【最安】ゲーミングPCの各ショップセール情報まとめ

『Apex Legends』おすすめゲーミングPC&推奨PCスペック 普通のパソコンで遊べない理由は?必要な予算は?

この記事では『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』をPC版でプレイしたい方に向け、推奨スペックやおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

Apexは最新グラボを搭載していないと144fpsで遊べないタイトルであり、グラボが最も重要なパーツになります。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

スクロールできます
モデル名価格帯スペック&パーツ構成モデルの特徴・おすすめポイント
PC初心者におすすめ!
NEXTGEAR
NEXTGEAR JG-A5G1D
約10万円CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
ゲーミングPCとして最安値
ミドルレンジクラス!

GALLERIA RM5C-R46
約16万円CPU:Core i5-13400F
GPU:GeForce RTX 4060 8GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
長持ち&高コスパでおすすめ
最高級のPCが欲しい方!

GALLERIA XA7C-R47
約29万円CPU:Core i7-13700F
GPU:GeForce RTX 4070 12GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
240fpsで遊びたい方向け
ノートでも144fps!

GALLERIA XL7C-R45
約16万円CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 4050 6GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
ノートパソコンで144fps

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

Apex LegendsおすすめゲーミングPC一覧

ApexおすすめゲーミングPCの選定理由
  • 信頼できるBTOパソコンショップから選定
  • どのモデルでも144Hzゲーミングモニターの環境を活かせる
  • PC版ならではの詳細な画質設定を活用できるスペック

今回紹介するモデルは上記の項目に当てはまるゲーミングPCを選定して紹介しています。

当サイトとマスターランクの監修者によって厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っており、家庭用ゲーム機以上の環境で遊べるモデルのみ選定しています。

最安値のゲーミングPCでも120fps「GTX1660Super搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G1D

NEXTGEAR JG-A5G1D
  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
  • メモリ:16GB(8GB×2)
  • ストレージ:512GB (NVMe)
\業界最安値モデル!/
99,800 円(税込)

このゲーミングPCのメリット・デメリット

  • ゲーミングPCの中では最安値クラス
  • 最安値ながら120fpsでApexを遊べるようになる
  • パソコン初心者におすすめ
  • 推奨スペックを満たせないタイトルが増えてきている
  • ケースが小さいので大きなサイズのグラボに換装できない

ゲーミングPCの中では最安値ながらもApex Legendsを遊ぶには十分なスペックを持っています。

画質を少し下げるだけで120fps付近でプレイが可能なので、高fps値の入門としておすすめです。

60fpsと120fpsでは倍の視認性があるので、今まで低スペックパソコンや家庭版で遊んでいたプレイヤーならfpsによる差は一目瞭然です。

予算を抑えた上で、キーマウ操作や高fps値などパソコンならではの遊び方を楽しみたい!という方におすすめです。

ベンキュージャパン
¥30,000 (2024/02/25 17:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

120fpsで遊ぶなら144Hzゲーミングモニターが必要なので、合わせて用意しましょう。

>>公式サイトで『NEXTGEAR JG-A5G1D』の詳細を見る

144fps張り付きを狙える高コスパモデル「RTX4060Ti搭載PC」

GALLERIA RM5C-R46T

GALLERIA RM5C-R46
  • CPU:Core i5-13400F
  • GPU:RTX 4060Ti 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\高コスパモデルの売れ筋!/
169,980 円(税込)

このゲーミングPCのメリット・デメリット

  • 画質を維持して144fpsで遊べる
  • 画質を少し落とせば240fpsも狙えるようになる
  • コスパに優れた価格帯
  • 3年は最新ゲームを高画質・高fpsで遊べる
  • ゲーミングデバイスを含めると20万円以上の予算が必要になる

ミドルスペック以上の性能があれば、144fpsかつ画質を維持してApex Legendsを遊べるようになります。

この程度の性能があれば3年は現役で最新ゲームを遊べるので、長持ちするゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

CPU性能も優れているため、ゲーム配信や動画編集にも向いているため、PCゲームを遊ぶ以外の楽しみも広がります。

ベンキュージャパン
¥74,545 (2024/02/24 22:44時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

画質を落とせば240fpsも遊べるようになるため、本格的にFPS・TPSゲームをやり込もうと考えている方におすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5C-R46T』の詳細を見る

妥協を許さない240fpsプレイ可能モデル「RTX4070Ti搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47T

GALLERIA UA9C-R49
  • CPU:Core i7-13700F
  • GPU:GeForce RTX 4070 Ti 12GB
  • メモリ:32GBメモリ
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ 最新グラボ搭載! /
347,160 円(税込)

このゲーミングPCのメリット・デメリット

  • 最高の画質を維持して240fpsで遊べる
  • 少しでもfps値と画質にこだわって勝ちに行きたい方向け
  • 最新のPCゲームを遊ぶ際にも画質を妥協したくない方におすすめ
  • ミドルクラスと比べるとコスパが少し悪い

ハイスペックのゲーミングPCなら、Apex Legendsを最高画質かつ240fpsで遊べるようになります。

少しでもfpsを上げてキルレートを上げたい・画質を追求したい方へ向けたゲーミングPCなので、価格は割高です。

その代わり、これほどのスペックがあれば常に最高の環境で戦えるので、どこにも妥協をしたくない方にはおすすめです。

ベンキュージャパン
¥74,545 (2024/02/24 22:44時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

240fpsで遊ぶなら240Hzのゲーミングモニターも別途必要になるので、出費が増える点は覚えておきましょう。

>>公式サイトで『XA7C-R47T』の詳細を見る

ノートパソコンでも144fpsを楽しめる「RTX4050搭載ノートPC」

GALLERIA XL7C-R45

GALLERIA XL7C-R45
  • CPU:Core i7-13700H
  • GPU:GeForce RTX4050 6GB
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:500GB (NVMe)SSD
  • ディスプレイ:15.6型 ノングレア/144Hz対応
\ノートPCでも144fps!/
172,980 円(税込)

このゲーミングPCのメリット・デメリット

  • 144Hzゲーミングディスプレイ採用
  • ノートパソコンながらマルチタスクでも快適
  • バランスの良いパーツでコスパに優れた価格帯
  • 144fpsが上限(240fps上限で遊べない)

リフレッシュレートは144Hzと非常に高いため、ノートパソコンながらApex Legendsを144fps以上で遊べます

このゲーミングノートPCならDiscordなどのアプリを立ち上げたままのマルチプレイも快適な上、ゲーム実況配信もできるほどのCPU性能がある点から、持ち運びも含めて様々な用途に合わせた使い方ができます。

最新ゲームもある程度遊べるスペックがあるため、Apex以外のタイトルも遊べるマシンパワーがあります。

ノートパソコンで持ち運びをする方にはうってつけのスペックであり、144fps環境の入門にもおすすめです。

>>公式サイトで『XL7C-R45』の詳細を見る

『Apex Legends』の推奨スペック・必要PCスペック

『Apex Legends』はバトロワ系FPSですが、2019年2月4日のリリースから既に4年が経過しているので現行の要求スペックとしては低めの部類に入ります。

家庭版と違ってPC版はパソコンのスペックによってフレームレート(fps値)の差が出るので、144fps以上で遊べる環境を用意すべきです。

まずは持っているパソコン・購入しようと思っていたパソコンで快適に遊べるかチェックしましょう。

\ 用途・価格別に紹介! /

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

NVIDIA公式サイトより引用

fpsは「Frames Per Second」の略であり、1秒に何回のフレーム(画面)を出力できるか?という意味です。

ゲームにおけるフレームレートとは「画面の滑らかさ」を意味しているため、fpsが高ければ高いほどゲームが快適になります。

パラパラ漫画で例えると1秒間にめくる漫画の枚数が多い状態が「fpsが高い」状態であり、漫画の枚数が少ない状態が「fpsが低い」状態です。

上記の画像のとおり、壁から敵が出てくるようなシーンでは明らかに高fpsが有利ということがわかります。

関連記事 フレームレート(fps値)とは?

必要スペック(最低動作する環境)

CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz
AMD FX-4350 4.2GHz
メモリ6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640
Radeon HD 7730
Apex Legendsから引用

『Apex Legends』公式が発表している必要スペックは上記の通りですが、現在ではとてもゲームを楽しめるスペックではありません。

家電量販店にすら売っていないようなスペックの低いパソコンなので、あくまでも「ギリギリApexが動く」程度の目安です。

特にApexのようなバトロワ系かつFPSのゲームなら高いスペックと高い描画環境を求められるので、妥協するラインはここではありません。

推奨スペック(60fpsで動作する環境)

CPUIntel i5 3570Tおよび同等品
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970
AMD Radeon R9 290
Apex Legendsから引用

『Apex Legends』公式が発表している必要スペックは上記の通りですが、はっきり言ってゲーマーには推奨できないスペックです。

具体的には60fps以下で動作するようなスペックとなっているため、撃ち合いの激しいFPSゲームで60fps以下はPCゲーマーにはありえないためです。

勝つためのスペックを満たしていない推奨スペックですが、次の項目で当サイトが考えた推奨スペックを紹介しています。

当サイト推奨スペック(144fpsで快適に遊べる環境)

Apexのおすすめスペック
CPUIntel Core i7-11700、i5-12400
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060、RTX4050

当サイト&マスターランクの監修者が考える「ゲーマー向けの推奨スペック」は上記の通りです。

『Apex Legends』はバトロワ系ゲームなのでグラフィックボードに求められる性能が比較的高く、最新世代のエントリーモデル・前世代のミドルモデル程度が必要になります。

上記のスペックがあれば144fps付近を安定して遊べるようになるので、とっさの撃ち合いで強くなれます。

\ 用途・価格別に紹介! /

『Apex Legends』でゲーミングノートPCを選んでも良い?

Apexをノートパソコンで遊ぶならゲーミングノートPCが必要

一般的なノートパソコンでは起動すら怪しいレベルですが、ゲーミングノートPCならプレイ可能です。

高いCPU性能とGPUを搭載しているモデルならノートパソコンでもApex Legendsを快適に遊べるので、ノートPCが良いと考えている方はゲーミングノートPC一択となります。

ただし144fpsで遊ぼうと考えている方は、必ずリフレッシュレートが120~144Hzのモデルを選びましょう。

以下の記事でApexが普通のノートパソコンでは遊べない理由を紹介しているので、なぜ遊べないのかを知りたい方はチェックしてみましょう。

関連記事 Apex 普通のノートパソコン

FPS初心者・Apex初心者ほど144fps~240fps環境にこだわろう

当記事の監修者によるキルクリップ集
  • 高fps環境は実力に関係なく構築できる
  • 良い環境で練習した方が上達が早い&モチベーションを維持できる
  • 高fpsだと目が疲れにくいので長時間のプレイを続けやすい

144fps~240fps環境は予算さえあれば誰でも到達ができるため、腕前に関係なく強くなれる要素と言えます。

低fps値の悪い環境でプレイしていても上達は遅いだけでなく、勝てる確率が下がってしまって楽しくプレイができません。

高fpsなら勝てる確率が少しでも上がるのはもちろん、練習を続けやすいというメリットがあります。

まずは高fps環境からスタートし、不満の無いプレイ環境を構築してみるのが最高のスタートの切り方です。

ApexおすすめゲーミングPCのおさらいはこちら!

\ 用途・価格別に紹介! /

Apex Legendsのグラボ別ベンチマークスコア紹介

Apex Legendsベンチマークスコア
GeForce RTX 4090
298fps
GeForce RTX 4080
282fps
GeForce RTX 4070Ti
258fps
GeForce RTX 4060Ti
202fps
GeForce RTX 3070
196fps
GeForce RTX 3060
151fps
GeForce GTX 1660 Super
122fps
画質設定最高設定
解像度1920 × 1080
CPUCore i7 12700K

『Apex Legends』はリリースから年月が経過しており、最新世代のグラボであれば最高設定でも200fps以上を出力できます。

実際にプレイする際には影の品質などを落として遊ぶため、よりfps値の上昇が見込めます。

「GeForce GTX 1660 Super」は将来性が低い&最新ゲームには向かないため、予算があるならRTX40シリーズを選ぶ方が長持ちするゲーミングPCになります。

\ 用途・価格別に紹介! /

Apexを遊べるゲーミングPCの一式セットにかかかる予算は?

必須デバイス予算
ゲーミングPC本体12~30万円
ゲーミングマウス5,000~2万円
ゲーミングキーボード5,000~3万円
ゲーミングヘッドセット8,000~4万円
ゲーミングモニター3万円~12万円

予算を抑えて144fps環境で遊ぶなら16万円程度の予算が必要になり、240fps環境で遊ぶなら25万円程度の予算が必要になります。

主にゲーミングPC本体、高Hzゲーミングモニターが必要な予算が高くなるデバイスです。

マウスコンピューター スターターセット
  • RTX 3060 & Ryzen 5 4500搭載ゲーミングPC
  • iiyama製 165Hzゲーミングモニター
  • ゲーミングマウスLogicool G304
  • ゲーミングキーボード Logicool G213r
  • ゲーミングヘッドセット Logicool G331
税込159,800円&送料分割手数料無料!

BTOパソコンショップ『マウスコンピューター』では割安なセットモデルを販売しています。

当サイトで紹介している最安値ゲーミングPCよりもスペックの高いモデルですが、それでもゲーミングデバイス込みで16万円以下の予算で購入できます。

選びたいデバイスにこだわりが無い・どのデバイスを選べば良いか分からない方におすすめです。

以下の記事でゲーミングPC一式にかかる予算を紹介しているので、そちらも合わせて参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC 一式

Apex向けゲーミングデバイス関連記事紹介

Apex LegendsをゲーミングPCで楽しむなら、ゲーミングデバイスにもこだわるべきです。

以下の記事でApexにおすすめなゲーミングデバイスを紹介しているので、デバイス選びの参考にしてください。

\ 用途・価格別に紹介! /

APEX用ゲーミングPC・スペックに関する質問まとめ

Apex Legendsはグラフィックボード無しでも遊べる?

不可能です。CPUの性能によっては起動できるかもしれませんが、ゲームにはなりません。

Apex Legendsを144fpsを遊べる最低限必要なグラボはどれ?

「GeForce GTX 1660 Ti」なら低設定で144fpsをプレイできるので、それ以上のモデルをおすすめします。

Apex Legends240fpsを遊べるグラボはどれ?

「RTX 3070」なら240fps付近でプレイ可能です。画質を追求するなら「RTX 3080」となります。

スペックを満たしていれば中古のゲーミングPCでも良い?

おすすめできません。見えないところで故障の危険性があり、修理をすると新品よりも高くつきます。
パソコンに精通している方ならともかく、ゲーミングPCを一度も手にしたことの無い方の選択肢には入りません。

関連記事 ゲーミングPCを中古で買うべきではない理由

『Apex Legends』用おすすめゲーミングPCのまとめ

Apex推奨スペックの要点
  • fpsの高さがキルレに直結する
  • 最新世代のグラボなら144fpsも安定
  • ゲーミングノートPCならノートPCでも遊べる
グラボ重視です!

パソコンで『Apex Legends』を遊ぶなら、絶対に高fps値の環境で遊ぶべきです。

クロスプレイが可能なApexならゲーミングPCで遊ぶだけでも家庭用勢にfps値で差をつけられるため、まずはゲーミングPCとデバイスからこだわるのも重要です。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

スクロールできます
モデル名価格帯スペック&パーツ構成モデルの特徴・おすすめポイント
PC初心者におすすめ!
NEXTGEAR
NEXTGEAR JG-A5G1D
約10万円CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
ゲーミングPCとして最安値
144fpsで遊ぶなら!

GALLERIA XA7C-R46T
約17万円CPU:Core i7-13700F
GPU:GeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
長持ち&高コスパでおすすめ
240fpsで遊ぶなら!

GALLERIA XA7C-R47T
約27万円CPU:Core i7-13700F
GPU:GeForce RTX 4070 Ti 12GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
240fpsで遊びたい方向け
ノートでも144fps!

GALLERIA XL7C-R45
約16万円CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 4050 6GB
メモリ:16GB DDR4 SDRAM
ノートパソコンで144fps

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
目次