ガレリア「デトネーターコラボPC」の評判・スペックまとめ 通常モデルとの違いは?特典は?

デトネイター コラボPC
以下の内容を解説しています!
  • コラボゲーミングPCのスペック
  • コラボゲーミングPCの特典内容
  • BTOパソコンショップ初心者向けのFAQ
各コラボPCの評判やスペックを紹介!

海外のプロリーグにも参戦している『DETONATOR(デトネーター)』とドスパラのコラボPCが販売されています。

FPS・TPSゲームを高fpsで遊ぶためのモデルがラインナップされており、本格的にPCゲームに取り組む方におすすめです。

ゲーミングPCを初心者から上級者まですべてのプレイヤーが満足できるスペックが用意されているので、DETONATORファンの方はぜひチェックしてください。

以下の記事でBTOパソコンショップのドスパラについての評判をまとめているので、ショップの信頼性が気になる方は要チェックです。

関連記事 ドスパラの評判・口コミ・アンケート調査まとめ

目次

ガレリア デトネーターコラボゲーミングPC一覧&スペック

スクロールできます
製品名CPUGPUメモリストレージ(SSD)ベンチマーク
XA7C-R38Core i7-12700RTX 3080
10GB GDDR6X
16GB1TB Gen4 NVMe16979
XA7C-R36TCore i7-12700RTX 3060 Ti
8GB
16GB1TB Gen4 NVMe11521
RM5R-G60SRyzen 5 4500GTX 1660 SUPER
6GB GDDR6
16GB500GB SSD 6121
ベンチマークは3D Mark Time Spyのトータルスコアを記載

「DETONATOR(デトネーター)」コラボ3モデルは全ての機種で『Apex Legends』の最高画質で144fpsを狙えるモデルです。

価格帯は15万円以下の買いやすいモデルから、30万円台のハイスペゲーミングPCをラインナップしており、用途に合わせて購入しやすい内容になっています。

上位モデルについてはプロやストリーマーの方でも十分なスペックを持っており、実況配信や動画編集におすすめです。

どのゲーミングPCなら『Apex Legends』を144fpsで遊べる?

今回のコラボモデル全ての機種で『Apex Legends』を144fps以上で遊ぶことが可能です。
なるべく予算を抑えたいという方には、エントリーモデルの「RM5R-G60S」がおすすめです。

どのゲーミングPCなら『Apex Legends』を240fpsで遊べる?

XA7C-R38」であれば、設定を落とさずに『Apex Legends』を240fps以上で遊ぶことが可能です。

XA7C-R36T」は中設定まで下げてあげれば240fpsで遊べます。

どのゲーミングPCなら『VALORANT』を240fpsで遊べる?

今回のコラボモデル全ての機種で『VALORANT』を240fps以上で遊ぶことが可能です。

デトネーターコラボPCは通常のゲーミングPCと何が違う?

デトネイターコラボPCは通常のゲーミングPCと搭載しているパーツに変更はありませんでした。

通常のモデルと比較してパーツに変更はありませんが、価格は変わらないもののコラボ特典が付属しています。

LEDカラーの変更・特典ステッカー・オリジナル壁紙が付属しているので、特典がついて通常のモデルと価格は同じなのは明らかにお得と言えます。

GALLERIA XA7C-R38 DETONATOR コラボモデル

XA7C-R38 DETONATOR コラボモデル

XA7C-R38 DETONATOR コラボモデル
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ ハイスペモデル! /
299,979 円(税込)
  • Apex Legends:高画質設定で平均240fps以上
  • VALORANT:最高画質設定で300fps(最大)

PCゲームをする上で高水準なパーツで構成されており、配信や動画編集などをする場合にも快適な環境が約束されます。

その分価格は高価になってしまいますが、「フレームレートを妥協したくない」「なるべく高いfps値でゲームをしたい」と考えている方におすすめです。

今後3~5年間は最新ゲームを最高水準で楽しめるほどハイスペックなので、長持ちするゲーミングPCが欲しい方にもおすすめです。

多くのFPS・TPSゲームで240fpsを体験できるので、240Hzモニターを別途用意しておきましょう。

搭載メモリが16GBとなっているため、動作の重いゲームや配信・動画編集には不安が残ります。
本格的にPCゲームを遊びたい方は32GBにカスタマイズして注文しましょう。

ベンキュージャパン
¥70,545 (2023/01/28 15:06時点 | Amazon調べ)

GALLERIA XA7C-R36T DETONATOR コラボモデル

XA7C-R36T DETONATOR コラボモデル

XA7C-R36T DETONATOR コラボモデル
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 Ti 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ コスパで選ぶなら! /
229,980 円(税込)
  • Apex Legends:中画質設定で240fps付近
  • VALORANT:最高画質設定で240fps

「XA7C-R36T」は現行グラボの中でも特にコスパの高いRTX 3060Tiを搭載したゲーミングPCです。

『Apex Legends』を遊ぶ際には画質を維持して144fps張り付きを狙えるのはもちろん、画質を少し落とせば240fpsを狙えるようになります。

ゲームをするには十分なスペックを持ち、動画配信や編集も余裕を持ってこなします。

多くのFPS・TPSゲームで240fpsを体験できるので、240Hzモニターを別途用意しておきましょう。

搭載メモリが16GBとなっているため、動作の重いゲームや配信・動画編集には不安が残ります。
本格的にPCゲームを遊びたい方は32GBにカスタマイズして注文しましょう。

ベンキュージャパン
¥70,545 (2023/01/28 15:06時点 | Amazon調べ)

GALLERIA RM5R-G60S DETONATOR コラボモデル

RM5R-G60S DETONATOR コラボモデル

RM5R-G60S DETONATOR コラボモデル
  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB SSD
\ コラボ最安値! /
129,980 円(税込)
  • Apex Legends:高画質設定で120fps以上
  • VALORANT:高画質設定で240fps以上

『Apex Legends』では高画質で120fps以上を楽しめる上、『VALORANT』では240fps以上を狙える十分な性能です。

ドスパラの通常モデルよりもCPUがグレードアップしており、グラボの性能を最大限引き出せます。

PC初心者向けエントリーモデルではありますが、十分なスペックを有しています。

FPS・TPSの入門向けとして最適なゲーミングPCなので、これからPCゲームを遊ぶ方には特におすすめのモデルです。

多くのFPS・TPSゲームで144fpsを体験できるので、144Hzゲーミングモニターを別途用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥29,946 (2023/01/26 21:02時点 | Amazon調べ)

ガレリア デトネーターコラボノートPC一覧&スペック

スクロールできます
製品名CPUGPUメモリストレージベンチマーク
XL7C-R36HCore i7-12700HGeForce RTX3060 6GB16GB512GB Gen4 NVMe SSD9028
ベンチマークは3D Mark Time Spyのトータルスコアを記載

今回の「DETONATOR(デトネーター)」コラボモデルは『Apex Legends』を中画質で144fpsを狙えるモデルとなっています。

ディスプレイは165Hzの上位モデルを搭載しているため、165fpsを上限としてPCゲームを遊べます。

ノートPCとしては十分なゲーム性能を持っており、いつでもどこでも最高の環境でゲームを楽しむことができます。

GALLERIA XL7C-R36H DETONATOR コラボモデル

RM5R-G60S DETONATOR コラボモデル

RM5R-G60S DETONATOR コラボモデル
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:512GB Gen4 NVMe SSD
\165Hzディスプレイ搭載!/
194,980 円(税込)
  • Apex Legends:中画質設定で144fps張り付き
  • VALORANT:高画質設定で240fps以上

「UL7C-R36」はGeForce RTX 3060を採用しており、エントリーモデルとしてはハイスペックな構成になっています。

モニターのリフレッシュレートは 240hz です。設定を落とせば 240fps 近い性能でゲームすることも可能です。

大容量バッテリーにより最大駆動時間は約7.1時間、重量は2.15kg、薄さは20mmとなっていて、どこでもゲームが楽しめます。

ガレリア デトネーターコラボゲーミングPCの特典内容

  1. オリジナルLEDカラー設定
  2. オリジナルステッカー
  3. 専用壁紙のプリインストール

「DETONATOR(デトネーター)」ガレリアコラボゲーミングPCには、上記3つの特典が付属します。

ファン向けのラインナップになっており、選手コラボモデルにはそれぞれの特典が用意されています。

コラボ仕様のLEDカラー設定

DTN コラボPC

フロントLEDはデトネイターのイメージカラーが設定されていて、コラボモデルならではの仕様です。

LEDカラーについては初回起動時以降変更することが可能です。

オリジナルステッカー同梱

「DETONATOR」のロゴなど、ガレリアコラボならではのステッカーが付属します。

専用壁紙のプリインストール

ドスパラ公式ページ

コラボモデルには専用の壁紙がデータとしてフォルダに保存されています。

ドスパラで使える決済方法は?代引きでも注文できる?

ドスパラで使える決済方法

  • クレジットカード(MasterCard、VISA、JCB)
  • コンビニ決済
  • 銀行振込・銀行ネット決済・PayPay銀行リンク決済
  • ATM決済(ペイジー決済)
  • Amazon Pay
  • 代金引換(30万円上限)
  • 楽天ペイ、PayPal、PayPay、d払い
  • d払い

ドスパラで使えない決済方法

  • docomo以外の携帯キャリア決済

ドスパラはほとんどの決済方法を網羅しており、代引きやAmazon Payでの注文も可能なので、クレジットカードを持っていない学生の方も安心です。

ここまで豊富な決済方法から選べる点も、ドスパラの魅力の一つでしょう。

決済方法によっては利用上限額が決まっていたり手数料がかかる場合があるため注意しましょう!

【PC初心者向け】デトネーターコラボPCに関するFAQ

この項目では、今までBTOパソコンショップを利用したことがない方へ向けたよくある質問を紹介していきます。

ドスパラの評判についてまとめた記事も用意しているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 ドスパラの評判・口コミ・アンケートまとめ

ゲーミングPCの相場は?

最安値のゲーミングPCで12万円であり、多くのFPS・TPSタイトルを144fpsで遊べるクラスとなると16万円程度が必要です。

故障時の保証は?どんな対応があるの?

どのモデルでも1年間の無料保証が付属します。
保証の延長も可能であり、自分に過失がある故障でも無料で修理してくれるプランがあります。
初期不良に関しては1週間のみ対応ですが、モバイル会員アプリに登録するだけで30日間に延長できます。

「ドスパラ」で代金引換えはできる?

可能です。ゲーミングPCを購入の場合は手数料として1,320円(税込)がかかります。

「ドスパラ」で分割払いは何回までできる?

「JACCS」の場合は最大60回、クレジットカードの場合は24回払い・リボ・ボーナス一括が可能です。

ガレリアデトネーターコラボゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • プロやストリーマーを目指すなら上位機種がおすすめ
  • エンジョイ勢ならエントリーモデルがおすすめ
  • ノートPCモデルには高Hzモニターを採用
予算や遊ぶゲームに合わせましょう

今回は『DETONATOR(デトネーター)』とのコラボPCについて解説しました。

コラボPCは全て性能が高く、『Apex Legends』なら最低でも144fpsで遊ぶことができます。

『VALORANT』であればほとんどのモデルで240fpsで遊ぶことができます。

初心者向けの入門モデルから、最新世代の最上位モデルをふんだんに使ったモデルまで幅広いラインナップが展開されているので、自分に合ったモデルを選びましょう。

以下の記事でBTOパソコンショップのドスパラについての評判をまとめているので、ショップの信頼性が気になる方は要チェックです。

関連記事 ドスパラの評判・口コミ・アンケート調査まとめ

SNSシェア
目次