【最安】ゲーミングPCの各ショップセール情報まとめ

Core i3で十分って本当? Core i5とどっちが良い?ノートパソコンのおすすめモデルも紹介!

比較的安価なPCに搭載されているCore i3ですが、スペック不足にならないか気になる人も多いでしょう。

結論から言うと、Office利用や動画再生などの一般的な用途なら、Core i3で十分快適に作業可能です。

この記事では「Core i3で十分」な用途や、Core i3搭載ノートパソコンのおすすめモデルについて解説していきます。

おすすめモデル3選!

大画面で使いやすい
ノートPC
ビジネスユースに
最適なノートPC
動画再生や
Office利用に最適

F7-I3U01BK-A

L5-I3U01BK-B

SH-I3U01
パーツ構成
Core i3-1115G4
インテル UHD
メモリ8GB
Core i3-1215U
インテル UHD
メモリ8GB
Core i3-14100
インテル UHD 730
メモリ16GB
価格
79,800円!109,780119,900
公式サイト公式サイト公式サイト
価格は全て税込み表記です

当サイトではゲーミングPCのセール情報も紹介しているので、ゲーム用のPCをなるべく安く購入したい場合はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC セール

価格・用途別に紹介!

目次

Core i3で十分な用途・スペック不足になる用途は?

Core i3で十分な用途
  • 事務作業などの軽い作業
  • 動画視聴やネットサーフィン
  • フルHDでのイラスト制作
Core i3ではスペック不足の用途
  • 複数アプリを同時使用するマルチタスク
  • 動画編集などの重い作業
  • ゲームなどの高負荷用途

事務作業などの軽い作業や、動画視聴・ネットサーフィンなどの用途がメインの場合は、Core i3でも十分快適に行えます。

フルHD解像度でのイラスト制作等、比較的負荷の軽い作業であればクリエイティブな用途でも使用できます。

逆に、複数アプリを同時に使用するマルチタスクや、動画編集などの負荷の重い作業はスペック不足になりやすいです。

Core i3のモデルはコア数が少ないので、同時に複数の処理ができる能力はCore i5と比べると平均して1.5倍の差があります。

ゲーム用途ではタイトルによってはCPUの方が重視される場合もあり、CPU重視のタイトルにはCore i3は向きません。

「Core i3で十分」という評判はある?

  • レポート作成ぐらいなら十分
  • officeとインターネットの使用には困らない
  • 一般的な用途なら大抵こなせる
  • ZOOMのバーチャル背景がCore i5からの対応
  • CADなど専門的な用途には向かない
  • エンコードの早さが全然違う

Core i3使用者の口コミでは、一般的な用途なら快適に使用できるという評判が多いです。

Microsoft Officeを使用した事務作業や、動画視聴等の軽い作業なら難なくこなせます。

逆に、CADなど専門的な用途にはスペック不足となりやすく向いていません。

イラスト制作などの軽い作業でも書き出しの速度が遅い等のデメリットもありますが、作業自体は普通に行えるので安価に環境を揃えられます。

パソコンの選び方聞かれたけど
CPU:講義聞いたりレポート作成ぐらいならcore i3で十分
メモリ:予算が許す範囲で積んどけ
ストレージ:クラウドあるし最低限あれば あとはバッテリーや重さ、デザイン等で決めれば問題ないというのが個人的な感想
引用元:X

用途によるから何ともってところがあるけど
・officeとインターネットくらいならcore i3で十分、Celeronでも全然戦えないってこともない(前のPCはCeleron)
・SSDである必要があるかって話は疑問だがSSDの速さを知ったらHDDに戻れなくなるって話はある
引用元:X

ゲームやるとか動画いじるという用途でなければCore i3で十分。メモリには余裕を持たせたいですね。SSDだと音がしないのでスワップ頻発にも気づきにくいし。
引用元:X

子供のPCなんざCPUはCore i3で十分と思うじゃないですか。ZOOMのバーチャル背景がCore i5からの対応とかでまさかのクレーム。大学の授業で皆で仲間で背景揃えたいんだって。女子大生心がわからん
引用元:X

ん~PC詳しくないのであれですが、建築系なのでCADとか必要になるのかな?w
よくわかんないけどCore i7必須らしいですw
息子のPCはCore i3らしく全然足りないのでデュアルコアとかワケわからないPCの母が頂こうかと思っておりますw
引用元:X

ところで、職場のPCがcore i3で、自分のやつがcore i7なのですが、エンコードの早さ全然違いますね…CPU性能馬鹿にできない。
引用元:X

Core i3とCore i5はどっちがおすすめ?

Intel公式サイトより引用
Core i3-12100Core i5-10400
コア数46
スレッド数812
ターボ・ブースト
消費電力65 W65 W
価格18,480円23,980円
性能が近い2つのモデルで比較した結果
  • 安さを求めるならCore i3がおすすめ!
  • マルチタスクを快適に行うならCore i5がおすすめ!

Core i3のメリットは、Core i5より安価に入手可能な点です。

Core i5はコア数が多く、マルチタスクがより快適に行えます。

Core i5はブーストクロックを利用できるので、高負荷時にCPU性能をより引き上げることができます。

Core i3は価格の安さが優れている

インテル(Intel)
¥18,480 (2024/06/07 07:09時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
インテル(Intel)
¥23,980 (2024/06/07 07:10時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

Core i3は、Core i5より安価に入手可能な点で優れています。

同時期に発売されたCore i3とCore i5では、基本的にCore i3の方が安価な価格設定となっています。

用途によってはCore i5を持て余す場合もあるので、余計な出費を減らして必要な環境を構築できます。

Core i5はコア数が多くマルチタスクがより快適

Dospara Plusより引用

Core i5はコア数が多く、同時に処理できるデータの量が増えるのでマルチタスクがより快適に行えます。

複数のアプリを同時に使用しても快適に作業ができるので、より高負荷な作業に向いています。

Core i5はブーストクロックを利用できる

Core i5は普段、クロック数を下げて動作することで消費電力を下げて熱を持たないように動作します。

クロック数とは?

パソコンが作業を行う際の、テンポのことです。

クロック数が上がるとテンポも上がるため素早く作業を行えますが、発熱して消費電力も増えます。

高負荷な作業時には自動でターボブーストの機能がオンになり、高いクロック数で稼働する状態になるのでCPU性能が引き上げられます。

Core i5はこの機能によって、高負荷な作業に向いているCPUとなっています。

Core i3搭載ノートパソコンのおすすめモデルを紹介!

おすすめモデル3選!

大画面で使いやすい
ノートPC
ビジネスユースに
最適なノートPC
動画再生や
Office利用に最適

F7-I3U01BK-A

L5-I3U01BK-B

SH-I3U01
パーツ構成
Core i3-1115G4
インテル UHD
メモリ8GB
Core i3-1215U
インテル UHD
メモリ8GB
Core i3-14100
インテル UHD 730
メモリ16GB
価格
79,800円!109,780119,900
公式サイト公式サイト公式サイト
価格は全て税込み表記です

以下よりCore i3搭載ノートパソコンのおすすめモデルを紹介していきます。

用途ごとに適したモデルが異なるので、是非チェックしてみて下さい。

大画面で使いやすいノートPC「mouse F7-I3U01BK-A」

  • CPU:Core i3-1115G4
  • GPU:インテル UHD
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB (NVMe)
  • ディスプレイ:17.3型 液晶パネル
  • 本体重量:約2.37kg
  • バッテリー稼働時間:約 4.5時間
79,800 円(税込)
デメリット
メリット
  • バッテリー稼働時間が短い
  • 17.3型の大画面
  • 入出力の接続端子が豊富
  • DVDドライブ搭載で動画視聴に向いている
おすすめできる人
  • 動画視聴を大画面で楽しみたい方
  • 何でも一通りこなせる家族用PCが欲しい方
  • 細かい文字を見やすい環境にしたい方

大画面で使いやすいノートPCが欲しい方におすすめのモデルです。

17.3型の大画面を採用しているノートPCは少なく、別途モニターを用意せずに迫力のある映像を楽しめます。

DVDドライブやSDカード挿入口も搭載しており、家族共用のノートパソコンとして便利です。

画面が大きいので細かい文字が比較的大きく表示されるため、細かい文字を読むのがつらい方にもおすすめです。

ビジネスユースに最適なノートPC「MousePro L5-I3U01BK-B」

  • CPU: Core i3-1215U
  • GPU:インテル UHD
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB (NVMe)
  • ディスプレイ:15.6型 液晶パネル
  • 本体重量:約1.94kg
  • バッテリー稼働時間:約 5.5時間
109,780 円(税込)
デメリット
メリット
  • マルチタスクには向かない
  • オンライン業務に向いた機能が揃っている
  • Officeソフトを快適に扱える
  • バッテリートラブルの場合もPCを手元に残せる
おすすめできる人
  • Officeソフトをメインで使用する方
  • オンラインでの業務を行う方
  • 故障や修理でもPCを手元に残したい方

ビジネスユース目的の方におすすめのモデルです。

Webカメラやマイクミュートボタン等、オンライン業務に向いた機能が搭載されています。

Officeソフトを快適に扱えるので、外での事務作業も快適に行えます。

バッテリーを簡単に取り外せる構造なので、バッテリー修理の際もPCを手元に残せる、ビジネスユースに適したモデルです。

動画再生やOffice利用に最適「mouse SH-I3U01」

  • CPU:Core i3-14100
  • GPU:インテル UHD 730
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:500GB (NVMe Gen4×4)
119,900 円(税込)
デメリット
メリット
  • 負荷の高い作業には向かない
  • 動画再生やOfficeなどの軽い作業に向いている
  • スリムな省スペースケース
  • Wi-fiやbluetoothを通信機なしで利用できる
おすすめできる人
  • 動画再生やOfficeなどの軽い作業をメインに行う方
  • PCのために多くのスペースを割きたくない方
  • Wi-fiやbluetoothを利用したい方

動画再生やOffice利用をメインで行う方におすすめのモデルです。

メモリ16GB搭載で、2画面環境でメインの作業をしつつ別のモニターで動画視聴などの使い方にも向いています。

スリムな省スペースケースなので、机の上にPCを置いておきたい方でも邪魔になりづらいモデルです。

Wi-fiやbluetoothを通信機なしで利用できるので、スマホとの連携が取りやすい点も魅力的です。

Core i3の性能に関するよくある質問

Core i3で十分なのはどういう人ですか?

インターネットや動画を見る程度の人、動画や画像編集・ゲームをする予定がない人はCore i3で十分対応できます。

Core i3ではスペック不足になる人はどういう人ですか?

動画や画像編集・ゲームをする予定がある人、専門的なソフトを使用した研究を行う方は、Core i3ではスペック不足になります。

より高性能なCPUが求められるので、Core i5以上のモデルを選びましょう。

画像や動画編集などを行う場合はどんなコア数のCPUが向いていますか?

クリエイティブな作業を行う場合は、6コアを目安にCPUを選びましょう。

なぜCore i3は負荷の重い作業に向かないのですか?

Core i3は搭載コア数が少なく、処理を多くのコアで並行して行えないため処理速度が遅くなります。

そのため、重い作業には向きません。

Core i3で十分って本当?まとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 一般的な用途ならCore i3で十分
  • Core i5と比べて安価に入手できる
  • マルチタスクや重い作業には向かない
軽い作業に向いたCPUです!

Office利用や動画再生などの一般的な用途なら、Core i3で十分快適に作業可能です。

Core i5と比べて安価に入手できるので、予算を抑えて環境を整えられる点も大きなメリットです。

一方でコア数が少なく、マルチタスクや重い作業には向かない点には注意しましょう。

おすすめモデル3選!

大画面で使いやすい
ノートPC
ビジネスユースに
最適なノートPC
動画再生や
Office利用に最適

F7-I3U01BK-A

L5-I3U01BK-B

SH-I3U01
パーツ構成
Core i3-1115G4
インテル UHD
メモリ8GB
Core i3-1215U
インテル UHD
メモリ8GB
Core i3-14100
インテル UHD 730
メモリ16GB
価格
79,800円!109,780119,900
公式サイト公式サイト公式サイト
価格は全て税込み表記です

価格・用途別に紹介!

当サイトではゲーミングPCのセール情報も紹介しているので、ゲーム用のPCをなるべく安く購入したい場合はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC セール

SNSシェア
目次