【最安】ゲーミングPCの各ショップセール情報まとめ

『The Finals』推奨スペック・おすすめゲーミングPC 144fpsで遊ぶためのスペックを紹介!

The Finals おすすめゲーミングPC 推奨スペック
以下の内容を解説しています!

『The Finals』は基本プレイ無料でリリース予定の対戦FPSゲームであり、誰でも参加できるベータテストが盛況となっています。

対戦時に建物や建築物を破壊できるゲームのため、必要スペックも高めに設定されています。

この記事では『The Finals』のおすすめゲーミングPCやベータテストの紹介を行うため、プレイ予定の方は参考にしてください。

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

『The Finals』の推奨スペック・動作環境

The Finals公式Discordにてベータテストの必要・推奨スペックが公開されているため、そちらのデータを参考に紹介いたします。

推奨スペックには「GTX 1660Super」が記載されていますが、60fpsでしか遊べないのでFPSゲームとしては厳しい動作環境です。

以下から最低動作環境・推奨スペック・おすすめスペックについて1つ1つ紹介していきます。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ
NVIDIA公式サイトより引用

fpsは「Frames Per Second」の略であり、1秒に何回のフレーム(画面)を出力できるか?という意味です。

ゲームにおけるフレームレートとは「画面の滑らかさ」を意味しているため、fpsが高ければ高いほどゲームが快適になります。

パラパラ漫画で例えると1秒間にめくる漫画の枚数が多い状態が「fpsが高い」状態であり、漫画の枚数が少ない状態が「fpsが低い」状態です。

上記の画像のとおり、壁から敵が出てくるようなシーンでは明らかに高fpsが有利ということがわかります。

関連記事 フレームレート(fps値)とは?

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i5-9600K
メモリ16GB
GPUGTX1660 SUPER
公式Discordから引用

『The Finals』ベータ版での60fpsにおける推奨スペックは上記の通りとなっています。

GTX1660Superが要求されており、エントリーモデルのグラフィックボードが必要です。

建物が崩壊するなど一時的に負荷が大きくなりやすいゲームのため、推奨スペックギリギリでプレイするよりは余裕を持った高いスペックでのプレイを推奨します。

RTX推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i5-9600K
AMD Ryzen 5 3600
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3070
公式Discordから引用

RTXグラボにおける推奨スペックでは「RTX 3070」が記載されており、現行のグラボでは「RTX 4060Ti」以上のグラボが必要だと分かります。

このレベルの構成から120fps以上で遊べるため、できればRTX推奨スペックを超える構成を目指しましょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

The Finals スペック
CPUIntel Core i5-12400
メモリ16GB
GPURTX 4060 8GB

『The Finals』を快適に遊びたいゲーマー向けのおすすめスペックはこちらとなります。

実際にプレイしたユーザーからRTX3060でもプレイ中にカクつくなどの意見もあったため、推奨スペックを越える性能の高いゲーミングPCをおすすめします。

正式リリース時に必要・推奨スペックが上昇する可能性を考慮すると、これくらい余裕のあるスペックであれば快適にプレイが可能です。

\ 用途・価格別に紹介! /

『The Finals』に必要な予算は?安いゲーミングPCでも遊べる?

The Finals グラボ
  • 予算は最低でも13~15万円程度
  • 「GTX1650」「RTX3050」「GTX1660Super」は快適に遊べない
  • CPUはある程度妥協ができ、「Ryzen 5 4500」のような安価なモデルでも遊べる

現行最安値のゲーミングPCでは、『The Finals』の快適プレイは難しいです。

RTX推奨スペックでは「RTX 4060」程度のグラボが要求されており、最低でも13~15万円程度の予算が必要です。

この記事ではなるべく安く『The Finals』を遊べるゲーミングPCを紹介しているので、予算やスペックの参考にしてください。

\ 用途・価格別に紹介! /

『The Finals』おすすめゲーミングPC

現役FPSプレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

なるべく安くThe Finalsを遊ぶなら「RTX4060搭載PC」

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEAR JG-A5G60
  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:GeForce RTX 4060
  • メモリ:16GB(8GB×2)
  • ストレージ:1TB (NVMe)
\RTX4060搭載最安値!/
129,800 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • 『The Finals』の推奨スペックを越えている
  • 60fps以上で『The Finals』のプレイが可能
  • 他FPSゲームも遜色なく遊べる安定したスペック
  • CPU性能が低いので重たいPCゲームの配信などの用途に不向き

『The Finals』をなるべく安く遊びたい人にはこちらのモデルがおすすめです。

「RTX 4060」搭載モデルなら、『The Finals』で処理が重いシーンが続いても平均100fps以上で快適に遊べます。

推奨スペックから更に上の余裕を持ったスペックのため、正式リリースで必要スペックが上がったとしても安心できるモデルです。

他のFPS・TPSを遊ぶにも十分なマシンパワーがあるため、FPS・TPSを色々遊びたい人にもおすすめです。

>>公式サイトで『NEXTGEAR JG-A5G60』の詳細を見る

fps値にこだわって遊びたいなら「RTX4070搭載PC」

GALLERIA XA7C-R47

GALLERIA UA9C-R49
  • CPU:Core i7-13700F
  • GPU:GeForce RTX 4070 12GB
  • メモリ:16GBメモリ
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ 最新グラボ搭載! /
292,980 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • 『The Finals』を高いfps値で快適プレイができる
  • 録画・配信を行いながらのプレイも可能
  • 他の最新ゲームを高画質をキープして遊べる
  • 最新の大型タイトルではこのスペックでも推奨スペックを越えない場合がある

ベータテストの推奨最高設定(Recommended RTX)に指定されているグラフィックボードのRTX3070以上のモデルが搭載されたハイスペックモデルです。

画質を調整すると144fps以上の高fps値を出せるため、快適かつプレイヤーに有利な環境で遊べます。

このモデルなら録画・配信しながらでも快適に遊べるので、勝ちを目指したい方・配信や録画しながら楽しみたい人におすすめです。

>>公式サイトで『XA7C-R47』の詳細を見る

究極の環境でThe Finalsを遊ぶなら「RTX4080搭載PC」

GALLERIA XA7C-R48

GALLERIA UA9C-R49
  • CPU:Core i7-13700F
  • GPU:GeForce RTX 4080 16GB GDDR6X
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\RTX4080搭載!/
364,980 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • 公式の最高推奨スペックと同等の性能
  • 最新のグラフィックボードでどんなゲームもパワフルにプレイ
  • 録画や配信・3Dモデル作成等のゲーム外も快適
  • 30万円とゲーミングPCの中でも高価

『The Finals』を遊ぶため妥協せず最高の環境を用意したいゲーマーにはこちらのモデルがおすすめです。

「RTX 4080」は公式の推奨スペック「Recommended RTX Ultra」を超えているため、究極に快適な環境で遊べます。

価格こそ高いものの、数年間は最新のゲームを最高画質で遊び続けられるため、結果的なコストパフォーマンスは決して悪くないゲーミングPCです。

妥協なく画質も勝利も目指したい人におすすめのゲーミングPCです。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R48』の詳細を見る

ノートパソコンで快適に遊ぶなら「RTX4060搭載PC」

GALLERIA XL7C-R46

GALLERIA XL7C-R46
  • CPU:Core i7-13700H
  • GPU:GeForce RTX 4060 8GB
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:1TB (NVMe)SSD
  • ディスプレイ:15.6型 ノングレア/144Hz対応
\ノートPCでも165fps!/
189,979 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • 『The Finals』をfps値と画質を両立しながら快適プレイができる
  • 持ち運んで外出先でのゲームプレイが可能
  • 必要な時にだけ出して使いたい方、場所をあまりとりたくない方にもおすすめ
  • ノートPCのため、後からパーツ交換でのスペック向上が難しい

ノートPCながら、RTX4060が搭載されているため『The Finals』の推奨スペックを越えています。

『The Finals』を100fps以上の高fps値でプレイ可能ですが、ノートパソコンの場合は排熱などの関係により上記よりfps値は落ちる可能性があります。

ディスプレイのリフレッシュレートは144hzであり、高fps値でのプレイでも滑らかに映し出せる性能の高いディスプレイが採用されています。

ノートPCは後からグラフィックボードなどのパーツの変更・増設が難しいため、最初から性能の良いゲーミングノートPCを用意しましょう。

>>公式サイトで『GALLERIA XL7C-R46』の詳細を見る

『The Finals』のスペック・おすすめPCに関するよくある質問

『The Finals』はグラフィックボードの無いPC(オンボード)で遊べる?

グラボなしPCで『The Finals』のプレイは不可能です。
起動すら不可能であり、遊べません。

『The Finals』の必要・推奨スペックは正式リリース時に変わる?

可能性はあります。

あくまで現在発表されているのはベータテストに必要・推奨のスペックのため、今後変動する場合もあります。

『The Finals』の推奨スペックはどこで確認できる?

The Finals公式Discordから確認できます。

『The Finals』を144fpsで遊べるスペックは?

「RTX 3070Ti」「RTX 4070」と同等のスペックを持つグラボを搭載していれば144fpsで遊べます。

合わせて破壊表現があるゲームのため、画質をある程度落として遊ぶと快適です。

『The Finals』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 必要・推奨スペックはやや高め
  • 最安値ゲーミングPCでは厳しい
  • ベータテストは抽選にて開催中
配信開始が待ちきれません!

『The Finals』は現在ベータテストが行われており、登録すると抽選に参加できます。

参加を希望する場合は、Steamからぜひ応募しましょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
目次