【本当に買い?】Steam Deckのスペックまとめ|対応ゲームは?外部出力はできる?

Steam Deck スペック
以下の内容を解説しています!
  • Steam Deckのスペックは?
  • Steam Deckで遊べるゲームは?
  • ゲーミングPCと比較した場合のスペックは?
遊べるタイトルは要チェックです!

国内でも予約が開始されたSteam Deckですが、スペックも既に公開されています。

携帯ゲーム機ながらゲーミングPCとして使えるため、通常のパソコンと同じようにWEBブラウザやYoutubeの閲覧ができます。

結論としては「最新ゲーミングPCには及ばず、PS5より少し下の性能」というスペックがあります。

この記事では以下の内容を紹介しているので、スペックについて知りたい方はチェックしていきましょう。

以下の記事でSteam Deckの予約方法・購入方法を紹介しているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 Steam Deckの購入方法・価格・発売日

目次

Steam Deckのスペック・ディスプレイの詳細は?

Steam Deck公式ページより引用
CPUZen 2 4コア/8スレッド、2.4~3.5GHz
GPU8 RDNA 2 CU、1.0~1.6GHz
メモリ16 GB LPDDR5
ストレージ64 GB eMMC
256 GB NVMe SSD
512 GB高速NVMe SSD
解像度1280 x 800px
リフレッシュレート60Hz
重量約669グラム
Steam Deck公式ページより引用

公式から発表されているSteam Deckのスペックは上記の通りです。

Steam Deckは純粋な携帯ゲーム機ではなくゲーミングPCである点から、スペックは現行世代のエントリー最上位~ミドルスペックの入り口並のパワーがあります。

ただし液晶の解像度・リフレッシュレートは携帯ゲーム機相応となっています。

Steam Deckのストレージ容量はどれがおすすめ?

Steam Deck公式予約ページより引用

Steam DeckはSSD容量によって価格が異なり、同梱されるアイテムも変わってきます。

ストレージ容量のおすすめは256GB・512GBのどちらかです。

64GBではそもそもインストールすらできないタイトルがあるので、あまりおすすめできません。

256GBでも大規模なゲームをインストールしてしまえば容量の半分近くが埋まってしまうので、余裕を持って遊びたい方は最上位の512GBモデルが良いでしょう。

ゲームタイトルごとの容量参考
  • モンスターハンターライズ:約30GB
  • エルデンリング:約51GB
  • Apex Legends:約55GB
  • ARK: Survival Evolved:約120GB

ドックとの接続で外部出力は可能

  • ドックは別売り
  • 外部ディスプレイに接続が可能
  • 有線LANケーブルの接続が可能
  • USB周辺機器・電源に接続が可能

Steam Deck公式ドックを介することによって、外部ディスプレイへの出力が可能です。

現在ドックの価格は公開されていませんが、Steam Deckで配信・動画編集をしたいという方には必須のアイテムになるのは間違いありません。

また、Steam Deckは携帯ゲーム機であるもののPCでもあるため、USB機器を用いた拡張も可能となっています。

ゲーミングPCとSteam Deckのスペックを比較してみた

  • CPU:Zen 2(4コア8スレッド)
  • GPU:RDNA2

今回はSteam Deckに搭載されているCPUとGPUを最新ゲーミングPCと比較していきます。

上記はCPUのコア/スレッド以外はPS5と同等のスペックを持っているため、「PS5並より少し下」というザックリとした認識で良いでしょう。

PS5と違い、Steam Deckは「純粋な携帯ゲーム機ではなくパソコンとして使える」という性質があるので、利便性は間違いなくPS5より上だと言えます。

ただし携帯ゲーム機という小さな筐体で設計されているため、実際はパーツの最大パフォーマンスほどの環境では遊べない点には注意が必要です。

グラボの性能は1世代前のミドルスペック並

AMD Radeon RDNA 2-based graphics engine
AMD公式サイトより引用

Steam DeckにはPS5と同じAMD製のRDNA2GPUが採用されています。

グラフィックボードの性能は公式発表では「10.3TFLOPS」とデータ(情報元)を示し、「RTX 2080」並みと語られています。

しかしTFLOPSだけを提示されてもGPUの性能を測る指標には不十分であり、実態はRTX 2080ほどのスペックを持っていません。

TFLOPSとは

1秒間に1兆回の演算を何回できるかというのを表す単位であり、PS4Proは4.2TFLOPSです。 

Digital Foundryの検証によれば「RTX 2060super」程度かそれ以下と語られており、「RTX 2080」ほどのスペックはありません。

携帯ゲーム機としては破格ですがゲーミングPCとしては時代遅れで物足りないスペックになっています。

ただしあくまでも20万円台の最新ゲーミングPCと比較した場合であって、価格を考えれば間違いなく破格の性能があります。

RTX2070はもはやBTOパソコンショップでは取り扱いの無いモデルなので、現行のRTXシリーズと比較すると以下のようになります。

ベンチマークによる比較
(情報元:PASS MARK SOFTWARE
GeForce RTX 3080
24,510
GeForce RTX 3070
21,927
GeForce RTX 3060
16,612
GeForce RTX 2060 Super
16,440

確かにデータだけを見ると現行の「RTX 3060」に並ぶように見えますが、CPU性能が物足りない点・オーバークロックなどで負荷をかけられない点を考慮すると、もう少し全体的なベンチマークは下がると思われます。

最大解像度が720pに抑えられている点を考慮すると、確かに『エルデンリング』のような最新タイトルを快適に遊べるスペックがあるのは間違いないでしょう。

CPUの性能は現行世代のエントリー~ミドルの間程度

Steam DeckのCPU性能
Ryzen 3 3300X
  • 4コア8スレッド
  • 周波数:2.4~3.5GHz
  • 4コア8スレッド
  • 周波数:3.8Hz
  • ブースト時周波数:4.3GHz

現行のCPUで近いモデルとしては、「Ryzen 3 3300X」が最も参考になるスペックでしょう。

CPUにはAMDから高性能モデルのZen2を採用していますが、4コア8スレッドとゲーミングPCにしては物足りないモデルとなっています。

しかし携帯ゲーム機である以上マルチタスク性能が重要にならない点・最大解像度が720pである点から、スペックを抑えて価格も抑えているのだと予想できます。

Steam Deckの対応タイトルは?遊べないゲームはある?

  • Steam Deckには「確認済み」「プレイ可能」「非対応」「不明」の互換性がある
  • 「プレイ可能」はユーザーによる手動の調整が必要なタイトル
  • 「非対応」は完全に遊べないタイトル(主にVRゲームなど)
  • 「不明」は互換性がチェックされていないタイトル

Steam Deckは対応しているタイトルと、そうでないタイトルがあります。

IGN japanの情報によると以下のような環境で遊べるとのことなので、パーツ単体で見た場合から下回る環境になってしまうのは注意すべき点です。

『グランド・セフト・オートV』では、すべての設定を最高にして1200 x 800pxで動かした場合、40~50fpsの間で動作し、トラフィックが激増しているときにのみ、30fpsまでのフレームレート低下が短時間で観測された。小さな画面では、このパフォーマンスは極めて鮮やかに映し出されており、ビジュアルもプレイフィールも非常に良かった。

システムに大きな負担をかけ得る『ボーダーランズ3』を試した結果、最高設定ではほとんどプレイ不可能だったものの、SteamOSにてすべての設定を「中(Medium)」にすると、基本的に42~48fpsという範囲で安定した。バラつきの幅は大きく、ベンチマークは最も低い33と最も高い59の間で動いていた。とはいえ、全体的にはプレイしやすく、「中」の設定でも美麗グラフィックスが堪能できた。

以下のページで互換性のあるタイトルが紹介されているので、そちらのページでチェックしてみましょう。

すでに購入しているタイトルの互換性は以下のページでチェックできるので、まずは手持ちのタイトルをチェックしてみましょう。

エルデンリングを遊べるスペックはある?

  • エルデンリングは動作保証対象
  • HD解像度(720p)なのでスペック上動作に問題がない
  • 動作fps値などは公開されていない

Steam Deck公式でもエルデンリングは「快適に動作します」と保証されているタイトルです。

エルデンリングを携帯して遊べるのはSteam Deckならではの強みと言えます。

ただしエルデンリングを遊ぶ場合は容量が大きいため、ストレージは256GBか512GBにしておきましょう。

ただし解像度とスペック上限の関係から、本格的に遊ぶ場合はゲーミングPCがおすすめなので以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事 エルデンリング おすすめゲーミングPC

高fpsを求められるFPS・TPSゲームには不向き

  • ディスプレイが60Hzなので、最大60fpsで動作
  • 外部ディスプレイ接続でもスペックによる上限が低い
  • 解像度が720pなので視認性は高くない

Steam Deckは最大60fpsかつ、720pという環境なので高解像度・高fps値を求められるような競技性の高いタイトルは不向きです。

PS4並の環境でしかFPS・TPSゲームを遊べないので、Steam Deckで遊ぶメリットは携帯性の部分のみとなります。

勝つためにFPS・TPSゲームを遊ぶなら144fps環境は必須なため、ゲーミングPCでのプレイを推奨します。

以下の記事でFPS・TPSにおすすめなゲーミングPCを紹介しているので、本格的に遊びたい方はこちらを参考にしてみてください。

関連記事 FPS・TPS用ゲーミングPCのおすすめモデル

Steam Deckのスペックに関するよくある質問まとめ

Steam Deckはパーツを交換・拡張できる?

公式ではパーツの換装を推奨しておらず、本体の分解を行う必要があります。

また、SSDは一般的ではない2230サイズを採用している点からもほぼ交換はできないものだと思って良いでしょう。

Steam Deckのパーツを交換したい場合どうすれば良い?

Valve公式からSteam Deckの分解動画が公開されているので、そちらを参考にしてみてください。

Steam Deckを144fpsで遊ぶにはどうすれば良い?

Steam Deckのドックがあれば外部出力ができるので、144Hzモニターに繋げば高fpsで遊べるようになります。

Steam Deckのスペック・PCと比較した場合のスペックまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • PS5より少し劣る程度の性能
  • ディスプレイ解像度は720p
  • SSDの最低容量は非推奨
携帯ゲーム機でもゲーミングPC!

Steam Deckは携帯ゲーム機でありながらゲーミングPCなので、スペックはエントリー~ミドルの間程度のパワーがあります。

重量級のタイトルを遊ぶには物足りないスペックですが、それでもインディーゲームや軽いアクションを遊ぶなら十分なスペックがあります。

「携帯できるゲーミングPC」という今までにないメリットがあるガジェットなので、革新を体感するためにゲットしてみるのも良いでしょう。

以下の記事でSteam Deckの予約方法・購入方法を紹介しているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 Steam Deckの購入方法・価格・発売日

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる