『モンスターハンター:ワールド』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC|MOD導入後&アイスボーンの推奨スペックも紹介

モンスターハンターワールドの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • モンハンワールドの推奨スペックについて
  • ノートPCや安いゲーミングPCでも遊べる?
  • PS4版との大きな違い、PC版ならではの要素
ロード時間が
爆速です!

PC版『モンスターハンター:RISE』の情報は以下の記からチェックできます

関連記事 モンハンライズの推奨スペック・おすすめゲーミングPC

『モンスターハンター:ワールド』は2018年1月26日にPS4で発売されたゲームですが、家庭版のロード時間の長さやフレームレートについて不満を持った方もいるでしょう。

一方でPCのSteamでもMHWは発売されているので、ゲーミングPCでモンスターハンターワールドを遊べるようになっています。

この記事ではモンスターハンターワールドのPS4版とPC版の違いを解説し、快適に遊べるスペックを持ったゲーミングPCを紹介していきます。

以下の内容を説明しているので、MHWの推奨スペックから選ぶべきゲーミングPCについて知ることができます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCを見たい方は以下のリンクからジャンプできます。

\用途・スペック別に解説/

目次

PC版モンハンワールドの推奨スペック・動作環境

モンスターハンターワールドのPC版が発売されたのは2018年8月ですが、重量級のゲームです。

当時のハイクラスグラボ「GTX1070」以上の性能がないと、最高品質のグラフィックではフルHD・60fpsを出せませんでした。

Steam版の大きな魅力である高画質、高フレームレートを両立できないくらい、高いスペックが要求されたのです。

現在ではグラボの性能も上がったので、ミドルクラスでも60fpsが出るようにはなりましたが、重たいゲームに変わりはありません。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel corei5 4460
AMD FX 6300
メモリ8GB
GPUGeForce GTX760
Radeon R7 260x
Steamから引用

上記が最低限のスペックになりますが、公式の発表によるとグラフィックは低設定、フルHD・30fpsが基準になっています。

GTX760は2013年に発売された古いモデルなので、この条件ならばPS4版でプレイした方が快適です。

PCゲームにおいて最低スペックは、とりあえず起動する程度の動作環境なので参考にはなりません。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i7 3770
AMD Ryzen5 1500X
メモリ8GB
GPUGeForce GTX1060
Radeon RX 570
Steamから引用

推奨スペックの基準はグラフィックが高設定で、フルHD・30fpsになっています。

最低スペックより性能は上がっていますが、PS4proとあまり変わらない動作環境です。

ロード時間はともかく、Steam版の魅力である、高画質、高フレームレートを実現できる性能はありません。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i5 10500以上
メモリ16GB RAM以上
GPUGeForce RTX3060以上

PCゲーマーが厳選したグラフィック最高設定、フルHD・60fpsが出せるスペックはこちらです。

モンスターハンターワールドはDLSSというfps値を向上させるNVIDIA製グラボの機能に対応しているため、Radeonシリーズは除外しました。

あまり高fps値の恩恵はないタイトルですが、グラフィックの品質を落とせば100fps以上のフレームレートも出せる性能です。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「RTX3060」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA XA7C R36」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

Radeonじゃダメなの?

積極的に選ぶ理由はありません。

性能はRadeonも十分良いのですが、GeFoceにはフレームレートを向上させるDLSSがあるからです。

中古のゲーミングPCで大丈夫?

おすすめはしません。

中古でもスペックさえ満たしていれば遊べますが、パーツは確実に消耗しています。

サポートがないので、不具合が発生した時は自分で対処しなければいけません。

関連記事 ゲーミングPCを中古で買うべきではない理由

ゲーミングモニターは必要?

100以上の高フレームレートで遊ぶなら必須です。

モンハンワールドはグラボに大きな負荷がかかるゲームですので、

100以上のフレームレートを狙うならば解像度や画質と引き換えになります。

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

モンスターハンターワールドを60fpsでプレイするなら最新グラボが必要

グラフィックの品質を下げれば「GTX1650」でもフルHD・60fpsでプレイできます。

PS4版ではPS4proを使っても60fpsで安定はしませんし、画質よりもフレームレートを優先すれば遊べるでしょう。

ただGTXシリーズではDLSSも使えないので、Steam版の魅力を最大限に活かすのは無理です。

なるべく安くモンハンワールドを遊べるゲーミングPCも紹介していますので、こちらも参考にしてください。

ノートパソコンでもモンハンワールドを快適に遊べる?

モンスターハンターワールドを遊ぶならゲーミングノートPCがおすすめ

デスクトップパソコンと比較するとノートパソコンは熱の処理が難しいため、重量級のゲームを遊ぶのにはあまり向いていません。

とくにモンスターハンターワールドは動作が重たいタイトルであり、要求スペックは高めです。

メーカー製のノートパソコンで遊ぶのは不可能ですが、RTXシリーズを搭載したゲーミングノートPCならば60fpsを維持できます。

当サイトではモンハンワールドを高画質で遊べるゲーミングノートPCを紹介していますので、ノートパソコンで遊びたい方は参考にしてください。

\用途・スペック別に解説/

モンスターハンター:ワールドをPCで遊ぶメリットとPS4版との違い

  • 高画質化のテクスチャパックが無料でダウンロードできる
  • PS4版よりもロード時間が爆速
  • DLSS対応により、高解像度と高フレームレートが両立できる
  • 非公式だがMODを使える
  • キーボード&マウスの操作にも対応

Steam版モンスターハンターワールドが、PS4版より優位な点は解像度とフレームレート、ロード時間の短縮です。

またPS4版はオンラインマルチプレイにPS Plusへの加入が必要でしたのが、PC版では無料でマルチプレイが遊べるのも強みですね。

デメリットがあるとすれば、クロスプレイには対応していないのでPS4版のプレイヤーと一緒に遊べないところです。

総合的に考えるとPS4版の純粋なアップグレード版と考えていいでしょう。

高画質化のテクスチャパックが配信されている

High Resolution Texture Pack参考画像
出典:Steam

Steam版では、より高画質化するためのDLC「High Resolution Texture Pack」が無料で配信されています。

ただグラフィックボードに8GB以上のメモリが必要になり、要求スペックは更に上がるのが難点です。

推奨スペック

CPUIntel Core i7 3770 or Intel Core i3 8350 or AMD Ryzen5 1500X
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GTX1080Ti or AMD Radeon Ⅶ
Steamから引用

ミドルクラスのグラボでは厳しいですが、「RTX3070」であればをGTX1080Tiを上回る性能があるので適用できます。

フレームレートよりも、高画質化して迫力を楽しみたいプレイヤーにおすすめなDLCですね。

ロード時間がPS4版よりも格段に早い

モンスターハンターワールドはシームレスに対応したためか、PS4版ではロード時間が非常に長い作品でした。

PS4proにSSDを換装すればだいぶ早くはなりましたが、HDDではクエストに出発してからマップ到着まで1分はかかっていました。

しかしSteam版ではゲーム自体が最適化され、ロードそのものが高速になっています。

加えてゲーミングPCはSSDを標準搭載していますので、無駄な待ち時間が大幅に減りました。

DLSSに対応しているので4k・60fpsも可能

モンスターハンターワールドにはRadeonをおすすめしていません。

何故なら、GeForce RTXシリーズには「DLSS」というフレームレートを向上させる機能があるからです。

関連記事 DLSSとは?利用できるグラボは?

要するに、WQHDや4Kで60fpsを出しやすくなると思ってください。

全てのゲームで使えるわけではありませんが、モンスターハンターワールドはDLSSに対応しているため、Radeonを選ぶ理由が薄いのです。

RTX3070以上のグラボを搭載しているゲーミングPCでDLSSを使用すれば、4K・60fpsで遊べます。

ただHigh Resolution Texture Packと併用すると、グラフィックメモリが足りなくなる可能性があるので注意してください。

MODを使って遊べる

非公式ですが、有志が作った「MOD」という追加データがあります。

導入に少し手間はかかりますが、グラフィックの変更、敵の姿を変えてしまうなどPS4版ではありえない遊びが可能です。

ただやりすぎると雰囲気が壊れてしまったり、ゲームがおかしくなるので利用はほどほどにしましょう。

MOD=チートと同じなので、MODの使用はシングルプレイ時のみにしましょう。

\用途・スペック別に解説/

拡張DLC『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の推奨スペック

  • 上位以上のクエスト「マスターランク」が追加
  • 新モンスター「イヴェルカーナ」「バフブロ」「ブラントドス」が登場
  • 「ティガレックス」「ナルガクルガ」などの過去シリーズのモンスターが復活

モンスターハンターワールドの拡張のデータ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』はSteam版でも2020年1月10日から配信されています。

過去のモンハンシリーズでいうG級に相当するマスターランクが開放され、全武器に新アクション、新マップなどが追加されました。

PCゲームの大型アップデートは、動作環境が変わることもあるのでアイスボーンの推奨スペックを見ていきましょう。

モンハンワールド:アイスボーンの推奨スペック

CPUIntel Core i7 3770
AMD Ryzen5 3400G
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GTX1060 or GTX1650
AMD Radeon RX480 or RX 570
Steamから引用

CPUとGPUが2種ずつ追加されていますが、大きな性能差はありません。

基準は画質設定「高」、フルHD・30fpsのままですので、アイスボーンを快適にプレイするならRTX3060以上を搭載したゲーミングPCが必要になってきます。

\用途・スペック別に解説/

PC版モンハンワールド・アイスボーンのおすすめゲーミングPC

歴代モンスターハンターシリーズのプレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

RTX3060以上であれば推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 【初心者向け】ゲーミングPCの選び方は?

なるべく安いゲーミングPCでモンハンワールドを遊びたい方向け

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
109,980 円(税込)

GTX1650」を搭載したモデルですが、モンスターハンターワールドを最高設定で遊ぶには性能が不足しています

アイスボーンのフルHD・30fpsを基準にした推奨スペックで、GTX1650が採用されているのがなによりの証拠でしょう。

グラフィックの設定を低まで落とせば、60fpsも出せますので、画質はあまり気にしないという方に向いています。

最高品質・フルHD・60fps以上でモンスターハンターワールドを遊びたい方は以下のモデルを選びましょう。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

高画質60fps固定やWQHDで遊びたい方向け

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
239,980 円(税込)

現在のミドルクラス「RTX3060」を搭載したモデルです。

RTX3060ならばDLSSも使えますので、フルHDより上の解像度「WQHD」で60fpsも狙えます。

グラフィック品質を下げる必要はありますが、フルHDなら100fps以上も出せるでしょう。

ただDLSSを用いても、最高品質で4K・60fpsには届きません。

フルHDやWQHDのゲーミングモニターと合わせて使う人に向いているモデルです。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

4K高画質や144fpsのような高級な遊び方を目指す人向け

GALLERIA ZA9C-R37 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
329,980 円(税込)

RTX3070」ともなれば、モンスターハンターワールドを最大限に楽しめます。

DLSSを使用して4K・60fpsでモンスターの迫力、映像美を味わうのもよし、解像度やグラフィック品質を下げて120fps以上の高フレームレートで快適に遊ぶのもいいでしょう。

新作の『モンスターハンターライズ』はもちろん、重量級のゲームを問題なくプレイできる高性能なモデルなので、長く使えるゲーミングPCが欲しい人におすすめです。

もちろん4Kで遊ぶなら別途4Kのゲーミングモニターが必要になるので、そちらも用意しておきましょう。

ASUS
¥40,227 (2022/05/15 17:26時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R37』の詳細を見る

ノートパソコンでモンハンワールドを遊びたいなら

GALLERIA XL7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:144Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約5.0 時間
\144Hzディスプレイ採用! /
159,980 円(税込)

ノートパソコンでモンスターハンターワールドを遊ぶのなら、ミドルスペック以上のグラボが搭載されたゲーミングノートPCを選びましょう。

重量級のゲームなので排熱に不安は残りますが、最新のRTXシリーズグラボを搭載したモデルなので、フルHD・60fpsであれば十分に遊べます

144hzのディスプレイを採用しているので、グラフィック品質を落とせば高フレームレートを狙えるのもいいところです。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

モンスターハンターワールドの推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • ロード時間が圧倒的に早い
  • ミドルスペックならフルHD・60fpsで遊べる
  • フレームレートは制限なしを選べる
高画質と高fpsを
両立できます

『モンスターハンター:ワールド』は2018年に発売されたゲームにもかかわらず、必要スペックは最新作の『モンスターハンター:ライズ』とほぼ同じです。

今でも重いゲームですが、ミドルスペック以上のグラフィックボードを搭載したゲーミングPCならばPS4版より快適に遊べます。

Nintendo Switchで発売された『モンスターハンター:RISE』もSteam版がリリースされているので、Switchを持っていなかったという方はそちらもおすすめです。

関連記事 モンハンライズの推奨スペック・おすすめゲーミングPC

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\用途・スペック別に解説/

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる