Steam版『モンスターハンターライズ』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC|最大165fpsかつ高画質で遊ぼう!

PC版モンスターハンターライズの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • モンハンライズの推奨スペックについて
  • ノートパソコンや低価格PCで遊べるのか
  • 快適にプレイできるゲーミングPCの紹介
Steam版なら
画質もfpsも
向上しています!

ニンテンドーSwitchで発売されていた『モンスタハンター:Rise』ですが、2022年1月13日にはPC版がSteamにて販売されます。

Switchは現行の家庭用ゲーム機の中で最もスペックが低いため、パソコンで遊べるのを待っていた方も多いのではないでしょうか?

ただしSwitch版とのクロスプレイ・データ移行は不可能だと公式で発表されているので、クロスプレイを期待していた方は再検討してください。

この記事では以下の内容について解説しているので、気になる項目をチェックしましょう。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・スペック別に紹介!/

目次

PC版モンハンライズの体験版・推奨スペック・動作環境

モンスタハンターシリーズは家庭用向けタイトルですが、グラフィックにこだわっている点、マップがシームレスな点から推奨スペックはかなり高いタイトルです。

最大fps値は公式で165fpsと公表されていることから、144fpsを上限として考えると良いでしょう。

少なくとも最新世代、もしくは1世代前のゲーミングPC向けタイトルのスペックが必要になります。

体験版が配信されているので、推奨スペック以前に自分のPCで動くか気になる方・Switch版からの進化を体験したい方はインストールしてみましょう。

\ 無料体験版で動作をチェック! /

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境(画質低・1080p/30fps)

CPUCore i5-3470 or AMD FX-6100
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GT 1030 (DDR4)
AMD Radeon RX 550
PC版・モンハンライズ公式サイトから引用

最低スペックは3世代前のゲーミングPCかつ、エントリークラスのモデル並となっています。

ただモンハンライズ公式では「画質低・1080p/30fps」として紹介しているため、Switch以下の環境です。

せっかくPCで遊ぶならばSwitchを超えないと全く意味がないので、参考にならない動作環境です。

推奨スペック・推奨動作環境(画質中・1080p/30fps)

CPUIntel Core i5-4460 or AMD FX-8300
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 (VRAM 3GB)
AMD Radeon RX 570 (VRAM 4GB)
PC版・モンハンライズ公式サイトから引用

公式の推奨スペックは2世代前のゲーミングPCかつ、エントリークラスのモデル並です。

モンハンライズ公式では「画質中・1080p/30fps」として紹介しているため、最低スペック同様にSwitch以下の環境です。

少なくとも「推奨」できるスペックではないので、真にモンハンライズを楽しみたい方は次の推奨スペックにしましょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境 (画質高・1080p/60fps)

CPUIntel Core i5-10500
メモリ16GB RAM
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060

モンハンワールド・モンハンライズ体験版を参考にした結果、上記のスペックこそ推奨スペックと言えるでしょう。

PC版で遊ぶなら60fps以上で遊べなければ意味がないので、最新世代のグラフィックボードが必要となります。

このスペックなら画質を調整すれば60fps以上も狙えますが、画質とfpsを安定させて遊ぶのも良いでしょう。

グラフィックボード無しでも遊べる?

不可能です。CPUの性能によっては起動できるかもしれませんが、ゲームにはなりません。

144fpsを遊べる最低限必要なグラボはどれ?

「GeForce GTX 3070」なら120fpsをプレイできるので、それ以上のモデルをおすすめします。

スペックを満たしていれば中古のゲーミングPCでも良い?

おすすめできません。見えないところで故障の危険性があり、修理をすると新品よりも高くつきます。
パソコンに精通している方ならともかく、ゲーミングPCを一度も手にしたことの無い方の選択肢には入りません。

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

低価格ゲーミングPCでもモンハンライズは遊べる

最新世代に限り、エントリーモデルでも60fps程度なら動作は可能です。

Switch版は30fpsなため、60fpsを出せる時点でSwitch以上のスペックでモンハンライズを楽しめるようになります。

なるべく安いゲーミングPCを欲しい方へ向けたモデルも紹介しているので、予算にこだわる方はそちらを参考にしてください。

ノートパソコンでもモンハンライズを快適に遊べる?

モンハンライズをノートパソコンで遊ぶにはゲーミングノートPCが必要

『モンハンライズ』は推奨スペックが高いゲームなので、一般的なノートパソコンでは遊べません。

RTXシリーズのGPUを搭載したゲーミングノートPCならばプレイに必要なスペックを満たしているので、快適に60fpsを維持しながら遊べるようになります。

当サイトがおすすめするゲーミングノートPCは144Hzモデルなので、ノートパソコンかつ高fpsを狙う方はそちらを参考にしてください 。

用途・スペック別に紹介!/

モンハンライズのSteam版とSwitch版との違いは?

  • 4K解像度に対応し、画質・fps設定が可能(最大fpsは165fps)
  • 自分のPCスペックに合わせたグラフィック最適化機能がある
  • ゲーム内ボイスチャットが用意されている
  • キーボード&マウス操作が可能
  • 21:9のウルトラワイドモニターにも対応

ニンテンドーSwitchは家庭用ゲーム機としては現行世代で最もスペックが低く、PS4で販売されたモンスターハンターワールドと比較すると画質が目に見えて落ちていました。

Steamで配信されるPC版では画質と解像度が向上しているため、ワールドに近い画質でプレイできるようになっています。

もちろんPC版ならではの遊び方として「MOD」が有志によって作られる可能性が高いので、そちらを目当てに購入するのも良いでしょう。

Steam版の体験版が配信されているので、推奨スペック以前に自分のPCで動くか気になる方・Switch版からの進化を体験したい方はインストールしてみましょう。

\ 無料体験版で動作をチェック! /

2022年夏には拡張DLC「サンブレイク」の配信が決定している

  • Steam版・Switch版は同時にサンブレイクが配信される
  • 新モンスター「メル・ゼナ」「ルナガロン」、復刻モンスター「ショウグンギザミ」が登場
  • 価格は不明(前作のDLCに当たるアイスボーンは2,990円で販売)

2022年夏には大型DLCのサンブレイクが配信される予定です。

モンハンシリーズで言うところの「G級」にあたるコンテンツであり、前作のワールドにおけるアイスボーンと同じ立ち位置のコンテンツです。

まだまだ情報は未解禁ですが、新モンスター・復刻モンスターが登場すると公式からアナウンスされています。

Steam版(PC版)とSwitch版のクロスプレイは不可能

発売時には、Nintendo Switch版にて配信されている更新データVer.3.6.1までの内容を含む形でのリリースを予定しております。
また、2022年2月末にNintendo Switch版との配信内容の同期を予定しております。
※Nintendo Switch版とのクロスプレイ・クロスセーブは非対応となります。

引用元:モンハンライズPC版公式ページ

モンハンライズ公式ページにもクロスプレイ・クロスセーブは対応していないと明記されています。

残念ながらSteam版はSteam版と、Switch版はSwitch版としかマルチプレイはできません。

すでにSwitch版を持っているプレイヤーとはクロスプレイはできないので、PC版が出たら一緒に遊びたいと考えていた方は残念ですが検討しなおしましょう。

用途・スペック別に紹介!/

PC版モンハンライズのおすすめゲーミングPC

歴代モンハンを遊んできたプレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

とにかく安くPC版モンハンライズを遊びたい方向け

Magnate MH i5-11400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-11400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:256GB NVMe SSD
\ 低価格モデル人気1位! /
104,980 円(税込)

ゲーミングPCとしては最安値のモデルでも、公式の推奨スペックを軽く超えたマシンパワーがあります。

最高画質は厳しいかもしれませんが、画質を維持しつつ60fpsでのプレイが安定するため、おすすめのゲーミングPCです。

とにかく安くPC版のモンハンライズを遊びたい方にはベストであり、モンハンなら周辺機器もコントローラーだけで良いでしょう。

ただし上限を144fpsとして遊びたい場合、次に紹介するゲーミングPCを選びましょう。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

モンハンライズを最大144fpsで遊びたい方向け

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i9-11900K
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
289,980 円(税込)

144fpsでのプレイを狙うのならばこちらのゲーミングPCがおすすめです。

モンハンライズはSwitch向けのタイトルとしてリリースされましたが、SteamのPC版はグラフィックが更に向上しています。

『RTX 3070』ならアップグレードされた画質でも144fpsの高フレームレートを維持できるだけのパワーを持っているので、fps値にこだわる方におすすめです。

もちろん144fpsで遊ぶなら144Hzのゲーミングモニターも別途必要になるので、そちらも用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥26,553 (2022/01/20 18:30時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R37』の詳細を見る

4K高画質 or 144fps最高画質を狙える最上級モデルが欲しい方向け

GALLERIA ZA9C-R39

GALLERIA ZA9C-R39
  • CPU:Core i9-11900K
  • GPU:GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ 超ハイスペモデル! /
469,980 円(税込)

モンハンライズを最高の環境で楽しみたいなら、妥協なしのハイエンドゲーミングPCをおすすめします。

「4K高画質・60fps」「1080p最高画質・144fps」を遊べるほどのスペックがあるので、最上級の体験を楽しめます。

モンハンライズのみならず、現行のPCゲーム全てを遊び尽くせるほどのマシンパワーがあるので、本格的にPCゲームを遊びたいと考えている方にもおすすめです。

4Kで遊ぶ場合は4K対応ゲーミングモニターも別途必要になるので、そちらも用意しておきましょう。

ASUS
¥93,454 (2022/01/24 17:20時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R39』の詳細を見る

ノートパソコンでも高画質でモンハンライズを遊びたい方向け

GALLERIA XA7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:144Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
\144Hzディスプレイ採用! /
169,980 円(税込)

ノートパソコンでプレイしたいならば、ゲーミング用のミドルスペック以上を用意しましょう。

ゲーミングノートPCはパーツの換装が難しいので、最初からスペックの高いモデルを選ぶのが賢い選び方です。

このモデルはディスプレイが144Hzなので、画質の設定次第では最大144fpsでモンハンライズを楽しむことができるようになります。

『モンハンライズ』は勿論、他のゲームも高fpsでプレイすることができるので、PC初心者の方にもおすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップ・ドスパラ
BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

ゲーミングPCをBTOショップで買うならセールが狙い目

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

不定期の開催ではありますが、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

モンスターハンターライズの推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • Switch版より格段に画質とfpsが進化
  • ただしSwitch版とクロスプレイ未対応
  • 2022年夏にはサンブレイクが配信予定
ライズを高画質で
遊ぶならPCです!

以上が『モンスタハンター:Rize』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCの紹介でした。

残念ながらSwitch版とのクロスプレイは対応していませんが、Switch版以上の画質・fps値でモンハンを楽しめます。

2022年夏には追加DLCコンテンツの『サンブレイク』も配信されるので、かなり息の長いコンテンツとして遊べること間違いなしです。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

用途・スペック別に紹介!/

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる