DMM版『ドルフィンウェーブ』の推奨スペック・おすすめパソコン グラボなしでも遊べる?スマホ版との違いは? 

ドルフィンウェーブ おすすめパソコン
以下の内容を解説しています!
  • 『ドルフィンウェーブ』の推奨スペック
  • PC版とスマホ版の違い
  • グラボのないPCで快適に遊べるかどうか
DMM版がリリースされています!

2022年10月20日に配信開始した『ドルフィンウェーブ』は、スマートフォンだけでなくPCでも遊べるゲームとなっています。

『閃乱カグラ』を作成したスタジオの新作であり、DMMの専用ランチャーからダウンロードして遊べます。

この記事では以下の内容を紹介しているので、パソコンで『ドルフィンウェーブ』を遊びたい方は参考にしてください。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

DMM版『ドルフィンウェーブ』の推奨スペック・動作環境

『ドルフィンウェーブ』は3Dキャラクターを動かすゲームのため、グラフィックボードのないPCだとプレイできません。

ゲーミングPCと比較すると要求スペックは低いため、グラフィックボードの搭載されたPCであれば安価なモデルでも快適にプレイ可能です。

つまりグラボなしのパソコンでは遊べませんが、現行のゲーミングPCならどのモデルでも遊べるという微妙なラインのスペックを要求しています。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

推奨スペック・推奨動作環境

CPUCore i3-6100
メモリ4GB
GPUGeForce GTX 750Ti
公式Twitterより引用

公式で発表されているPC版の推奨スペックは上記の通りです。

推奨スペックで遊ぶためには、グラフィックボードが必須と記載されています。

GTX750Tiは、2014年に発売された旧式のグラフィックボードのため、原稿最安値のGTX1650の場合でも大きく推奨スペックを越えられます

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

ドルフィンウェーブ おすすめスペック
CPUCore i7-12700
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1660Super

『ドルフィンウェーブ』を快適に遊びたいゲーマーの方にはこのスペック以上を推奨します。

最高画質でプレイできるのはもちろん、プレイしながら攻略情報をブラウザで調べたり、プレイ画面を録画するようなマルチタスクでも快適にプレイが可能です。

スマホ向けにリリースされているタイトルのPC版どころか、動作の軽いPCゲームなら常に最高画質で遊べるスペックがあります。

『ドルフィンウェーブ』をパソコンで遊ぶならAndroidエミュレーターとどっちが軽い?

DMM版公式のほうが動作は軽めです。

エミュレーター利用の場合はグラボのメモリ(VRAM)がかなり必要になるので、格安ゲーミングPCでは厳しいと言えます。

\ 用途・価格別に紹介! /

グラボなしのパソコンでも快適プレイは可能?

ドルフィンウェーブ グラボなし

『ドルフィンウェーブ』はグラフィックボードのないPCでは快適にプレイできません。

快適にプレイをするなら、グラフィックボードの搭載されたゲーミングPCが必要となります。

グラフィックボードは現行最安値の「GTX1650」でも推奨スペックを越えられるため、安価なゲーミングPCでも快適にプレイ可能です。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでも『ドルフィンウェーブ』を快適に遊べる?

ドルフィンウェーブ ノートパソコン

『ドルフィンウェーブ』は一般的なノートパソコンでは快適には遊べません。

ただしグラフィックボードの搭載されているゲーミングノートPCならば『ドルフィンウェーブ』を快適に遊べます。

スマホのように持ち運びが可能ながら、大きな画面で遊べるのはノートパソコンで遊ぶ大きなメリットとなります。

\ 用途・価格別に紹介! /

『ドルフィンウェーブ』おすすめパソコン・ゲーミングPC

現役『ドルフィンウェーブ』プレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

PC版で安く快適に遊ぶなら「GTX1660Super」

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S
  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • 500GB NVMe SSD
\ 格安でも高性能! /
129,980 円(税込)

『ドルフィンウェーブ』を推奨スペック以上の環境で快適に遊びたいなら、こちらのモデルをおすすめします。

推奨スペックを大きく越える性能のため、『ドルフィンウェーブ』がクラッシュせず、高画質かつ大画面でプレイが可能となります。

『ドルフィンウェーブ』を起動しながら、Webブラウザで攻略を見たり動画を見たりといったマルチタスクが可能なため、快適かつ効率的なプレイが可能です。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5R-G60S』の詳細を見る

せっかくゲーミングPCを購入するなら「RTX3060Ti」

GALLERIA RM5C-R36T

GALLERIA RM5C-R36T 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i5-11400
  • GPU:GeForce RTX 3060 Ti 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ 高コスパモデルの売れ筋! /
189,979 円(税込)

配信や録画を検討していたり、せっかくゲーミングPCを買うならば他のゲームも検討したい方にはこちらのモデルがおすすめです。

『ドルフィンウェーブ』を起動しつつ録画や配信、あるいは他ゲームの起動が可能なため、集中して遊ぶにもながら作業で遊ぶにも快適です。

BTOパソコンショップで販売されているゲーミングPCの中でも特にコスパが良いモデルなので、「ハイスペックな環境はいらないけど長持ちするPCが欲しい」という方にぴったりです。

負荷が大きいFPS・TPSゲームでも高fpsかつ快適にプレイ可能なスペックがあるため、色々なジャンルのPCゲームを体験できます。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5C-R36T』の詳細を見る

ノートパソコンで快適に遊ぶなら「RTX3050Ti」

GALLERIA RL7C-R35H

GALLERIA RL7C-R35H
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3050 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
164,980 円(税込)

ノートパソコンで遊ぶ場合は、このモデルのゲーミングノートパソコンがおすすめです。

こちらのモデルは『ドルフィンウェーブ』の推奨スペックを満たしているのはもちろん、起動しながらのマルチタスクも可能となっています。

「RTX3050Ti」は最新のPCタイトルも遊べるスペックがあるので、しばらく使っていけるモデルが欲しい方にぴったりです。

ノートパソコンはパーツの交換が難しいため、最初からハイスペックなモデルを用意するのは賢い選び方です。

>>公式サイトで『GALLERIA RL7C-R35H』の詳細を見る

『ドルフィンウェーブ』のPC版とスマホ版で違いはある?

  • ゲーム内容に差異はなし
  • PC版はスマホ版より画面サイズを大きくすることが可能
  • 攻略情報と同時に表示が可能

『ドルフィンウェーブ』は基本的にPC版(DMM版)とスマートフォン版に大きな差はありません。

しかし、PC版の場合はスマホより大画面でプレイ可能な上、アプリのクラッシュもスマートフォン版と比較して起こりづらくなっています。

また、攻略情報のサイトを開きながら並べてゲーム画面が見れる、プレイしながら横でYoutubeやTwitterを見て片手間で周回をするなど快適なプレイ環境を整えやすいです。

PC版とスマホ版でデータ連携が可能

『ドルフィンウェーブ』はPC版とスマホ版でデータ連携が可能です。

そのため、自宅でPC版を遊び、外出先ではスマートフォン版を遊ぶことが可能となっています。

データの連携は下記の通りにデータ登録と移行手続きを行えば簡単に連携が可能です。

リセマラはPC版とスマホ版のどっちが良い?

『ドルフィンウェーブ』公式サイトより引用
  • PC版はDMMアカウントに強制的に紐づけされるためリセマラは不可能
  • スマホ版は再インストールし直せばリセマラ可能
  • スマホ版でリセマラの後、データ連携でPC版にデータを連携するのがベスト

PC版でプレイする際には、DMMアカウントと連携されてしまうためリセマラを行えません。

『ドルフィンウェーブ』のリセマラが行えるのは、自動的に連携の行われないスマートフォン版のみとなります。

スマートフォン版でリセマラを行ったデータをPC版に連携は可能なため、スマホ版でリセマラを行ってからPC版に連携するのを推奨します。

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でBTOパソコンショップのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC セール

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは業界で最速の出荷速度があるので、「一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!」という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

『ドルフィンウェーブ』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 推奨スペックのプレイにはグラフィックボードが必要
  • ゲーミングPCであれば、快適にプレイ可能
  • PC版とスマホ版は連携可能
セクシーな女の子達のコーチとして頑張りましょう!

『ドルフィンウェーブ』の推奨スペックによると、低めとはいえグラフィックボードが必要となります。

現行のゲーミングPCであれば最安値のモデルでも快適に十分楽しめます。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる