『SEKIRO』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC|4KやMOD導入で遊べるスペックは?

SEKIROの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • SEKIROの推奨スペックについて
  • 低価格PC・ノートPCで遊べるか?
  • PS4・Xbox Oneとの違いは?
4Kで遊べるのはPC版だけ!

SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』は2019年3月22日にPS4、Xbox One、Windowsで世界同時発売されました。

もともとPS4でのリリースを前提にしているのであまり高い推奨スペックではありませんが、現在のPC版には家庭用ゲーム機にはない大きな魅力があります。

とくにフロム・ソフトウェア作品の映像美は4Kで味わう価値があるので、4Kを目指すのも良いでしょう。

以下の内容を解説しているので、家庭版との違いやMODについては要チェックです。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\用途・スペック別に紹介/

フロム・ソフトウェア最新作『エルデンリング』の推奨スペックを紹介した記事も用意しているので、こちらも参考にしてください。

関連記事 エルデンリング向けゲーミングPCおすすめまとめ

目次

PC版『SEKIRO』の推奨スペック・動作環境

『SEKIRO』は同年に発売された『モンスターハンターワールド:アイスボーン』などの重量級ゲームと比較すると、かなり軽いタイトルです。

多くのゲームはPC版になるとフレームレートが解放されて、設定上は100fps以上を出せるようになるのですが、SEKIROは全機種共通で60fpsまでになっています。

しかしMODを導入すれば『SEKIRO』のfps上限を144fpsまで引き上げられるので、高fpsで遊べるのはPCならではの特権です。

もちろん最高品質のフルHD・60fpsなら、さほど高い性能は求めらないのでミドルスペックでも十分快適に遊べます。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core i3-2100
AMD FX-6300
メモリ4GB RAM
GPUGeForce GTX 760
Radeon HD 7950
Steamから引用

公式から発表されている最低スペックですが、2013年に発売されたミドルレンジのGTX760を採用しています。

現在のグラフィックボードの性能を考えると、このレベルに合わせる必要はないので、PS4版を遊んだ方が快適でしょう。

ただ最低スペックとはいえ、メモリが4GBでいいのはSEKIROが軽いゲームである証拠ですね。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i5-2500K
AMD Ryzen 5 1400
メモリ8GB RAM
GPUGeForce GTX 970
Radeon RX 570
Steamから引用

GTX970は2014年に発売されたハイクラスのグラフィックボードですが、現在ではGTX1650とほぼ同等の性能です。

公式の推奨スペックでは、最高品質・フルHDでは60fpsで遊べないのでおすすめとは言えません。

これではPC版の魅力を活かしきれないため、家庭版のほうが快適と言えるでしょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core i5-10500
AMD Ryzen 5 3600以上
メモリ16GB RAM以上
GPUGeForce GTX1660Ti
Radeon 5600XT以上

こちらはPCゲーマーが厳選したPC版『SEKIRO』が最高品質・フルHD・60fpsに張り付く構成です。

SEKIROは一手が生死を分けるシビアなゲームなので、マシンパワーに足を引っ張られなくなればストレスも減ります。

ただ4K・60fpsには全く届かないので、高精細な映像を楽しみたい場合はもっと上の性能が必要です。

4Kに必要なスペックは公式から発表されているので、次の項目で解説します。

4K 推奨動作環境

CPUIntel Core i7-8700K
AMD Ryzen 2700X
メモリ16GB RAM
GPUNvidia GeForce GTX 1080Ti
AMD Radeon Vega 64
SEKIRO公式から引用

4Kの動作環境が公表されているゲームは珍しいです。公式もPC版では4Kで遊ぶことを推奨しているのでしょうか。

GTX1080Tiは2017年のハイエンドモデルですが、現在なら「RTX3070」あたりのスペックに該当します。

最高品質・4K・60fpsで安定してプレイしたい場合は、RTX3070以上を選びましょう。

ゲーミングモニターは必要?

公式の仕様のままで遊ぶなら必要ありません。

ただフレームレート制限を解除できるMODがあるので、導入を考えるなら必要になってきます。

中古のゲーミングPCでも遊べる?

やめておきましょう。

スペックを満たしていればゲームは遊べますが、パソコンのパーツは消耗品で、ゲームを遊べば劣化も早くなります。

知識がない場合は、中古には手を出さないほうが賢明です。

関連記事 ゲーミングPCを中古で買うべきではない理由

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

SEKIROを60fpsで遊べるスペックは?

SEKIROはPS4でのリリースを前提としたタイトルなので、GTX1650クラスでも十分遊べます。

ただ最高品質で60fpsに張りつくことはありませんので、グラフィックの品質は下げなければいけません。

当サイトではSEKIROを遊べる最安値のゲーミングPCも紹介していますので、画質よりもフレームレートを優先する方はこちらを参考にしてください。

ノートパソコンでもSEKIROを快適に遊べる?

SEKIROを遊ぶならゲーミングノートPCがおすすめ

メーカー製のノートパソコンでは、仮に動いたとしても動作はガクガクになります。PS4やXbox Oneで遊んだ方がいいでしょう。

「RTX3060」を搭載したゲーミングノートPCであれば、SEKIROならフルHD・60fpsで快適に遊べます。

当サイトではSEKIROにおすすめな144HzゲーミングノートPCを紹介していますので、MODを導入したフレームレート制限の解除にも対応できます。

\用途・スペック別に紹介/

『SEKIRO』を遊ぶためにPC版をおすすすめする理由・家庭版との違い

  • 4K・WQHDの高解像度を選べる
  • グラフィック関係の設定ができるのはPC版のみ
  • フレームレートが60fpsで安定
  • キーボードとマウスで遊べる
  • MOD導入でダークソウル風のマルチプレイも可能

SEKIROはPS4・Xbox One・Windowsの3機種で同時に発売されたので、とっつきやすさからPS4版で遊んだ方も多いでしょう。

実際、フレームレートが60で制限されている上、ロード速度も大きな差がないため、PC版にメリットはそれほどないように見えます。

ですが、PC版にはフルHD以上の解像度である4KやWQHD、フレームレートの安定性、グラフィック設定の変更など家庭用ゲーム機にはない魅力があります。

\用途・スペック別に紹介/

最大4Kの解像度でSEKIROの美しいグラフィックを堪能できる

SEKIROを4KやWQHDのような高解像度で遊べるのはPC版だけです。

4Kのくっきりとした滑らかな映像もさることながら、4Kよりグラボに負担がかからないWQHDを選べるのもPC版ならではです。

RTX3060のようなミドルクラスのグラフィックボードはWQHDをターゲットにしているので、高フレームレートと共存しやすく、バランスの良い解像度になっています。

家庭版は30~60fpsの可変フレームレートになってしまう

家庭用ゲーム機は可変フレームレートですが、GTX1660Ti以上のグラボを搭載したゲーミングPCであれば60fpsに張り付きます。

SEKIROはダークソウルの流れをくむだけに、死んで覚えるゲームなので、シビアな操作が要求されます。

ミドルクラスのゲーミングPCであれば、マシンパワーに足を引っ張られることはありません。

グラフィック設定でモーションブラーをオフにできる

PCとPS4・Xbox Oneの大きな違いは、オプションからグラフィック設定を変えられることです。

グラフィックの品質設定はもちろんですが、モーションブラーをオフにもできます。

モーションブラーとは臨場感を出すために挿入された、残像やブレの表現のことですが、いらないと思った方もいるでしょう。

60fpsで安定すると使うかどうかは好みの問題になってきますが、オンオフの設定ができるのはPC版だけです。

\用途・スペック別に紹介/

PC版のSEKIROならMODを入れて遊ぶこともできる

フレームレートの向上と安定がPC版のメリットですが、PS4版はPS5で遊ぶことでフレームレートが改善されます。

元々ロードも早いゲームですが、PS5は更に時間短縮されており、コントローラーの仕様とグラフィック設定がないくらいで大きな欠点はありません。

では、PC版SEKIROの家庭版にはない魅力とはなんなのか?というと、非公式のMODを導入できることです。

SEKIRO ONLINEで共闘や対人プレイができる

LukeYui氏が開発したのが、SEKIROにダークソウル風のマルチプレイ要素を組み込むMOD「SEKIRO ONLINE」です。

  • 最大6人のプレイヤーで遊べる
  • Co-opモードで共闘できる
  • PvPモードで対戦が可能

SEKIROは難易度の高いゲームですが、SEKIRO ONLINEを導入することで仲間と一緒にボスと戦えるようになります。

基本的には一人で戦いを挑むゲームなので、強敵を二人がかりで叩き潰してしまえるのは、家庭版ではできない遊び方ですね。

また他のプレイヤーと対戦もできるようになるので、自分の腕前を試したい人にもおすすめのMODです。

MODで60fps上限を撤廃できるのはPC版のみ

出典:NexusMods

SEKIROはPC版でもフレームレートは60に制限されていますが、その上限を解除できるMODが「Sekiro Fps Unlock And More」です。

フレームレートの制限はスペックが低くても動くメリットもありますが、ゲーミングPCで遊ぶからには高フレームレートを狙いたくなりますよね。

スペック次第ですがWQHDならば高フレームレートとの両立も可能でしょう。

ただ垂直同期をオフにするため、画面がずれたような画像が映る「ティアリング」という現象が起きる可能性もあるので注意が必要です。

このMODを使用する時はグラフィックボードの設定に手を加えるので、Radeonよりも情報が手に入りやすいGeFoceをおすすめします。

主人公のビジュアルを変更して遊べる

出典:NexusMods

SEKIROは装備で見た目を変えられないので、ビジュアルに飽きがくることもあるでしょう。

しかし、MODを導入すると主人公「狼」の装備の見た目を変更もできます。

それどころか、画像のように他のゲームのキャラにも変えられてしまうんです。

もちろん主人公以外も変更可能になっています。

もはやなんのゲームか分からなくなってしまいそうですが、一風変わった遊び方ができるのもPC版ならではですね。

このように発売から時間が経ったことで数々のMODが配布されているのが、PC版SEKIROの最大の魅力です。

非公式ながらもゲーム性を強化するSEKIRO ONLINEのような正統派もあれば、グラフィック変更MODの中には悪ふざけとしか言えないものもあります。

フルHDならばPS5でも快適に遊べますが、家庭用ゲーム機では決して真似できない面白さです

\用途・スペック別に紹介/

SEKIROのおすすめゲーミングPC

数十種類のタイトルを調査した当サイトが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

RTX3060以上であれば推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 【初心者向け】ゲーミングPCの選び方は?

ロースペックでもPC版ならではの要素を楽しめる

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
109,980 円(税込)

現在のグラフィックボードの中ではロークラスの「GTX1650」を搭載したゲーミングPCです。

最高品質・フルHDでは60fpsがギリギリ出ない性能ですが、品質設定を「高」や「中」に落とせば快適に遊べるでしょう。

ただどうせPC版で遊ぶのなら、GTX1660Ti以上の性能は欲しいところです。

WQHD以上の解像度を60fpsで遊びたい方や、MODでフレームレート制限を外すつもりの方は以下のモデルをおすすめします。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

ミドルスペックならWQHDの解像度や最高画質FHDが楽しめる

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
239,980 円(税込)

最高品質・フルHDで60fpsを余裕で叩き出すのはもちろん、WQHDでも快適に遊べるモデルです。

4K最高画質では60fpsに届きませんが、画質を少し落とせば4Kも狙える程度のスペックはあります。

MODを入れた遊び方でもfps値と解像度を両立できるので、MODを入れて遊びたいという方にもおすすめです。

もちろんWQHDの解像度に対応したゲーミングPCが必要になるので、別途用意しておきましょう。

日本エイサー
¥29,682 (2022/01/17 21:33時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

4K最高画質で遊ぶならハイスペックゲーミングPCがおすすめ

GALLERIA ZA9C-R37 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
329,980 円(税込)

ハイクラスのゲーミングPCなら、最高画質でも4K・60fpsに到達できます。

4Kで遊ばない場合は、公式の仕様のままだと性能がもったいないので、MODの『Sekiro Fps Unlock And More』を導入してフレームレートの上限を解除しましょう。

今後発売予定のタイトルでも数年間は遊べるだけの性能があるので、長持ちするゲーミングPCが欲しい方にもおすすめします。

144hzのゲーミングモニターは必要になりますが、本来想定されていない遊び方ができるのがPC版の魅力です。

4Kかつ144Hzのゲーミングモニターもあるので、最高の環境で遊びたい方はそちらをおすすめします。

ASUS
¥84,964 (2022/05/16 20:34時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R37』の詳細を見る

ノートパソコンでSEKIROを遊びたい方向け

GALLERIA XL7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:144Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約5.0 時間
\144Hzディスプレイ採用! /
159,980 円(税込)

最新世代のグラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCなら、SEKIROを問題なく遊べます。

このモデルならフルHDで60fpsを余裕で出力できるほどの性能があるので、ノートパソコンながらPS5以上の体験ができます。

ディスプレイのリフレッシュレートは144hzとなっていますので、フレームレート制限を解除すれば高フレームレートで滑らかな動きを堪能できますよ。

HDMI2.1端子があるので、大画面モニターにゲーム画面を出力することも可能です。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

SEKIROの推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 4K・WQHDの高解像度で表示できる
  • フレームレートが安定する
  • MOD導入で遊びの幅が大きく広がる
MODを入れれば、
マルチプレイで
遊べます!

『SEKIRO』は比較的軽いゲームで、PS5を持っていれば不満もほとんど解決されるでしょう。

しかし、MOD導入によるフレームレートの撤廃、ダークソウル風のマルチプレイ、見た目の変更などはPC版でしか楽しめない要素です。

一度家庭版でクリアした方でも、違う面白さを発見できますよ。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\用途・スペック別に紹介/

フロム・ソフトウェア最新作『エルデンリング』の推奨スペックを紹介した記事も用意しているので、こちらも参考にしてください。

関連記事 エルデンリング向けゲーミングPCおすすめまとめ

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる