PC版『ボーダーランズ3』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC|家庭版との違いは?クロスプレイはできる?

ボーダーランズ3の推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • 『Borderlands 3』の推奨スペックを紹介
  • ノートパソコンや低価格PCで遊べるのか?
  • 「PS4/PS5版」とPC版との違いは?
4K画質プレイに
ついても解説!
Epic gamesにて無料配布決定!

2022年5月27日0時までの間、Epic Gamesにてボーダーランズ3の無料配布が行われています。
以下の記事でEpic Games無料配布ゲームの貰い方についてまとめているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 Epic Gamesアカウントの作成方法まとめ

『Borderlands 3』は2019年9月に発売されたタイトルで、RPG要素とシューターゲームの要素を掛け合わせたルートシューター系ゲームとなっています。

手書きでデザインされた「マップ・武器・キャラクター」はアメコミ風で世紀末な世界観をうまく表現していて、画質性能にもこだわったプレイ環境を用意すると良いでしょう。

各プラットフォームから代表して 「PS4/PS5版」と「PC版」のプレイ環境の違いについて解説していきます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・スペック別に紹介! 

目次

『Borderlands 3/ボーダーランズ3』の推奨スペック・動作環境

『Borderlands 3』は 初リリースから日が経っていることもあり、ロースペックPCでも設定を落とせば快適にプレイできるタイトルになっています。

ですが作り込まれた武器や世界観を低画質で潰すことより、高画質で快適に没頭して遊べるミドルスペック以上のPC環境をオススメします。

以下では「ロースペック・ミドルスペック・ハイスペック」を用途別に解説していきますので、予算と目的に合わせてゲーミングPCを手に入れる参考にしてください。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel i5-3570
メモリ6GB
GPUGeForce GTX 680 2 GB
Steam公式から引用

最低動作環境を見てみると何世代も前のパーツで表記されていて、アップロードを重ねた現在の『Borderlands 3』で満足なプレイができるPC構成とは言えません。

中品質HDプレイでも、シューターゲームの最低基準60fpsを下回るほどの性能です。

上記のパーツやPCを新たに探すことは難しく、中古でも「パーツの劣化・低性能」の要素からコスパが悪いと言えるためロースペックPCでも新品を購入するべきです。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel i7-4770
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1060 6GB
Steam公式から引用

推奨動作環境 を見てみると、メモリは16GBと十分な量が必要だと分かります。

ですがシューターゲームで、もっとも重要なGPUが「GeForce GTX 1060」となっていて「中品質HD設定」でも120fpsに届かない性能です。

近年リリースされているタイトルを快適に遊ぶには144fpsが1つのボーダーラインであり、上記のスペックは大きく下回る性能と言えるでしょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i7-10700
メモリ16GB
GPURTX 3060

シューターゲームを十数年プレイしてきた筆者が考えるゲーマ向けスペックが上記になります。

メモリはゲームをプレイする上で余裕をもたせた16GBを採用し、GPUとCPUのバランスを考えた構成になっています。

上記のPC構成なら、「複雑な乱射エフェクト・AIとの激しい戦闘」が繰り返される『Borderlands 3』でも中品質HD設定で144fpsを安定して狙える性能です。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「RTX3060」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA XA7C R36」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

グラフィックボード無しでも遊べる?

不可能です。CPUの性能によっては起動できるかもしれませんが、ゲームにはなりません。

スペックを満たしていれば中古のゲーミングPCでも良い?

おすすめできません。見えないところで故障の危険性があり、修理すると新品よりも高くつきます。

パソコンに精通している方ならともかく、ゲーミングPCを一度も手にしたことの無い方の選択肢には入りません。

用途・スペック別に紹介! 

安いゲーミングPCでも144fpsの快適プレイは可能?

ボーダーランズ3を144fpsで遊べる環境とは?

エントリーモデルのゲーミングPCでも中品質HD設定なら140fps程度まで狙えるので、「144fpsの快適プレイ」に近い環境までは近づけます。

ですがAI大量発生やスキル発動エフェクトなどが重なると、フレームレートが大きく下がるので144fps以上で快適にプレイするならミドルクラス以上のスペックが必要です。

低品質HD設定まで落とせば200fps以上を狙えますが、画質もゲームを楽しむ要素のひとつと言えるので予算が許せば中設定以上を目指すべきです。

なるべく安くボーダーランズ3を遊べるゲーミングPCも紹介しているので、予算を最小限に抑えたい方は要チェックです。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでも『ボーダーランズ3』を快適に遊べる?

ボーダーランズ3を遊べるゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCなら快適に遊べますが、購入を検討するならいくつか注意をする点があります。

  • 基本的にパーツの交換が、後から出来ない
  • 排熱処理の関係で、同じパーツでもデスクトップPCより性能は落ちる
  • 持ち運びはできるが、快適に遊ぶなら外でも有線が必要

パーツ交換を後から出来ないため、最初からミドルクラス以上のスペックを用意して短いスパンでの買い替えを防ぎましょう。

スペースの確保が難しい方やパソコンを外に持ち出す用途がある方は、ノートPCの特性を理解して最初の一台から慎重に検討して購入する必要があると言えます。

当記事ではボーダーランズ3を高fpsで遊べるゲーミングノートPCを紹介しているので参考にしてみてください。

用途・スペック別に紹介! 

『ボーダーランズ3』おすすめゲーミングPC

あらゆるジャンルのシューターゲームをプレイしてきた筆者が考えるオススメのゲーミングPCを、スペック別に下記でまとめて解説しています。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 【初心者向け】ゲーミングPCの選び方は?

なるべく安く120fps以上の環境で楽しみたい方向け

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S
  • CPU:Ryzen 5 3500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ 格安でも高性能! /
144,980 円(税込)

ロースペックながら、中品質HD画質でも140fp越えを狙える性能を持ったPC構成になっています。

低品質まで設定を落とせば200fpsは固い性能ですが『Borderlands 3』のような強い個性を持つタイトルでは、画質を落とさず世界観を味わうのも楽しみ方の一つです。

「画質・フレームレート」のどちらも落とすことなく快適に遊べるミドルクラス以上のゲーミングPCが狙い目のスペックとなっているので参考にしてみてください。

144hz対応ゲーミングモニターがあれば最大144fpsで遊べるので、そちらも用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥29,727 (2022/05/19 20:33時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA RM5R-G60S』の詳細を見る

144fps張り付き・144fps以上を狙う方向け

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
239,980 円(税込)

上記のスペックは中品質HD画質でも180fpsを狙える性能になっています。

『Borderlands 3』の背景が激しく切り替わるシーンやエフェクトが同時に重なるシーンでも、中品質HD設定なら144fps張り付きでプレイできます。

このクラスならゲーム実況配信中でもfps値が大きく下がらないので、ゲーム実況をできるゲーミングPCが欲しい方にもおすすめです。

ディスプレイもゲーミングPCの性能に合わせ、144hz対応ゲーミングモニターを用意すると良いでしょう。

ベンキュージャパン
¥29,727 (2022/05/19 20:33時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

200fps・4K画質の最上位環境を目指す方へ

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
369,980 円(税込)

上記のモデルは高品質HD画質で200fpsを超えるフレームレートを叩き出すことができるモンスター級のゲーミングPCになります。

RTX3080クラスのグラボなら高品質4K画質で90fpsまで狙うことができ、マシンに負荷が掛かってもフレームレート最低基準の60fps付近を維持することができます。

購入してしまえば数年間、買い換える必要がなくなるためコストパフォーマンスは最も高いモデルになっています。

ミドルクラスでオススメしたモデルよりもワンランク高い、240hz対応モニターを合わせて用意すると良いでしょう。

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R38』の詳細を見る

ボーダーランズ3をノートパソコンで144fpsプレイ可能

GALLERIA XL7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:144Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約5.0 時間
\144Hzディスプレイ採用! /
159,980 円(税込)

ノートゲーミングPCを求める方には上記のモデルをおすすめします。

特徴は144hz対応ディスプレイ標準装備で、ゲームに最適化されたモデルのため「CPU・GPU」のバランス性能が高い水準でまとめられているところです。

144fpsでのプレイはもちろん、このゲーミングノートPCの性能があればゲーム実況・動画編集が可能なので、マルチな遊び方を目指す方へもおすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36』の詳細を見る

『ボーダーランズ3』をPC版で遊ぶメリット・家庭版との違い

「PS5版Xbox Series X版」フレームレート検証動画
  • ロード時間が爆速
  • クロスプレイ対応ハードが多い
  • 高fpsで遊べる環境を構築できる
  • マウス&キーボード操作が快適

『Borderlands 3』には現在、「Xbox One・Xbox Series X|S・Mac・Stadia(日本での対応未定)・PC」のプラットフォームが用意されています。

プラットフォーム別に「拡張性・クロスプレイ・性能」の要素を比較していくと、プレイ環境はPC版がダントツで快適です。

以下の項目では、家庭版と比較してPC版が快適な理由について解説していきます。

用途・スペック別に紹介! 

SSD搭載のゲーミングPCなら長いロード時間も快適

『Borderlands 3』の必要ストレージ容量は75GBとなっているため、起動するために読み込むデータ量は大きめです。

上記の参考動画を見れば明らかですが大規模なデータ量を必要とするタイトルでは、「HDD搭載のPS4」より「SSDを搭載したゲーミングPC」の方が読み込みが速いため快適です。

もちろんCPU性能・メモリ容量の面からも優位なので、さらにロード時間を短縮することができます。

「PS4/PS5」のクロスプレイアップデートも予定している

Borderlands公式ページ 引用

2021年6月に各プラットフォームでクロスプレイが解禁された『Borderlands 3』ですが、2022年4月に「今後「PS4/PS5版」も他のコンソールと遊べるようになる」と発表がありました(情報元)。

クロスプレイに対応すれば総ユーザー人口は多くなるため、マッチングに困ることなくマップを周回できる環境がさらに充実するでしょう。

PS4の『Borderlands 3/ボーダーランズ3』はProですら動作が重い

「PS4Pro・XboxOne X」検証動画 PS4Pro 10:00~ 動作が軽い設定 PS4Pro 11:30 画質重視設定

PS4proの動作環境を検証した動画を見てみると、動作が軽いパフォーマンスモードでもフレームレートが10fpsほど上下していて不安定なことが分かります。

パフォーマンスモード:48~60fps
レゾリューションモード:23~30fps

画質重視のレゾリューションモードでは最小で23fpsまでフレームレートが落ち込んでおり、安定したプレイ環境ではないということが分かりました。

ちなみにPS5版のパフォーマンスモードは120fpsを狙える機能ですが、画質を大きく下げることになるため快適なプレイ環境とは言えないでしょう。

また「アップグレードしたPS5版」をPS4で遊んだプレイヤーからは、エラー落ちやトロフィー解除不能の不具合が報告されているため注意が必要です。

用途・スペック別に紹介! 

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

『ボーダーランズ3』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 144fpsで遊びたいならミドルクラス以上
  • クロスプレイ対応ハードには注意
  • 「PS4/PS5版」よりも「PC版」が快適
144fpsを基準に
選びましょう!

『Borderlands 3』は自分の求めるプレイスタイルに合わせたゲーミングPCを選べるタイトルです。

ですが、初めて買う方には予算と性能のバランスが取れているミドルクラスを最もおすすめします。

今やPCタイトルのシューターゲームは144fpsで遊ぶことが基本になっており、PS5ですら120fps上限です。

ボーダーランズシリーズはPvEが基本なので『Apex Legends』などの対人ゲームほどの影響は無いものの、恩恵は明らかです。

もちろん対人戦のFPS・TPSゲームを遊ぶ予定なら、なおさらミドルクラスでの144fps環境を目指すべきでしょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

用途・スペック別に紹介! 

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる