Steam版『ジャッジアイズ・ロストジャッジメント』推奨スペック・おすすめゲーミングPC 家庭版との違いは?

ジャッジアイズ ロストジャッジメント おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • ジャッジアイズの推奨スペック・動作要件
  • ジャッジアイズのおすすめゲーミングPC
  • 遊べるスペックに関する質問
ついに配信です!

木村拓哉さん主演で描かれる「龍が如く」シリーズの外伝『JUDGE EYES:死神の遺言』『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶(2作目)』がSteamで配信されました。

権利の関係からPC版はないとも予想されていたタイトルですが、ついにPCでも遊べるようになりました。

この記事では推奨スペック・おすすめゲーミングPCを紹介するので、PCで遊びたい方は要チェックです。

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

Steam版ジャッジアイズ・ロストジャッジメントの価格と購入先は?

  • 両タイトルの発売日:2022年9月14日
  • ジャッジアイズの価格:2,980円
  • ロストジャッジメント:5,980円
  • 海藤正治の事件簿(ロストジャッジメントDLC):3,300円

『JUDGE EYES:死神の遺言』『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の2作とも、すでにSteamで配信されています。

DLCもすでに配信されており、ジャッジアイズシリーズの全てがPCで遊べるようになりました。

さらに2作品+DLCが含まれたバンドルでは24%オフで購入できるので、全シリーズを一気に遊びたい方はバンドルでの購入がおすすめです。

\ 用途・価格別に紹介! /

ジャッジアイズ・ロストジャッジメントの推奨スペック・動作環境

『JUDGE EYES:死神の遺言』『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』はどちらも同じ推奨スペックとなっています。

この項目で紹介している推奨スペックを満たせば両タイトルとも遊べるようになります。

ただし推奨スペックは現行のPCゲームでも比較的高く、PS5以上のスペックを要求している点に注意が必要です。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境(1080p・低画質・30fps)

CPUIntel Core i5-3470
メモリ8GB
GPUGTX 960
ロストジャッジメントSteam公式から引用

『ロストジャッジメント』の最低スペックは上記の通りとなっています。

最低動作の環境でもGTX 960を要求しており、高いスペックを要求するゲームだと分かります。

前提条件として低画質・30fpsが挙げられているので、このスペックでは家庭用版以下の環境でしか遊べません

推奨スペック・推奨動作環境(1080p・高画質・60fps)

CPUIntel Core i7-4790
メモリ8GB
GPUGeForce RTX 2060
ロストジャッジメントSteam公式から引用

『ロストジャッジメント』の推奨スペックは上記の通りとなっています。

推奨スペックではRTX 2060を要求しており、現行のグラボではRTX3050ですら推奨スペックに届きません

ミドルスペックからPS5以上の環境で遊べるスペックになるので、最安値でもミドルスペックを狙いましょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core i7-12700
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060Ti

PS5以上の環境で『ジャッジアイズ』『ロストジャッジメント』を遊ぶなら、ミドルスペックのゲーミングPCが必要です。

今後発売される『龍が如く7 外伝 名を消した男』『龍が如く8』もSteamでリリース予定なので、この程度のスペックがあれば将来性も安心です。

ほとんどのPCゲームを高画質で遊べるスペックがあるので、最新ゲームを遊びたい方も安心です。

安いゲーミングPCでも遊べる?予算は?

少なくとも18万円程度のモデルが必要になるため、安いゲーミングPCでは遊べないタイトルです。

安いゲーミングPCで遊ぶとカクカクになってしまうので、家庭用以下の環境になってしまいます。

ノートパソコンで遊ぶならどのクラスのグラボが必要?

遊ぶだけならRTX3060でも十分ですが、次回作を見据えるならRTX3060Ti・RTX3070・RTX3070Tiがおすすめです。

当記事ではRTX3070搭載のゲーミングノートPCを紹介しています。

\ 用途・価格別に紹介! /

ジャッジアイズ・ロストジャッジメントおすすめゲーミングPC

歴代如くプレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

次回作も見据えられる高コスパマシン「RTX3060Ti搭載モデル」

GALLERIA XA7C-R36T 第11世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36T 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 Ti 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ 高コスパ&長持ち! /
229,980 円(税込)
  • 最新ゲームも最高画質で遊べるスペック
  • 次回作『龍が如く7 外伝 名を消した男』『龍が如く8』も見据えたスペック
  • FPS・TPSゲームで144fpsプレイも可能

「RTX3060Ti」を搭載したゲーミングPCなら、常に最高画質かつ60fps張り付きでプレイできます

配信・動画編集も余裕のスペックがあり、配信中にもゲームの画質を損なわずに遊べるマシンパワーがあります。

もちろん如くシリーズ以外の最新ゲームも高画質で遊べるスペックがあるので、本格的にPCゲームを遊びたい方のスタートダッシュに最適なモデルです。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36T』の詳細を見る

4KでのプレイやMODを導入して遊ぶなら「RTX3080搭載モデル」

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
359,980 円(税込)
  • 少なくとも3年間は最新ゲームを最高画質で遊べる
  • スペックの必要なMODでもサクサク動作できる
  • 4KやVRゲームのような高級な遊びも快適

「RTX3080」を搭載したゲーミングPCなら、常に最高画質かつ60fps張り付きかつ、MODを導入した上でもプレイできます

配信・動画編集も余裕のスペックがあり、このモデルはCPUにi9を搭載しているので3Dモデルを使ったVtuberなどの複雑な配信でもゲームの画質を損ないません。

4Kに対応したタイトルでも余裕で遊べるスペックがあるので、このゲーミングPCさえあればPCゲームをくまなく遊べます。

4Kで遊ぶ場合は別途4Kモニターが必要になるので、予算に余裕がある方は用意しておきましょう。

ASUS
¥76,300 (2022/09/14 23:35時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R38』の詳細を見る

ノートパソコンでジャッジアイズ・如く最新作を遊ぶなら「RTX3070」

GALLERIA UL7C-R37

GALLERIA UL7C-R37
  • ディスプレイ:240Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
  • 重量:約1.96kg
  • バッテリー持続時間:約8.8 時間
\ ノートでもハイスペ! /
269,980 円(税込)
  • 最新ゲームを高画質で遊べる
  • 次回作『龍が如く7 外伝 名を消した男』『龍が如く8』も見据えたスペック
  • 240Hzモニター搭載でFPS・TPSゲームにも最適

「RTX3070」を搭載したゲーミングノートPCなら、常に最高画質かつ60fps張り付きでプレイできます

ノートパソコンはデスクトップPCと比較するとスペックが下がりますが、RTX3070搭載モデルなら安心です。

ゲーミングノートPCはパーツの交換が難しいため、最初からこの程度のスペックを用意しておくと将来性もあります。

ディスプレイには240Hzモニターを採用しているので、fpsの上限突破MODや、FPS・TPSゲームにおいて効果を発揮してくれます。

>>公式サイトで『GALLERIA UL7C-R37』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

Steam版ジャッジアイズ・ロストジャッジメントの推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 推奨スペックはかなり高い
  • ミドルスペックからがおすすめ
  • 次回作もSteamで発売予定
次回作、次次回作も見据えましょう

『JUDGE EYES:死神の遺言』『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の推奨スペックはミドルスペック以上のモデルが必要になります。

次回作の『龍が如く7 外伝 名を消した男』、次次回作の『龍が如く8』も控えているのでスペックには妥協しない方が良いでしょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる