『Age of Empires IV(エイジオブエンパイア4)』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC エディションの違いは?

Age of Empires IV(エイジオブエンパイア4)の推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • Age of Empires IVの推奨スペックについて
  • ノートパソコンや低価格PCで遊べるのか
  • 通常版とデラックス版の違い
16年ぶりの名作RTSゲームです!

『Age of Empires IV(エイジオブエンパイア4、通称AoE4)』は2021年10月28日に発売されたリアルタイムストラテジーゲームになります。

1997年に初代が発売され、リアルタイムストラテジーゲームファンならば知らない人はいないと言えるほどの知名度を誇るAoEシリーズの新作になります。

この記事では以下の内容について解説しています。気になる項目からチェックしてみましょう。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・スペック別に紹介!/

目次

Age of Empires IVの推奨スペック・動作環境

AoE4戦闘画像

『Age of Empires IV (エイジオブエンパイア4、通称AoE4) 』は必要スペック自体は高くありません。画質設定等を適切に行えばロースペックのパソコンでもプレイすることは可能です。

しかし、3Dモデルのユニットを100人以上動かすゲームのため、スペックが足りない場合カクつきが発生する可能性があります。

ハイスペックなマシンならば高画質かつスムーズなゲームプレイを楽しめるため、高性能なゲーミングPCを用意したほうがいいでしょう。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core i5-6300U
メモリ8GB
GPUIntel HD 520
steam公式ページから引用

最低スペックではグラフィックボードがなくても起動できる記載となっております。

しかし3Dゲームであることと、1秒の操作が勝敗を分けることもあるリアルタイムストラテジーゲームということを考えると必要スペックギリギリのPCでプレイするのはおすすめ出来ません。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel 3.6GHzで6コア
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce 970 GPU 
steam公式ページ から引用

推奨スペックも低めの設定になっており、エントリーモデルのゲーミングPCでも推奨スペック以上でのプレイが可能となっております。

最高画質でのプレイとなると推奨スペック通りのゲーミングPCだと60fpsをキープすることは難しくなっています。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core-i7 10700
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060

最高画質で120fps以上の動作でプレイするならばこれくらいのスペックが望ましいです。

現在AoE4のフレームレートには制限がないため、スペックが高ければ高いほど高fpsでプレイできます。

RTXシリーズなら4Kでも遊べるようになるので、ゲーミングモニターさえ用意してしまえば快適にプレイできます。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「RTX3060」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA XA7C R36」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

グラフィックボード無しでも遊べる?

CPUの性能によっては起動できるかもしれませんが、あまりおすすめはしません。
他のゲームを遊びたい場合にもグラボなしでは大きな制限がかかります。

スペックを満たしていれば中古のゲーミングPCでも良い?

おすすめできません。見えないところで故障の危険性があり、修理をすると新品よりも高くつきます。
パソコンに精通している方ならともかく、ゲーミングPCを一度も手にしたことの無い方の選択肢には入りません。

関連記事 ゲーミングPCを中古で買うべきではない理由

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

Age of Empires IV(エイジオブエンパイア4)はロースペックでも十分

エントリーモデルレベルのゲーミングPCでも、60fpsでのプレイは可能です。

公式では、必要スペック・推奨スペック共に低めの発表となっているため、10万円程度のゲーミングPCでも快適にプレイ出来ます。

高画質や高フレームレートでプレイするならば、ミドルスペック以上が必要となりますが、あまり重視しない方は格安モデルで十分です。

安くAoE4を遊べるゲーミングPCが欲しい方へ向けたモデルも紹介しているので、予算にこだわる方はそちらを参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでもAoE4を快適に遊べる?

Age of Empires IV(エイジオブエンパイア4)はノートパソコンでも遊べる

必要スペックはグラフィックボードすら必要ない設定となってますので、ノートパソコンでも起動可能となっております。

ただし60fpsを安定させるならば、グラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCでないと難しくなっております。

当サイトがおすすめするゲーミングノートPCは165Hzモデルなので、ノートパソコンかつ高fpsを狙う方はそちらを参考にしてください。

用途・スペック別に紹介!/

Age of Empires IV おすすめゲーミングPC

現役AoE4プレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

お手頃ゲーミングPCでも快適プレイ可能!

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
114,980 円(税込)

上記のようなエントリーモデルのゲーミングPCでもそれなりの画質でプレイすることが可能となっております。

推奨スペックを超えるパワーを持っており、多少画質を上げたプレイも可能となっているゲーミングPCになります。

『Age of Empires IV』をプレイするには問題ない位のスペックを持っているため、おすすめのゲーミングPCとなっております。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

144fps安定&高画質でプレイしたい方におすすめ

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
219,980 円(税込)

『Age of Empires IV』を高画質かつ高フレームレートでプレイするならば、このくらいのパワーのあるゲーミングPCを用意したい所です。

これくらいのゲーミングPCであれば、AoE4だけではなく、他の3Dゲームもサクサクと動くスペックになっているため、PCゲームをプレイしていくのであればかなりお買い得のゲーミングPCとなっております。

コスパの良い価格帯でもあるので、1台のゲーミングPCを長く使いたい方にもおすすめです。

144fpsで遊ぶなら144Hzゲーミングモニターも必要になるので、別途用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥26,800 (2022/09/29 20:47時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

4Kで画質を追い求めたい方向け

GALLERIA XA7C-R37 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R37 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX3070ならこちら! /
259,980 円(税込)

4K等の最高画質でプレイしたいのならば、ミドル~ハイモデルのゲーミングPCを用意しましょう。

多少価格は高くなってしまいますが、AoE4以外の今後発売されるPCゲームも快適なプレイ出来ることが想定されるため、使い続けるとすると結果的にお得となっています。

4Kで遊ぶなら4Kゲーミングモニターも必要になりますが、そちらも高価なので予算と相談してください。

ASUS
¥83,800 (2022/10/03 21:10時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R37』の詳細を見る

ノートパソコンでも144fpsでプレイ可能

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
209,980 円(税込)

必要スペックとしてはグラフィックボードのないノートパソコンでもプレイできるとはありますが、画質やフレームレートを気にするのであればグラフィックボードのついたモデルを購入しましょう。

今回紹介しているモデルはディスプレイが165Hzなので、フレームレートも165fps上限でプレイできます。

ノートゲーミングPCは後からパーツの交換が難しいため、最初からある程度高いスペックのモデルを購入したほうがお買い得となっております。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36H』の詳細を見る

「Age of Empires IV」ならではの特徴・前作までとの違いとは?

経験者も初めての人も、オンライン対戦したい人もオフラインで遊びたい人もOK!

  • 作方法からユニットの相性までをプレイしながら学べる丁寧なチュートリアル
  • オフラインで一人で遊べる幾つものチャレンジ
  • オンラインで対戦、あるいはAI相手に協力。見知らぬ人ともフレンドとも

『Age of Empires IV (エイジオブエンパイア4、通称AoE4) 』は長年続いてるシリーズではありますが、今作から入っても大丈夫なゲームになっています。

ルールや勝利条件も複雑ではなくシンプルにまとまっており、ユニットの種類も多くはないためとっつきやすいゲームとなっております。

AoE4をおすすめする理由や、通常版とデラックス版の違いについて下記にて説明させて頂きます。

Age of Empires IVからプレイしても大丈夫?

IVとついている通りシリーズナンバーとしては4番目のゲームとなりますが、過去作をプレイしていなくてもプレイする上で問題は全くありません

ストーリーとしての要素があるわけではないので、前作をプレイしていないと分かりづらい、わからないといった部分はないからです。

経験者ならば、AoE2に近いルールやシステムになっているといえばわかりやすいルールになっています。

奥深い戦術と何度もプレイしたくなる中毒性

『Age of Empires IV』はランダム生成されるマップで1時間ほどで1プレイが終わる設定になっております。

そのため気軽にプレイしやすく、毎回状況や地形が変わるため同じゲームが発生しないようになっています。

そのため1試合終わって結果を見た後に、そこから改善点などを見出して次の試合で実行し、それが有効だった時の楽しさ等、一度味わえば病みつきになる要素が多くあります。

リアルタイムストラテジーゲームということもあり、敬遠されがちではありますが、初めての人は今回をきっかけに是非プレイしてみては如何でしょうか。

通常版とデラックスエディションの違い

AoE4のデジタルデラックスエディションの説明画像

『Age of Empires IV』はデジタルデラックスエディションというバージョンも発売しております。

デラックスエディションにはゲーム本編に加えて以下の内容が付随しております。

  • 限定紋章
  • 限定プロフィールポートレート
  • 限定モニュメント
  • デジタルサウンドトラック
  • ユニットカウンターチャート
  • クレイグマリンズアート

以上の6点が特典として付随しております。

あくまでも見た目が変わるものや、サウンドトラック等でゲーム内容自体に変更はないため、好みで選択しましょう。

4K対応!対応ディスプレイで美麗なグラフィックを

『Age of Empires IV』は4Kグラフィックに対応しているため、対応モニターに接続すれば自動的に4K解像度に切り替わります。

4Kでのプレイであれば、多数の3Dモデルのユニットがとても綺麗に動くのを見ることが出来ます。

迫力ある4Kでのプレイを行いたい場合は、対応したモニターとハイスペックなゲーミングPCが必要となります。

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

Age of Empires IVの推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • AoE4はノートパソコンでも動く
  • 快適で高画質なプレイはゲーミングPCが必要
  • デラックスエディションには特典が6つ
必要スペックは高くないです!

『Age of Empires IV (エイジオブエンパイア4、通称AoE4) 』は低スペックのPCでもプレイできるゲームとなっております。

ただし、高画質や高フレームレートでプレイするならばゲーミングPCをおすすめします。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

用途・スペック別に紹介!/

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる