PC版『マーベルスナップ』の推奨スペックは?普通のパソコンでも遊べる? おすすめパソコンと必要な容量も紹介!

マーベルスナップ 推奨スペック
以下の内容を解説しています!
  • 推奨スペック・最低動作環境
  • ダウンロード先と必要な容量
  • おすすめゲーミングPC
スマホでもPCでも遊べます!

『マーベルスナップ』はハースストーンのゲームデザイナー「ベン・ブロード」氏らのチームが開発したということでDCGゲーマーの間で話題になっています。

スマホでも遊べるタイトルですが、操作性や攻略情報のながら見を重視するならパソコン版がおすすめです。

この記事ではPC版(Steam)で遊ぶためのスペックについて、おすすめのスペックを持つパソコンを紹介していきます。

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

PC版『マーベルスナップ』のダウンロード方法・必要な容量

  • 価格:基本無料
  • 容量:2.1GB
  • ダウンロード先:Steam

PC版『マーベルスナップ』はSteamにて配信されており、基本無料でプレイできます。

デジタルカードゲームではありますが、課金に関する要素は育成の促進とカードスキンに関わる部分のみです。

カードはプレイを重ねると入手できるため、リセマラなどの手間もありません

\ 用途・価格別に紹介! /

PC版『マーベルスナップ』の推奨スペック・動作環境

Steam公式ページから引用

PC版『マーベルスナップ』の推奨スペックは非常に低く、現行最安値のグラボでも遊べます

それどころかCore i5、Core i7の直近3世代のモデルなら画質を少し調整してあげるだけでも遊べるようになります。

この項目では公式で公開されている推奨スペックと、ゲーマーにおすすめするスペックを紹介していきます。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core i5-650
メモリ4GB
GPUGeForce GTX 650
Steam公式ページから引用

Steam版の最低スペック・最低動作環境は上記の通りです。

現行のパソコンでは手に入りすらしないスペックであり、そもそもCPUの性能がWindows11準拠ですらありません。

最新のPC事情ではあまり参考にならないスペックなので、次で解説する推奨スペック以上のパワーが必要です。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i5-2300
メモリ4GB
GPUGeForce GTX 660
Steam公式ページから引用

Steam版の推奨スペック・推奨動作環境は上記の通りです。

「GTX 660」はintel製の11世代CPUに搭載されている「UHD750」よりほんの少しだけスペックが高い程度です。

つまり多少画質を落とせば内蔵GPUだけでも遊べるタイトルだと分かります。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core i5-10500
メモリ16GB
GPUGeForce GTX 1650

上記のスペックは現行のゲーミングPCとしては最安値のモデルと同等です。

内蔵GPUだけではマルチタスク性能に不安があるため、グラフィックボードが必要になります。

上記のスペックでもデジタルカードゲームなら十分のスペックがあるので、PCでDCGを遊びたい方におすすめのスペックです。

安いゲーミングPCでも快適に遊べる?

十分快適に遊べます。

現行最安値の「GTX1650」でも快適に遊べるので、必要なスペックは非常に低いタイトルです。

グラボなしPCでも快適に遊べる?

快適には難しいですが、『マーベルスナップ』には画質設定機能があるので、画質を下げれば遊べます。

ただしCore i5の直近3世代のスペックが必要なので、古い型番では快適に遊べません。

ノートパソコンでも快適に遊べる?

GTX960以降に発売されたグラフィックボードを搭載していれば快適に遊べます。

オンボード(グラボなし)の場合、Core-i7の直近3世代があれば安心です。

\ 用途・価格別に紹介! /

PC版『マーベルスナップ』おすすめゲーミングPC

ハースストーン・遊戯王MDなどのDCGを遊んできた筆者が厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

最安値のゲーミングPCでも快適プレイ「GTX1650搭載PC」

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
134,979 円(税込)
  • デジタルカードゲームジャンルなら安心のスペック
  • Steamのインディーゲームを遊ぶなら十分
  • 最新ゲームにはスペック不足
  • 配信・動画編集にはややスペック不足

現行の最安値のグラボ「GTX1650」を搭載したゲーミングPCでも、マーベルスナップには十分なスペックです。

最高画質かつ60fps設定でプレイできるのはもちろん、WEBブラウザで攻略情報をチェックしながらのプレイでもゲームに影響はありません。

現在PCで遊べるデジタルカードゲームジャンルのタイトルなら全て最高の環境で遊べるので、スマホの操作性や不便さに不満がある方には特におすすめです。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

少しスペックにこだわれば配信も可能「RTX3060搭載PC」

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\RTX3060ならこちら!/
224,980 円(税込)
  • 配信・動画編集にも安心のスペック
  • 最新のPCゲームも遊べるようになる
  • FPS・TPSジャンルを高fpsで遊べるようになる
  • デジタルカードゲームジャンルにはオーバースペック

「RTX3060」を搭載したゲーミングPCなら、配信の際にも安心のスペックがあります。

配信中でもゲーム側のスペックを損なうことが無いので、少し凝った画面配置にしても影響はありません。

最新ゲームを遊べるスペックがあるため、本格的にPCゲームを遊びたい方には特におすすめです。

デジタルカードゲームを遊ぶだけでは少しオーバースペックですが、長持ちするゲーミングPCが欲しいという場合にもおすすめのモデルです。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

ノートパソコンでマーベルスナップを遊ぶなら

GALLERIA RL5C-G50

GALLERIA RL5C-G50
  • ディスプレイ:120Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i5-11400H
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.0kg
  • バッテリー持続時間:約5.3 時間
\ 格安モデルの決定版! /
122,980 円(税込)
  • デジタルカードゲームジャンルなら安心のスペック
  • Steamのインディーゲームを遊ぶなら十分
  • 最新ゲームにはスペック不足
  • 配信・動画編集にはややスペック不足

ノートパソコンでも「GTX1650」を搭載したゲーミングノートPCなら、マーベルスナップを快適に遊べます。

デスクトップPCと比較してスペックが劣るノートパソコンの場合、オンボードでは快適に遊べないのでグラボは必要になります。

最安値のモデルではありますが、インディーゲームやデジタルカードゲームを遊ぶには十分なスペックがあります。

ただしこのスペックでは画質にこだわった最新ゲームを遊べないため、別ジャンルも遊ぶなら高いスペックを持つモデルも検討してみましょう。

>>公式サイトで『GALLERIA RL5C-G50』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でBTOパソコンショップのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC セール

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは業界で最速の出荷速度があるので、「一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!」という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

マーベルスナップの推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 最新CPUならグラボなしでも遊べる
  • グラボがあればマルチタスクや配信で安心
  • スマホよりも圧倒的に操作がしやすい
できればグラボを用意しましょう!

\ 用途・価格別に紹介! /

『マーベルスナップ』はグラボなしでも遊べますが、少し画質を下げてあげる必要があります。

グラフィックボードがあれば快適に遊べるので、これを期にデジタルカードゲームはパソコンで遊ぶのも良いでしょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる