Steam版『スパロボ30』の推奨推奨スペック・おすすめゲーミングPC 家庭版との違いを紹介!

スパロボ30の推奨推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • PC版『スパロボ30』の推奨スペック
  • PS4・SwitchとPCの違い
  • MODはあるかについて
高スペックPCは
必要ありません!

スパロボ30』はスーパーロボット大戦シリーズの30周年記念作品です。主人公機があの「ヒュッケバイン」だったことに驚いた方もいるでしょう。

PS4、Switch、Steamでリリースされていますが、実は全機種で「ゲーム内容」に違いはありません。

ただしPC版ならではの利便性はあるので、この記事ではスパロボ30のPC版と家庭版との違いを解説していきます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\スペック・用途別に紹介!/

目次

スパロボ30の推奨スペック・動作環境

『スパロボ30』は家庭用ゲーム機の中では性能が低いSwitchでもリリースされているので、動作が非常に軽いです。

グラフィック重視のRPGではありませんし、FPSのような競技性の高いゲームでもないため、高スペックPCを用意する必要はありません。

解像度もフルHDが最大なので、ロースペックのゲーミングPCでも快適に遊べます。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core 2 Duo E6750
AMD Athlon 64 X2 6400+
メモリ4GB RAM
GPUNvidia GeForce GT320
AMD Radeon HD6670
Steamから引用

公式の必須スペックになります。このCore2 Duo E6750は2007年に発売されたCPUです。

現在主流のCoreiシリーズの前身にあたるCPUですが、現在においては化石スペックと言わざるを得ません。

今更こんな性能のPCを見つけ出す方が困難なので、PS4やSwitchで遊んだ方が間違いなく快適です。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core 2 Quad Q9400
AMD Phenom II X3 720
メモリ4GB RAM
GPUNvidia GeForce 9800GTX
AMD Radeon HD4870
Steamから引用

こちらは推奨スペックになります。Core2 Quad Q9400は2008年のCPUなので、やはり古いモデルです。

GeForce 9800GTXは2008年のハイエンドグラボですが、現在のロースペック「GTX1650」の方が性能は上になっています。

スパロボ30ならロースペックモデルを選んでも余裕を持って遊べるでしょう。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Core i5 10400
AMD Ryzen 5 3600X
メモリ16GB RAM
GPUNvidia GeForce GTX1650
AMD Radeon RX5500XT

PCゲーマーが厳選したスパロボ30を快適に遊べるスペックはこちらです。

スパロボ30を遊ぶだけならオーバースペックですが、現在のゲーミングPCとしては最低限の性能でしょう。

またWindows10のメモリ容量は16GBあると、ゲーム以外の用途でもPCがスムーズに動作します。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「GTX1650」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「Magnate MH」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

グラボがなくても遊べる?

可能性はありますが、おすすめしません。

公式が発表している推奨スペックのグラボ「9800GTX」よりも、intelのCPU「Core i5 11500」以降のモデルに搭載されている「UHD750」の方が性能は上です。

しかしあくまで最近のミドルクラスCPU以上での話なので、全てのグラボなしパソコンで動く保証はありません。

中古のゲーミングPCでも大丈夫?

スペックを満たしていれば遊べはします。

軽いゲームですので中古でも性能を満たすのは難しくないでしょう。

ただ中古PCはどのように使われたか分かりません。

前オーナーが酷使していたかもしれませんし、劣化は確実にあります。

不具合が起こっても自分で解決しなければいけないので、おすすめはできません。

関連記事 ゲーミングPCを中古で買うべきではない理由

安いゲーミングPCでもスパロボ30の快適プレイは可能?

スパロボ30を遊べるゲーミングPCのスペックは?

グラボの中ではロースペックモデルであるGTX1650でも、問題なく遊べます。

スペロボ30は4Kに対応したり、フレームレートの解放がされていないので、他のPCゲームよりも必要スペックが低めです。

ただスパロボ30だけを遊ぶためだけにゲーミングPCを用意するよりは、Steamで遊べる他のゲームも視野に入れた方がいいでしょう。

当サイトではスパロボ30を快適に遊べる最安価ゲーミングPCも紹介していますのでそちらを参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでもスパロボ30を快適に遊べる?

スパロボ30を遊べるノートパソコンは?

古いメーカー製ノートパソコンでは難しいですが、ゲーミングノートPCであればスパロボ30を問題なく遊べます。

必要なスペックがかなり低いので、ロースペックのグラボが搭載されているモデルでも大丈夫でしょう。

当サイトではスパロボ30を遊べるゲーミングノートPCも紹介しているので、そちらを参考にしてください。

\スペック・用途別に紹介!/

スパロボ30のSteam版ならではの要素・違いは?

  • ゲーム内容に大きな違いはない
  • Steamセールでの割引のような恩恵はある
  • PS5を手に入れていない人におすすめ
  • BGMエディット機能がSwitch版にはない
  • クロスセーブには未対応

スパロボ30は、どの機種でもゲーム内容の違いはほとんどありません。

Steamでは定期的に大規模なセールを行っているので、安く入手できる可能性はあります。

あとはBGMエディット機能に使う、MP3音源の保存がしやすいくらいでしょう。

Steam版スパロボ30には体験版がない

スパロボ30体験版の画像
出典:スパロボ30公式

Steam版スパロボ30には体験版がありません。

PS4とSwitchの体験版には資金や強化パーツをもらえる特典がありますが、Steam版だと特典は無償配布されています。

Steam版だけ特典をもらえずに損をしたりはしないので、安心していいです。

解像度はほぼ統一されている

スパロボ30
出典:スパロボ30公式

スパロボ30の解像度はPS4、Switch、PCの全機種でフルHD(1920×1080)になっています。

例外として、Switchの携帯モードのみHD(1280×720)です。

戦闘演出を堪能するなら、アプコンの付いている4Kテレビで遊ぶのもいいでしょう。

ただゲームでテレビのアプコン機能を使うと、遅延が発生するのでレスポンスを優先するならモニターの方が快適です。

BGMエディット機能はSteam版とPS4版のみ

過去のシリーズにもありましたが、スパロボ30でもBGMエディット機能が健在です。

自前のMP3音源をBGMと置き換える機能なので、各アニメの歌など未収録曲を用意すれば流せるようにできます。

この機能はSwitch版には採用されていないので、使えるのはPS4版とSteam版だけです。

ただ全てのMP3ファイルが使えるわけではありません。

スクロールできます
対応サンプリング周波数32000Hz/44100Hz/48000Hz
対応コーデックMPE1Layer
対応ビットレート96kbps/112kbps/128kbps/160kbps/192kbps/224kbps/256kbp/320kbps
スパロボ30 Q&Aより引用

上記の条件を満たしていないMP3音源ではBGMエディットで使用はできないので注意してください。

PCならネットで購入したり、CDから落としたMP3ファイルを管理しやすいので、Steam版が扱いやすいでしょう。

以下にBGMエディットの導入手順を書いておきます。

  1. スパロボ30のインストールフォルダ下の「SPWMUSIC」フォルダを開く
  2. SPWMUSICフォルダにBGMにしたいMP3ファイルを入れる
  3. ゲーム内のシステムメニューを開く
  4. システムメニュー2内のBGM置換を選ぶ
  5. ゲーム内の曲リストから置き換えたい曲を選択する
  6. クイックコマンド(PS4では□)ボタンを押すとMP3ファイルが所有BGMになる

\スペック・用途別に紹介!/

Steam版スパロボ30にMODは導入できる?データの改造は?

残念ながらスパロボ30にMODはありません。

スーパーロボット大戦Fを改造している動画は見かけますが、Steamで販売されているスパロボシリーズのMODは見つかりませんでした。

ただエディターを使ってセーブデータを改造し、資金やPPなどをMAXにするチートコードはあります。

問題は一周目からチートを使ってしまうとゲームのバランスを崩すため、本来の面白さを損なってしまうところです。

なおかつフラグ管理されているスパロボのゲーム性を大きく損ない、機体解禁の条件を達成できない可能性があります。

基本的にチートの使用は推奨しません。改造するならクリア後の周回プレイでした方がいいでしょう。

もしチートを行う場合は、ゲームが壊れる可能性もあるので全て自己責任で行ってください。

\スペック・用途別に紹介!/

スパロボ30のおすすめゲーミングPC

歴代スパロボプレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

なるべく安くPC版のスパロボ30を遊びたい方向け

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
109,980 円(税込)

現在のグラボにおけるロースペックモデルを搭載したゲーミングPCです。

最新のAAAタイトルや、重量級ゲームを快適にプレイするには設定を落とさなければいけませんが、スパロボ30なら余裕で遊べます。

ゲーミングPCとしては最安価なモデルなので、スパロボ30を始めとした軽量級ゲームをメインに遊びたい方におすすめします。

ただしFPS・TPSゲームを高fpsで遊ぶには物足りないので、

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

スパロボ30以外にもPCゲームを遊びたい方向け

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S
  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • 500GB NVMe SSD
\ 格安でも高性能! /
129,980 円(税込)

こちらのゲーミングPCはミドルクラスの入り口となるスペックを持っているため、スパロボ30だけを遊ぶならオーバースペックでしょう。

例えば、『デモンエクスマキナ』ならフルHDで200fpsで遊べて『ガンダムエボリューション』なら設定を落とせば120fpsを狙えます。

スパロボ30だけではなく、Steamのゲームをコスパよく遊びたいという方にうってつけのモデルです。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5R-G60S』の詳細を見る

ノートパソコンでスパロボ30を遊ぶなら

GALLERIA RL5C-G50

GALLERIA RL5C-G50
  • ディスプレイ:120Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i5-11400H
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.0kg
  • バッテリー持続時間:約5.3 時間
\ 格安モデルの決定版! /
115,980 円(税込)

こちらはゲーミングノートPCの中では最安値のモデルです。

ノートパソコンは描画が重いゲームを遊ぶのにあまり向いていませんが、スパロボ30のような軽いゲームなら余裕です。

持ち運びができるので、楽な姿勢・好きな場所でスパロボ30を遊べます。

HDMI2.1端子が搭載されているので、ディスプレイのサイズに不満が物足りなくなったら大画面モニターでも楽しめるでしょう。

>>公式サイトで『GALLERIA RL5C-G50』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

スパロボ30の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • スパロボ30はすごく軽いゲーム
  • BGMエディットはPC版が管理しやすい
  • チートはできるが自己責任
ロースペックで
十分遊べます!

『スパロボ30』は軽いゲームなので、現在のゲーミングPCであればロースペックでも快適に遊べます。

PS4やSwitchとゲーム内容に差はありませんが、BGMエディット機能に使うMP3音源の管理はPC版の方がしやすいでしょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\スペック・用途別に紹介!/

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる