のグラフィックボード一覧

  • RTX2080シリーズ
  • RTX3070シリーズ
  • RTX3080シリーズ
  • RTX3090シリーズ

NVIDIAコントロールパネルを使った画質設定

PC版『エルデンリング』は「垂直同期」をオフにしてしまうと、かなりの頻度でティアリングが発生してしまいます。

NVIDIAコントロールパネルから設定を見直し、垂直同期などの設定を行いましょう。

STEP
デスクトップで右クリックし、「NVIDIAコントロールパネル」を開く
STEP
エルデンリングの個別設定・もしくはグローバル設定から以下の項目を変更する
  • 低遅延モード:ウルトラ
  • 垂直同期:オン
  • 電源管理モード:パフォーマンス優先

『エルデンリング』の動作がカクカクする場合の対処法

画面にブレが見える場合は?

「垂直同期」がOFFになっている可能性が高いです。

NVIDIAコントロールパネルから設定を行いましょう。

60fps以上にならないのはなぜ?

PC版エルデンリングは60fpsが上限なので、最大60fpsとなるのは仕様です。

極端にfps値が低く見える場合は?

ドライバーの更新をしていない可能性があります。
また、モニターとグラフィックボードの接触が悪い可能性もあります。
もちろん推奨スペックに及ばない場合でもカクついて見えます。

ウィンドウモードにするとカクついて見える場合は?

基本的にフルスクリーン起動のほうが低負荷です。

ウィンドウモードで遊ぶ場合は画質を少しずつ落としていきましょう。

PC版『エルデンリング』グラボ別のおすすめ画質設定まとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • ロースペ、ミドルスペは設定を落とそう
  • ハイスペックは4Kでない限り最高設定でOK
  • NVIDIAコントロールパネルの設定も見直そう
60fpsの張り付きで遊びましょう!

PC版『エルデンリング』は60fpsが上限なので、どのグラボでも60fps張り付きを目指しましょう。

基本的には影の設定を優先的に落とし、次に反射やライティングなど光に関する設定を落とすと快適です。

PC版『エルデンリング』の推奨スペックについて詳しく解説した記事を用意しているので、PC版を検討している方はチェックしてみましょう。

関連記事 PC版『エルデンリング』のおすすめゲーミングPC

エルデンリング攻略記事まとめ

エルデンリングの形見(贈り物)一覧
形見の効果まとめ
エルデンリングの素性一覧
素性一覧まとめ
エルデンリングの操作方法
操作方法・設定まとめ
エルデンリングのPS5版とPC版の違い
PS5とPC版の違い
エルデンリングのマルチプレイまとめ
マルチプレイ方法まとめ
エルデンリングの画質設定方法まとめ
PC版画質設定まとめ
霊馬トレントの入手方法
馬の入手方法・乗り方
エルデンリングのツール鞄
アイテム制作の解禁方法
エルデンリングの霊体召喚方法
霊体の召喚解禁方法
ダークソウルとエルデンリングの違いとは?
ダークソウルとの違いは?
エルデンリングの初心者向けまとめ
初心者向け攻略ガイド

おすすめMOD&導入方法

PC版エルデンリングの推奨スペック・おすすめゲーミングPCはこちら!

エルデンリングの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる