【最安】ゲーミングPCの各ショップセール情報まとめ

タルコフおすすめグラフィック設定まとめ 視認性を上げる・見やすい画質設定を紹介【2024年4月最新】

タルコフ おすすめグラフィック設定
以下の内容を解説しています!
  • タルコフおすすめグラフィック設定
  • NVIDIA側のグラフィック設定方法
  • タルコフ人気配信者のグラフィック設定
視認性改善!

『Escape from Tarkov』のグラフィック設定はゲーム内の設定とNIVIDIA側の設定が重要です。

ゲーム内設定では「グラフィック設定」でゲームの負荷と画質の調整、「POST FX」で視認性の向上ができます。

快適にプレイする上で重要な項目なので、よくわからないという方も人気配信者の設定を真似してみましょう。

以下の記事ではタルコフのおすすめゲーミングPCを紹介しているので、スペック不足が起因でfpsが安定しない方はチェックしてみてください。

関連記事 タルコフ ゲーミングPC

目次

ゲーム内のタルコフおすすめグラフィック設定

項目名おすすめ設定
テクスチャの品質
影の品質
遠距離オブジェクトの品質2
描画距離1000
アンチエイリアシングTAA
Resampling1x オフ
NVIDIA DLSSオフ
AMD FSR 1.0オフ
AMD FSR 2.2オフ
HBAOmax performance
SSR
異方性フィルタリングオフ
NVIDIA Reflex ローレイテンシーオフ
シャープネス0.6
設定項目解説
  • アンチエイリアシング:コンピューターで文字や画像を表示する際、輪郭に見られるギザギザを目立たなくする設定です。
  • Resampling :デジタル画像を拡大・縮小する際に、ドットとドットの間の補間方法を選択して、滑らかな画像に変換する設定です。
  • NVIDIA DLSS :負荷を下げながらもより高画質な映像を出力できる設定で、グラボによって機能に差があります。
  • AMD FSR :AMD FidelityFX Super Resolutionの略称で、ゲーム画面の解像度を向上させる設定です。
  • HBAO :Horizon-Based Ambient Occlusionの略称で、光の反射に対してオブジェクトから反射された色を別のオブジェクトに反映する設定です。
  • SSR :Screen Space Reflectionsの略称で、床や水辺などに映り込みを作り出す設定です。
  • 異方性フィルタリング:オンにすると地面等のテクスチャを大幅に改善できる設定です。
  • 負荷を抑えつつ視認性の高い設定を目指そう
  • 遠距離の描画設定は下げてしまおう
  • アスペクト比は16:9と16:10の好きな方を選ぼう

グラフィック設定はゲームの負荷に直接かかわる項目が多いので、できるだけ設定を下げて出力fps値を上げましょう。

「遠距離オブジェクトの品質」と「描画距離」はスコープで覗けばきれいに描写されるので低く設定して問題ありません。

「シャープネス」は輪郭がくっきりするのでお好みで調整しましょう。

設定を下げていても見え方に違和感はなく快適に楽しめます。

色味や輝度など視認性に直接かかわる部分は次に紹介する「POST FX」の設定で調整していきます。

「ハイクオリティカラー」にチェックを入れると重くなりますが、画質が向上するのでお好みでチェックを入れましょう。

POSTFXのおすすめ設定

項目名おすすめ設定
輝度20
飽和度31
明瞭度82
彩度100
Luma sharpen10
Adaptive sharpen3

「POST FX」は『Escape from Tarkov』のグラフィック設定の中で最も重要な設定項目です。

画面の色味など見え方を調整できるので、オブジェクトの視認性が大きく変わります。

「飽和度」を上げるとカラフルになり見やすくなります。

「明瞭度」は高く設定すると敵にライトを当てた時に白飛びしてしまうのでやりすぎない程度に上げると見やすくなります。

「Luma sharpen」は上げれば暗所の輪郭をはっきりさせる効果があるので、見づらくない程度に上げておきましょう。

垂直同期はオフがおすすめ

垂直同期は出力fps値とモニターのリフレッシュレート(Hz)の違いによる画面の乱れを防ぐ項目です。

オンに設定すると遅延やカクつきの原因となりプレイに影響が出るのでオフに設定しましょう。

オフでも画面の乱れによってプレイに影響が出る心配はありません。

軽量化のためには遠距離オブジェクトの品質を落とそう

『Escape from Tarkov』で最も重く最適化が進んでいない「Street of Tarkov」でも平均10fpsほど出力fpsが上がる

「遠距離オブジェクトの品質」の項目は落とせば遠くにあるものが細かく描写されなくなります。

画面上のオブジェクトをすべてきれいに描画しなくて良いので処理の負担が減り、軽量化できます。

スコープで覗けばその部分だけ細かく表示されるのでプレイする上では全く困りません。

NVIDIA側のタルコフおすすめグラフィック設定

NVIDIA コントロールパネルの設定でPCの動作を『Escape from Tarkov』に最適化できます。

色味などの調整もできますが、この項目ではゲーム内での設定を最も生かすための設定を紹介します。

STEP
NVIDIA コントロールパネルを開こう

デスクトップ上で右クリックを押し、出てくるウィンドウから

「NVIDIA コントロールパネル」を選択します。

STEP
3D管理の設定を開こう

左上のメニューから「3D設定の管理」を選びます。

「プログラム設定」を開き「追加」から「Escape from Tarkov.exe」を選択します。

STEP
設定を変更しよう

設定項目を以下のように変更しましょう。

項目名おすすめ設定
アンチエイリアシング-FXAAオフ
アンチエイリアシング-ガンマ修正オン
アンチエイリアシング-トランスペアレンシーオフ
アンチエイリアシング-モードアプリケーションによるコントロール
異方性フィルタリングアプリケーションによるコントロール
電源管理モードパフォーマンス最大化を優先

電源管理モードをパフォーマンス最大化を優先に変えるとゲームの動作が安定しますが消費電力が上がります。

タルコフ人気配信者のグラフィック設定は?

  • 「グラフィック設定」はかなりのハイスペックPCを使っている配信者のみ高く設定している
  • POST FXは必ず使用している
  • POST FXの設定内容は使用モニターの発色や好みでかなり差がある

この項目では「sasatikk」「釈迦(SHAKA)」「LVNDMARK(ランドマーク)」の設定を紹介します。

人気配信者のグラフィック設定は軽量化重視で低めの設定にする傾向があります。

グラフィック品質を落としても「FOST FX」の設定で十分な視認性を確保できるので納得です。

「POST FX」を使用しなければさらに軽量化が見込めますが、最も大事な設定の一つなので人気配信者たちは必ず使用しています。

sasatikkのグラフィック設定

sasatikkさんはできるだけ負荷を落として出力fpsを上げるために「グラフィック設定」をかなり低めに設定しています。

「POST FX」は彩度と明瞭度がかなり低めで特殊な設定なので、同じ設定を試す場合は注意が必要です。

モニター自体の色味の設定を変える前提で行われた設定の例として参考にしてください。

グラフィックの設定

項目名設定
テクスチャの品質
影の品質
遠距離オブジェクトの品質2
描画距離400
アンチエイリアシングTAA
Resampling1x オフ
NVIDIA DLSSオフ
AMD FSR 1.0オフ
AMD FSR 2.2オフ
HBAOオフ
SSRオフ
異方性フィルタリングオフ
NVIDIA Reflex ローレイテンシーオン+Boost
シャープネス3.0

POST FXの設定

項目名設定
輝度33
飽和度26
明瞭度14
彩度36
Luma sharpen28
Adaptive sharpen35

釈迦(SHAKA)のグラフィック設定

釈迦(SHAKA)さんは2PC環境でプレイと配信をしており、プレイ用PCはRTX4090搭載と非常に高いスペックなので「グラフィック設定」はかなり高く設定しています。

同じようなハイエンドPCを使用していない限り「グラフィック設定」を同じ設定にするのは避けた方が良いです。

「POST FX」はかなり標準的かつ見やすいといわれている設定なので、是非参考にしてみてください。

グラフィックの設定

項目名設定
テクスチャの品質
影の品質ウルトラ
遠距離オブジェクトの品質4
描画距離2000
アンチエイリアシングTAA 高
Resampling1x オフ
NVIDIA DLSSオフ
AMD FSR 1.0オフ
AMD FSR 2.2オフ
HBAO高色彩
SSRウルトラ
異方性フィルタリングオン
NVIDIA Reflex ローレイテンシーオフ
シャープネス1
釈迦(SHAKA)氏はハイスペックな2PC環境のためかなりの高画質設定にしています。

POST FXの設定

項目名設定
輝度0
飽和度32
明瞭度82
彩度80
Luma sharpen10
Adaptive sharpen3

LVNDMARK(ランドマーク)のグラフィック設定

LVNDMARK(ランドマーク)さんは『Escape from Tarkov』の最先端を走り続ける実力派の配信者です。

釈迦(SHAKA)さんと同じく非常に高いスペックのPCでプレイしているので「グラフィック設定」は参考にできません。

「POST FX」の設定は多くの人がこぞって真似するほど視認性の良い設定なので、是非参考にしてみてください。

グラフィックの設定

項目名おすすめ設定
テクスチャの品質
影の品質
遠距離オブジェクトの品質2.5
描画距離1500
アンチエイリアシングTAA 高
Resampling1x オフ
NVIDIA DLSSオフ
AMD FSR 1.0オフ
AMD FSR 2.2オフ
HBAO
SSR
異方性フィルタリングPer Texture
NVIDIA Reflex ローレイテンシーオン+Boost
シャープネス3.0
LANDMARK氏もハイスペックな2PC環境のためかなりの高画質設定にしています。

POST FXの設定

項目名おすすめ設定
輝度0
飽和度32
明瞭度82
彩度80
Luma sharpen10
Adaptive sharpen3

タルコフおすすめグラフィック設定・配信者の設定のまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • グラフィック設定は軽量化重視で設定しよう
  • FOST FXの設定で視認性を上げよう
  • 人気配信者を参考に様々な設定を試してみよう
POST FXの設定が
一番大切!

グラフィック設定は敵の視認性に関する項目が少ないので軽量化重視で設定しましょう。

FOST FXの設定はこだわれば視認性の高い、自分だけの最高の環境を用意できます。

よくわからない方はまずは人気配信者の設定を真似してみてから自分好みに調整していきましょう。

以下の記事ではタルコフのおすすめゲーミングPCを紹介しているので、スペック不足が起因でfpsが安定しない方はチェックしてみてください。

関連記事 タルコフ ゲーミングPC

SNSシェア
目次