【最安】ゲーミングPCの各ショップセール情報まとめ

【DaD】課金情報まとめ クラスの解禁方法・スキンの購入方法・ブルーストーンの入手方法をまとめて紹介

Dark and Darker 課金

『Dark and Darker』正式版には課金要素があり、スキンやエモートをアンロックできます。

この記事では無料でクラスやスキンをアンロックする方法、課金してアンロックする方法を紹介していきます。

以下の記事で初心者向けのガイド・ジョブの日本語訳を紹介しているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 Dark and Darker ジョブまとめ

目次

レッドストーンのかけらで購入できる課金アイテムまとめ

『Dark and Darker』の課金要素は「レッドストーンのかけら」の購入のみです。

レッドストーンのかけらでしか入手できない要素は「レジェンダリーステータス」へのアップデートとアイテムスキンとエモートになります。

性能に関わるクラスの解禁・スキンの解禁については完全に無課金でも可能となっています。

レジェンダリーステータスへのアップグレード方法

レジェンダリー・ステータスで出来ること
  • ハイローラーダンジョンに入場可能
  • キャラクター作成枠増量
  • 取引市場や露天街へ入場可能
  • 共有倉庫が使用可能

レッドストーンを15個払うことでレジェンダリーステータスにアップグレードすることができます。

レジェンダリーステータスの恩恵はかなり大きいので、DaDをこれからやり込むという方はレジェンダリーステータスのアップグレードはほぼ必須クラスになるといっても過言ではありません。

スキンの交換方法・入手方法

スキンは商店から欲しいスキンを選び、画面下部の「購買」をクリックで購入できます。

ファウンダーエディションを購入済みのプレイヤーは最初から「スケルトン(キャラスキン)」「青いトーチ(アイテムスキン)」「ラインを維持せよ(エモート)」の3種類がアンロックされています。

スキンによってキャラクターの基礎能力が僅かに変更されるため、クラスに最適なスキンも存在します。

スキンによる能力補正一覧
  • オーク:敏速性-1、力+1
  • エルフ:敏速性+1、力-1
  • スケルトン、エリートスケルトン:防御等級-10、魔法抵抗力+10

ブルーストーンでしか入手できない「エリートスケルトン」があるため、レッドストーンの課金を考えているならエリートスケルトン用にブルーストーンを溜めましょう。

ブルーストーンのかけらはダンジョンの脱出で入手できる

  • ダンジョンの脱出で経験値が溜まっていき、経験値が最大になると1個貰える
  • 25経験値が溜まるとブルーストーンのかけらが1個貰える
  • ダンジョンの難易度によって貰える経験値が変わる(泣き叫ぶクリプトのノーマルだと1経験値)

ブルーストーンのかけらはゲームの購入時に5個貰えるだけでなく、ゲームを繰り返しプレイすると貰えます。

ダンジョンの脱出で経験値が溜まり、経験値が最大になるとかけらを1つ貰える仕組みです。

ブルーストーンでしか入手できない「エリートスケルトン」があるため、レッドストーンの課金を考えているならエリートスケルトン用にブルーストーンを溜めましょう。

レッドストーンのかけらの購入方法・1つあたりの価格

個数ドル日本円換算
かけら1個2ドル315円
かけら2個4ドル630円
かけら5個10ドル1,576円
かけら10個20ドル3,153円
かけら15個30ドル4,729円
1ドル157円換算で記載

レッドストーンのかけらはブルーストーンと効果は同じですが、レッドストーンでしか購入できない一部スタンプやエモートがあります。

どれを選んでも1つあたりの価格は変わらないため、必要な個数を購入しましょう。

『Dark and Darker』の課金要素・クラス&スキンのアンロック方法まとめ

ゲームを遊ぶ上で性能に関わってくるクラス・スキンの2つは完全無課金でも入手が可能です。

ですが、レジェンダリーステータスのアップグレードは課金が必須になるので、やり込む予定のある方は課金すると快適に遊ぶことができます。

以下の記事でDark and Darker初心者向けのガイド・おすすめゲーミングPCを紹介しているので、そちらも参考にしてください。

Dark and Darker攻略記事まとめ


始め方・購入方法

初心者向け攻略・クラスまとめ
Dark and Darker 画質設定
操作方法・おすすめ画質設定

トレードのやり方まとめ

ソロプレイの立ち回り解説

Dark and Darkerの推奨スペック・おすすめゲーミングPCはこちら!

Dark and Darker おすすめゲーミングPC
SNSシェア
目次