Steam版『太閤立志伝5 DX』の推奨スペック・おすすめのゲーミングPC 新要素の追加やPC版ならではの要素は?

太閤立志伝5DXの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • 太閤立志伝5 DXの公式推奨スペック
  • 低価格のゲーミングPCでもプレイ可能かどうか
  • 『太閤立志伝5 DX』での新要素やPC版ならではの要素
ファンに待ち望まれた名作の復活です!

2004年に発売された「太閤立志伝5」のHDリマスター『太閤立志伝5 DX』がSteamにて販売されています。

ずっと待ち望んでいたファンから、名前だけは聞いたことあるけどプレイの経験はない人、今回始めて知った人まで様々だと思います。

この記事では以下の内容について解説しているので、気になる項目をチェックしましょう。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

Steam版『太閤立志伝5 DX』の推奨スペック・動作環境

『太閤立志伝5 DX』は2004年のゲームのHDリマスターということもあり、必要スペックはかなり低めとなっています。

そのためプレイするための敷居は低いゲームとなっております。この項目では公式推奨スペックや、ゲーマー向けおすすめスペックを紹介します。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

NVIDIA公式サイトより引用

fpsは「Frames Per Second」の略であり、1秒に何回のフレーム(画面)を出力できるか?という意味です。

ゲームにおけるフレームレートとは「画面の滑らかさ」を意味しているため、fpsが高ければ高いほどゲームが快適になります。

パラパラ漫画で例えると1秒間にめくる漫画の枚数が多い状態が「fpsが高い」状態であり、漫画の枚数が少ない状態が「fpsが低い」状態です。

上記の画像のとおり、壁から敵が出てくるようなシーンでは明らかに高fpsが有利ということがわかります。

関連記事 フレームレート(fps値)とは?

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i3-4170
メモリ4GB
GPUNVIDIA GeForce GT430
steam公式から引用

現在、『太閤立志伝5 DX』は推奨スペックのみを掲載されています。

要求スペックはとても低く、グラフィックボードはGT430の他にも内蔵の「Intel HD Graphics 4400」でも推奨スペックを満たすことができます。

そのためオンボードPCでもプレイすることが可能となっています。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i5-10500
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3050

ゲーマー向けにおすすめのスペックは上記の通りになります。

『太閤立志伝5 DX』は勿論のこと、他のPCゲームもプレイすることを見越したスペックとなっています。

特に、Webサイトで攻略を調べたりしながらのプレイも想定して、メモリは多めに確保してあります。

グラフィックボードの無いPC(オンボード)で遊べる?

可能です。

CPUが「Intel HD Graphics 4400」以上の内蔵グラフィックを採用しているかどうかを事前に確認しましょう。

「Intel HD Graphics 4400」はCore i3 4170などの第4世代に搭載されています。

中古のゲーミングPCで安く済ませていい?

おすすめしません。中古ということは各パーツが摩耗しいつ故障してもおかしくない状況になっている可能性があります。

修理やパーツの交換となった場合新品のゲーミングPCを購入するのと変わりない、もしくはかえって高く付くこともあります。

\ 用途・価格別に紹介! /

安いゲーミングPCでも『太閤立志伝5』の快適プレイは可能?

太閤立志伝5DXを遊べるスペック

『太閤立志伝5 DX』は必要スペックが非常に低いため、オンボードでもプレイ可能となっています。

しかし、配信や録画などを行う場合や、攻略などをゲームを起動したまま調べるなど、ゲームと同時並行で何かを行いたい場合はゲーミングPCを用意したいです。

最安値のゲーミングPCでも十分に楽しめるタイトルなので、10万円程度の予算があれば十分です。

太閤立志伝5 DXにおすすめな最安ゲーミングPCも紹介しているので、そちらも参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでも『太閤立志伝5』を快適に遊べる?

太閤立志伝5DXをノートパソコンで遊ぶには

ノートパソコンでも『太閤立志伝5 DX』はスペックを満たしていればプレイ可能です。

ただし一般的な低価格ビジネス用ノートPCでは難しいので、ゲーミング用のノートパソコンならば盤石の布陣でプレイが可能です。

ゲーミングノートPCはグラボの交換が困難なため、他のゲームを遊ぶことを見越して最初からミドルスペックが狙い目です。

当記事では太閤立志伝5 DXにおすすめなゲーミングノートPCを紹介しているので、そちらも参考にしてください。

\ 用途・価格別に紹介! /

Steam版『太閤立志伝5 DX』おすすめゲーミングPC

現役太閤立志伝5プレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

なるべく安く太閤立志伝5 DXを遊びたい方向け

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
114,980 円(税込)

ゲーミングPCを購入することを検討しているが、なるべく予算を抑えたいという方にはこちらのゲーミングPCをおすすめします。

エントリーモデルのグラボであるGTX1650が搭載されており、『太閤立志伝5 DX』の推奨スペックを超えているため快適なプレイが可能です。

『太閤立志伝5 DX』なら最高設定で快適にプレイすることができ、非アクション系のゲームならスペックに不満が出ることはありません。

Steamで遊べる動作の軽いゲームでれば全くストレスを感じないので、ライトめにゲームを遊びたい方にぴったりです。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

色んなゲームを遊びつつ予算は抑えたい方向け

GALLERIA RM5C-R35

GALLERIA RM5C-R35
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce RTX 3050 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ RTX3050ならこのモデル! /
169,980 円(税込)

こちらのモデルもエントリーモデルのマシンですが、エントリーモデルのグラフィックボードの中でも高性能な「RTX3050」が搭載されたモデルになります。

『太閤立志伝5 DX』は勿論のこと、最新のPCゲームも幅広く遊べるスペックがあります。

ゲーミングPCを買うのが初めてという場合は、エントリーモデルの中でも高めのスペックのものを買っておくことにより、その後もっとスペックがあればよかったという状況に陥りづらくなります。

FPS・TPS用のゲームも高fps値で遊べるようになるため、色んなジャンルのゲームに手を出しつつも予算を抑えたい方にはとくにおすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5C-R35』の詳細を見る

最もコスパの良い構成で最新ゲームも快適

GALLERIA RM7C-R36T 第12世代Core搭載

GALLERIA RM7C-R36T 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700F
  • GPU:GeForce RTX 3060 Ti 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ 高コスパ&長持ち! /
204,980 円(税込)

最新ゲームもガンガンプレイしていきたいと考えているのならば、こちらのゲーミングPCをおすすめします。

BTOパソコンショップのドスパラでリリースしているゲーミングPCの中でもコスパに特化したモデルであり、価格に対する性能が最もお得と言えるゲーミングPCです。

この性能ならば『太閤立志伝5 DX』はもとより、現行のゲームすべてを最高画質でプレイ可能なため、コストパフォーマンスの高いゲーミングPCとなっています。

全く別ジャンルのFPS・TPSゲームでは144~240fpsで遊べるほどのパワーがあるため、色んなジャンルのゲームを遊ぶ予定の方におすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA RM7C-R36T』の詳細を見る

ノートパソコンで太閤立志伝5 DXを遊ぶなら

GALLERIA RL7C-R35H

GALLERIA RL7C-R35H
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3050 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
174,980 円(税込)

持ち運び可能なノートパソコンの良さを持ちつつ、グラフィックボードにはエントリーモデルとして高い性能を持つRTX3050が搭載されているおすすめのゲーミングノートPCとなります。

『太閤立志伝5 DX』は長時間のんびりとプレイするゲームジャンルのため、持ち運びが可能でどこでもプレイできるノートパソコンとの相性はいいゲームとなっています。

スペックに関しても推奨スペックを軽々超えているため、シミュレーション系ゲームではMODを入れても快適に遊べるほどのマシンパワーがあります。

>>公式サイトで『GALLERIA RL7C-R35H』の詳細を見る

Steam版『太閤立志伝5 DX』とオリジナル版の違いは?PCならではの要素は?

公式サイトよりエンディング紹介画像
公式サイトより引用

『太閤立志伝5 DX』はHDリマスターの際にいくつもの新要素が追加されています。

主な追加要素としては以下の要素があります。

  • 新武将などキャラクター100名追加
  • 新シナリオの追加
  • 新イベント20種以上追加
  • 新エンディング5種追加
  • 主人公武将作成パーツ7点追加
  • 新スキル21種追加
  • 新アイテム5種追加
  • 自動セーブやエンディングリスト
  • イベント編集機能の実装(PC版のみ)

その中から詳細を幾つかピックアップして紹介させていただきます。

新キャラクター100名追加、総勢960名のプレイアブル

新規実装キャラクターの一部抜粋画像
公式サイトより引用

これまでも登場キャラクターの多いゲームではありましたが、新たに100名追加されました。

過去作にて人手の少ない地方の人員が特に増加しており、キャラクターによっては固有のイベントもきちんとあるため、地方でのプレイだからイベントもキャラクターも少ないといった事態は減っています。

新イベント20種以上追加、全630以上収録

新規イベントのワンシーン
公式サイトより引用

新たなイベントも追加されており、羽柴秀吉にまつわる「千成瓢箪」のイベントなど、実際の歴史をベースにしたものなど20種類以上新規追加されています。

また、これまでのイベントもそのまま収録されているため、かなりの数のイベントが収録されていることになります。

エンディング5種追加、全39種収録

公式サイトより引用

プレイヤーの物語の終着点も、新たに5種類追加されており、その中には妖刀を手にした人斬りが修羅の道へと落ちていくエンディングもあります。

これまでのエンディングも勿論続投なため、コンプリートにはかなりのやりこみが必要となっています。

PC版限定でイベント編集機能の収録

イベント作成機能の紹介画像
公式サイトより引用

PC版限定の要素として、イベントを自作できる機能が収録されています。

こちらは実際にゲーム開発時に使われているものとほぼ同じであり、ある程度思い通りに作るには知識が必要なものの、自由度が高くゲーム内のイベントと同等のものが作れるということになります。

\ 用途・価格別に紹介! /

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズができ、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCが手に入ります。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップとあまり価格は変わりません

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

値引き率の高いセールを探しているなら、『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」のセールがおすすめです!

  • マウスコンピューターは隔週更新のセールが常時開催
  • フロンティアは毎週更新・毎月更新のセールが常時開催

マウスコンピューター』はゲーミングPC・クリエイター向けPC・ゲーミングノートPCなど割引対象のモデルが豊富なセールを開催しています。

FRONTIER(フロンティア)」はゲーミングPCをとにかく安く手に入れられるセールを開催しており、最新パーツ搭載モデルもセールで購入できます。

以下の記事でBTOパソコンショップのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC セール

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは業界で最速の出荷速度があるので、「一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!」という方におすすめのBTOショップです。

関連記事 ドスパラ 評判

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

関連記事 マウスコンピューター 評判

おすすめBTOパソコンショップの選定基準は?
  • パソコン初心者でも使いやすいサイトであること
  • お得に購入できる方法がある、もしくは基礎価格が安いこと
  • 決済方法が豊富、クレジットカード以外にも支払い方法があること

今回ラインナップしているおすすめBTOパソコンショップの基準は上記の通りです。

パソコン初心者でも分かりやすくモデルを掲載しているサイトに限定し、カスタム注文ができるサイトのみを紹介しています。

特に分かりやすさを重視するなら「ドスパラ」と「マウスコンピューター」の2社がおすすめです。

『太閤立志伝5 DX』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 『太閤立志伝5 DX』の推奨スペックは非常に低い
  • オンボードPCでもプレイ可能
  • 新規要素多数、PC版のみの要素としてイベント作成機能も
スペックはかなり低いゲームです!

\ 用途・価格別に紹介! /

『太閤立志伝5 DX』はHDリマスターということもあり、要求スペックは非常に低いためプレイへの敷居はとても低いゲームとなっています。

今までプレイしたことないけど少し気になる、という人はこの機会に一度プレイしてみることをおすすめします。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
目次