『BattleField:2042』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC 最も重いゲームを動かせるスペックは?

BF2042の推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • BattleField:2042の推奨スペック
  • 低価格PCでも遊べるのか?
  • BattleField:2042向けおすすめゲーミングPC
ハイスペックPC
が必要です!

この記事では『BattleField:2042(バトルフィールド:2042)』をPC版でプレイしたいという方に向け、必要となる推奨スペックや、おすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

BattleFieldシリーズ最新作であり、広大なマップと大人数の対戦システムであることから、要求されるスペックがかなり高めとなっています。

以下の内容を解説してるので、気になるところから記事をチェックできます。

\遊べるfps値別に紹介!/

目次

BattleField:2042の推奨スペック・動作環境

『BattleField:2042』は、現状もっとも高い推奨スペックを要求するゲームであり、ハイスペックなゲーミングPCが必要となっています。

最大128人で過去作の4倍以上の広さのフィールドを使った銃撃戦を行うため、そのぶん要求されるGPUもCPUもハイスペックになっています。

しかし、推奨スペックのゲーミングPCであっても、エフェクトの多いシーンでは処理落ちなどが発生する可能性が高くなります。

『BattleField:2042』を快適に楽しむためには、推奨スペック以上のハイスペックなゲーミングPC が必要となります。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUCore i5 6600K
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 1050 Ti
BattleField 2042公式サイトから引用

最低スペックでも、ミドルスペックのゲーミングPC が必要となります。

しかし、最低スペックでゲームをプレイしたとしても、カクつきなどが発生し満足に遊ぶことはできないと思われます。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i7-4790
メモリ16GB
GPUNvidia GeForce RTX 3060
BattleField 2042公式サイトから引用

推奨スペックで遊ぶためには、RTX3060といった最新のグラフィックボードが搭載されているハイスペックのゲーミングPC が必要となります。

ですが、推奨スペックであっても最低画質でやっと100fps以上出せるかどうかというレベルになるので注意が必要です。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「RTX3060」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA XA7C R36」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core i9-11900K
メモリ16GB
GPU Nvidia GeForce RTX 3070

ゲーマーなら公式の推奨スペックではなく、より快適に遊ぶことのできるスペックのPCを用意するべきです。

上記のスペックであれば低設定で120fps以上を狙うことができるようになります

『BattleField:2042』ならではの「最大128人」というスケールの大きい戦闘を最大限楽しむためにはミドルスペック~ハイエンドモデルのゲーミングPC をおすすめします。

グラフィックボードの無い(オンボード)PCでも遊べる?

不可能です。

起動まではできるかもしれませんが、まともにプレイすることはできません。

240fps以上を安定させるにはどうすればいい?

不可能です。

ハイエンドモデルのゲーミングPC を使っても144fpsを出せるか怪しいレベルになるので、240fps以上を安定させることはできません。

中古のゲーミングPCでも良い?

おすすめしません。中古のゲーミングPCはパーツが消耗しており、買った次の日に不具合が出てもおかしくなりません。

交換・修理となった場合に余計な出費がかかってしまい、かえって高く付く可能性があります。

関連記事 ゲーミングPCを中古で買うべきではない理由

安いゲーミングPCでも144fpsの快適プレイは可能?

ロースペックのゲーミングPCでは、144fpsでのプレイは不可能です

現状(2022年1月時点)では、最新のCPUとGPUの組み合わせでも144fps以上を安定させることは難しくなっています。

最低でも「GeForce RTX 3060」が搭載されているゲーミングPCでなければ、100fps以上でプレイすることはできません。

CPUに関しては、Core i7か最新世代のものであれば問題ありません。

安いゲーミングPCしかないのであれば、この際にハイスペックゲーミングPCの購入をおすすめします。

なるべく安くBF2042を遊べるゲーミングPCを欲しい方へ向けたモデルも紹介しているので、予算にこだわる方はそちらを参考にしてください。

ノートパソコンでもBattleField:2042を快適に遊べる?

オフィス向けの一般的なノートパソコンでは起動すらできませんが、ハイスペックモデルのゲーミングノートPCであれば快適に遊ぶことができます

「GeForce RTX 3060」以上のスペックのGPUが搭載されており、CPUに関してもCore i7以降のものであれば問題ありません。

ただし、エントリーモデルやミドルスペックのゲーミングノートPCでは、快適に遊ぶことは難しいので注意が必要です。

当サイトがBF2042向けにおすすめするゲーミングノートPCは高Hzモデルなので、ノートパソコンかつ高fpsを狙う方はそちらを参考にしてください。

\遊べるfps値別に紹介!/

BattleField:2042向けおすすめゲーミングPC

現役BF2042プレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

どのゲーミングPCでも60fps以上で遊べるので、必ず144Hzゲーミングモニターを用意しましょう

ベンキュージャパン
¥26,800 (2022/09/29 20:47時点 | Amazon調べ)

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

BF2042を遊べる最も安いゲーミングPCはこちら

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
219,980 円(税込)

上記のようなミドルスペックのゲーミングPCであれば、低設定で100~120fps、高設定で70~90fpsでプレイ可能になります。

『BattleField:2042』はかなりのハイスペックを要求しているので、低設定で120fpsを出すのがやっとになります。

ですが、他のゲームであればほとんどが快適に遊ぶことができますし、3年は現役で最新ゲームを遊べるので、長持ちするゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

ハイスペックなら120fps以上の環境でBF2042を遊べる

GALLERIA XA7C-R37 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R37 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX3070ならこちら! /
259,980 円(税込)

上記のようなハイスペックのゲーミングPCであれば、低設定で120~140fps、高設定で90~120fpsでプレイ可能になります。

高設定でも100fps以上を狙えて、比較的快適に遊ぶことができるようになります。

『BattleField:2042』の美しいグラフィックを楽しみたいという方におすすめのゲーミングPCになります。

高価ではありますがゲーミングPCの中では性能に対するコスパが良い価格帯なので、本格的にパソコンでゲームを遊びたい方にはおすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R37』の詳細を見る

ハイエンドゲーミングPCなら最高の環境でBF2042を遊べる

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
359,980 円(税込)

上記のようなハイエンドのゲーミングPCであれば、低設定で120~150fps、高設定で100~130fps、最高設定で100fpsでプレイ可能になります。

低設定であれば144fps付近で遊べるので、FPSゲームは144fps以上で遊びたいという方におすすめです。

また、最高設定でも100fpsを出せるので『BattleField:2042』の世界を余すことなく楽しめるゲーミングPCと言えます。

ただしBF2042に限った話であり、このゲーミングPCなら『Apex Legends』『VALORANT』『フォートナイト』といった人気タイトルを240fpsで遊べるほどのマシンパワーがあります。

BF2042以外では240Hzゲーミングモニターの恩恵があるので、合わせてそちらも用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥63,091 (2022/10/01 14:48時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R38』の詳細を見る

ノートパソコンでBF2042を遊びたい方はこちら

GALLERIA UL7C-R37

GALLERIA UL7C-R37
  • ディスプレイ:240Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
  • 重量:約1.96kg
  • バッテリー持続時間:約8.8 時間
\ ノートでもハイスペ! /
269,980 円(税込)

上記のようなハイスペックのゲーミングノートPCであれば、低設定で120~140fps、高設定で90~120fpsでプレイ可能になります。

ノートパソコンでありながら『BattleField:2042』を120fps以上を狙えるので、他のゲームであっても高画質・高fpsで遊ぶことができます。

また、このゲーミングノートPCならDiscordなどのアプリを立ち上げたままのマルチプレイも快適な上、ゲーム実況配信もできるほどのCPU性能がある点から、持ち運びも含めて様々な用途に合わせた使い方ができます。

>>公式サイトで『GALLERIA UL7C-R37』の詳細を見る

BattleField:2042の新要素・家庭版との違いは?

BattleField:2042ならではの要素

  • 最大128人対戦の大規模戦闘
  • 過去作の4倍以上のスケールのマップ
  • 10人の中から好きな装備を持つ「スペシャリスト」を選べる
  • 完全に新しいモード「ハザードゾーン」

『BattleField:2042』は、BFシリーズ最新作であり、今までのBattleFieldとは違う点がいくつもあります。

また、PC版とPS5版でのみ、128人対戦をオリジナルのマップサイズでプレイすることができるので、PC版を強くおすすめします。

PS5版でも128人対戦などをプレイ可能ですが、入手困難であることや最大120fpsまでしか対応していないことを踏まえると、PC版に軍配が上がります。

さらにPS4版・Xbox One版では対戦人数とマップが縮小されるので、もはや別ゲーと言えるでしょう。

最大128人対戦の大規模戦闘と過去作の4倍以上ものサイズのフィールド

BFⅤとBF2042のマップサイズ比較画像
BFVとBF2042のマップサイズ比較(redditより引用)
PC版・PS5版PS4版・XBOX版
最大対戦人数128人(64対64)64人(32対32)
マップの広さオリジナルのマップサイズPC版・PS5版の約1/2

『BattleField:2042』の最大の特徴は、最大128人対戦とBFシリーズで最大のフィールドです。

過去作では、最大64人対戦でしたが今作は最大128人対戦と2倍になっており、マップは4倍以上となっています。

ただし、128人対戦を過去作の4倍以上のマップサイズで遊ぶことができるのは、PC版とPS5版のみとなります。

PS4版やXBOX版では、最大対戦人数が従来の作品と同じ人数になってしまい、マップの広さも半分となってしまいます。

PC版でプレイすることのできる大規模な戦闘は迫力があり、BattleFieldがよりリアルな戦場に近づいたと言えます。

10人の中から好きな装備を持つ「スペシャリスト」を選べる

BF2042のスペシャリスト画像
BattleField:2042公式サイトより引用

『BattleField:2042』では、過去作にあった突撃兵、衛生兵などの兵科」は廃止され、「スペシャリスト」が採用されました。

スペシャリストはそれぞれ固有の装備を持っており、敵を自動でスポットして攻撃してくれる装備や、グラップリングフックで移動できる装備を持ったスペシャリストが存在します。

また、過去作とは違いどのスペシャリストでも「医療箱」や「弾薬箱」を持つことができるので、装備の自由度は高くなっています

完全に新しいモード「ハザードゾーン」

BF2042のハザードゾーン紹介画像
BattleField:2042公式サイトより引用

「ハザードゾーン」は、4人1組の分隊以外はすべて敵となる、今までのBattleFieldにはないゲームモードです。

4人1組でそれ以外はすべて敵と聞くと、『Apex』のようなバトルロイヤルゲームを思い浮かべるかもしれません。

ですが「ハザードゾーン」では、最後の1組なるまで競いあうことが目的ではなく、「データディスク」を回収して生還することが目的になります。

『BattleField:2042』ならではのゲームモードになるので、ぜひプレイしてみてください。

\遊べるfps値別に紹介!/

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

BattleField:2042の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 高性能なゲーミングPCが必要
  • 快適にプレイするならハイ~ハイエンドモデル
  • 過去作にはない要素が豊富
ハイスペックPCが必須です!

『BattleField:2042』は、過去作の4倍以上のサイズのフィールド、最大128人対戦と大迫力のゲームであることから、かなりのハイスペックゲーミングPCが必要となります。

低スペックのゲーミングPCではゲームを起動することすら難しいので、しっかりと最新世代かつミドル~ハイスペックのゲーミングPCを用意しましょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\遊べるfps値別に紹介!/

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる