『Civilization6(Civ6)』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC グラボなし・ノートPCでは遊べる?

Civilization6の推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • Civilization6の推奨スペックとは
  • ノートパソコン・低価格PCで遊べるのか
  • MOD導入に関してやMODによるスペックへの影響は?
昼夜忘れてのめり込んじゃうシリーズの最新作!

『Civilization6(シヴィライゼーション6)』は2016年に発売されたCivilizationシリーズの最新作です。

必要・推奨スペックは低めとなっており、エントリーモデルのゲーミングPCでもプレイ可能なほどです。

この記事では以下の内容を紹介していくので、気になる項目から参考にしてください。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・スペック別に紹介!

目次

Civilization6の推奨スペック・動作環境

マップが3Dで描写されるゲームではありますが、必要・推奨スペックは低めに設定されています。

グラフィックボードの搭載は必須となりますが、『Civilization6』おすすめ最安値ゲーミングPCに搭載されているグラフィックボードなら快適なプレイが可能です。

MODを導入して拡張したプレイを行う場合は、公式推奨スペックよりも余裕を持った高性能なスペックをおすすめしております。そのスペックや、MODに関しても下記にて記載しております。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core i3
メモリ4GB
GPUNVIDIA 450
steam公式から引用

CPU、GPUともに現在は流通すらしていない旧式のパーツが記載されています。

しかし、グラフィックボードも古いモデルとはいえ要求されていると分かります。

こちらのスペック通りのパソコンでは、最低設定でもコマ落ちなどが発生し、プレイが安定しないほど低スペックです。

推奨スペック・推奨動作環境

CPU第4世代以降の Intel Core i5
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 770
steam公式 から引用

推奨スペックもCPU、GPUは低めの要求スペックとなっています。

ただし、メモリが8GB必要となっているため、『Civilization6』はメモリへの負荷が大きいと考えられます。

現行のエントリーモデルのゲーミングPCならば推奨スペック以上のパーツが最初から搭載されています。

高画質でのプレイを目指す場合や、MODを導入してのプレイを行う場合はもっとスペックの良いマシンを用意したいところです。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i5-10400
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1660super

『Civilization6(シヴィライゼーション6)』を高画質かつ高解像度で快適にプレイを行いたい場合は上記のスペックを確保したいところです。

推奨スペックから更にメモリを増設することにより、ゲーム開始時などのロードが入るシーンでもロードを短縮することができます。

MODを導入してのプレイも対応可能なスペックを持っているため、導入を検討している方にもおすすめのスペックとなっています。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「GTX1660 Super」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA RM5R G60S」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

グラボのないパソコンでも遊べる?

不可能です。仮に動作したとしても処理落ちが凄まじく、ゲームプレイが困難です。

中古のゲーミングPCで安く済ませていい?

おすすめしません。中古ということは各パーツが摩耗しいつ故障してもおかしくない状況になっている可能性があります。

修理やパーツの交換となった場合新品のゲーミングPCを購入するのと変わりない、もしくはかえって高く付くこともあります。

『Civ6』はグラボなしのパソコンでもプレイは可能?

Civ6はグラボなしでは遊べない

『Civilization6』はオンボードの内蔵GPUではプレイは不可能です。

3Dでのマップやユニットの描写があるため、内蔵CPUではゲームの描画に耐えられません。

しかし必要とされているグラフィックボードの性能は高くないため、最新のグラボであればエントリークラスのお手頃な価格のものでも快適にプレイ可能となります。

なるべく安く『Civilization6』を遊べるゲーミングPCが欲しい方も紹介しているため、そちらを参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでも『CiVilization6』を快適に遊べる?

Civ6を遊べるおすすめゲーミングノートPC

ノートパソコンでも推奨スペックを満たしているゲーミングノートPCならばプレイ可能です。

しかし、グラフィックボードの搭載されていないオンボードのノートパソコンではプレイすることは不可能です。

当サイトでは『Civilization6』におすすめなゲーミングノートPCも紹介しているため、そちらを参考にしてください。

用途・スペック別に紹介!

Civilization6おすすめゲーミングPC

現役Civilization6プレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

なるべく安く『Civ6』を遊べるゲーミングPCが欲しい方向け

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
109,980 円(税込)

ゲーミングPCを買うのが初めてで、手頃な価格のPCを探しているという方にはこちらのゲーミングPCをおすすめします。

『Civilization6』は必要スペックは低めなため、このエントリーモデルのゲーミングPCに搭載されているGTX1650でも高画質でのプレイが可能です。

この程度のスペックでもUI変更MODのような便利MOD程度なら問題なく遊べるので、『Civ6』を遊ぶには十分なスペックがあります。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

ステップアップしたゲーミングPCが欲しい方へ

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S
  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • 500GB NVMe SSD
\ 格安でも高性能! /
129,980 円(税込)

コストとパフォーマンスのバランスに優れたゲーミングPCを求めている方にはこちらのゲーミングPCがおすすめです。

ミドルスペックのグラフィックボードでも人気の高いGTX1660Superが搭載されており、『Civilization6』をフルHD解像度の高画質で快適にプレイすることができます。

見えている範囲を広くするようなMODを入れても重たくならないので、MODをたくさん入れて遊びたい方におすすめです。

FPSなどの高フレームレートでプレイしたいゲームも満足にプレイできる性能をもっているため、FPS・TPSを遊ぶ予定のゲーマーにも向いています。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5R-G60S』の詳細を見る

高解像度プレイや他ジャンルのゲームを視野に入れたモデル

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
219,980 円(税込)

ゲーミングPCを用意するなら、性能に妥協せずハイスペックモデルを用意して、色々なゲームをしたいという方もいると思います。

『CiVilization6』をフルHD以上のWQHDや4Kでプレイでき、他のPCゲームに関しても負荷の大きいFPSゲームで144fpsを確保できる性能を持っています。

具体的には『Apex Legends』なら高画質で144fps張り付きを狙えるため、このスペックがあれば少なくとも5年は買い替えの心配がありません。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

ノートパソコンで『Civ6』を遊びたい方向け

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
209,980 円(税込)

気軽に持ち運べるパソコンでゲームをしたいといった方には、ゲーミングノートPCをおすすめします。

持ち運び可能なノートパソコンの良さを持ちつつ、グラフィックボードには高い性能を持つRTX3060が搭載されているおすすめのゲーミングノートPCとなります。

そのため、ノートPCながらミドルスペックのゲーミングPC以上のスペックを持っています。

『Civilization6』をいつでもどこでも遊べるのは勿論、負荷の大きいFPSゲームなども遊べる汎用性の高い高性能ゲーミングPCになります。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36H』の詳細を見る

『Civilization6』のおすすめMOD紹介

『Civilization6』はsteamワークショップによるMODの導入に対応しており、MODを導入すれば普通にプレイするのとはまた違ったゲームプレイの体験を行うことができます。

以下に幾つか代表的なMODを記載します。勿論記載以外にも様々なMODが公開されているため、他にも導入を検討する際はsteamワークショップを実際に閲覧し参考にしてください。

Steamワークショップついて解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてください。

関連記事 Steamワークショップの使い方・MODの導入方法まとめ

MOD管理用のMOD

MOD管理画面の画像
steamワークショップより引用

Enhanced Mod Manager

MODを管理するためのMODです。

MODの有効化・無効化を行え無効化したMODが左側、有効化したMODが右側に表示されるためどのMODが有効・無効なのかがひと目でわかるため管理が便利になります。

数多くのMODを導入する際は、管理しやすくするために先に導入するためにおすすめします。

UI整理系MOD

UI改善された画面の画像
steamワークショップより引用

CQUI – Community Quick User Interface
Concise UI Reloaded

どちらもUIを改善するAddonの詰め合わせのMODです。どちらか片方を導入しましょう。

どちらかを一つ導入するだけで幅広いUIが改善されるため、ゲーム画面で必要な情報が見やすくなります。

個別に導入する場合と違い、競合などを起こさないことが確認された詰め合わせのMODなのでMOD導入初心者にもおすすめとなります。

VOCALOID・VOICEROID文明追加MOD

steamワークショップより

Civilization “Miku and Friends” Leader “Hatsune Miku”
文明+リーダー「結月ゆかり」

指導者を追加するMODは数多くあります。そのうちの2つを紹介します。

VOCALOIDである初音ミクと、VOICEROIDである結月ゆかりを指導者にするMODになります。

見た目を変えるだけではなく、固有ユニットも専用のものが用意されているため大きくプレイ感を変えてくれるMODになります。

用途・スペック別に紹介!

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

『Civilization6』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • Civ6の推奨スペックは低め
  • グラフィックボードは必要
  • MODはワークショップ対応のため導入しやすく種類豊富
MODの導入も簡単です!

『Civilization6(シヴィライゼーション6)』の必要スペックは低いため、エントリーモデルモデルのゲーミングPCでも快適にプレイ可能です。

MODの導入を検討している場合は、推奨スペックより高いスペックを用意するようにしましょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

用途・スペック別に紹介!

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる