『Terraria(テラリア)』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC グラボなし・MOD入りの環境を紹介

Terrariaの推奨スペック・ゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • PC版『Terraria』の推奨スペックを紹介
  • グラボなしでも遊べるかどうか
  • PC版だけの魅力について
PC版は
MODが豊富です!

Terraria(テラリア)』は2D版『Minecraft』とも呼ばれているサンドボックスゲームです。

最新のCPUを搭載しているパソコンならグラボなしでも遊べますが、MODを入れるとグラボなしでは遊べないタイトルです。

この記事ではPC版『Terraria』を遊ぶために必要なPCのスペックとMODについて解説していきます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\スペック・用途別に紹介/

目次

PC版『Terraria(テラリア)』の推奨スペック・動作環境

Terraria(テラリア)』は2011年に発売された2Dゲームなので非常に軽く、高スペックなPCは必要ありません。

2021年にもアップデートされましたが、その上でも要求スペックは低いです。

10年以上前の古いパソコンなら別ですが、現在のCPU内蔵グラフィックスであれば十分に遊べるでしょう。

ただMODをたくさん導入する場合は、グラボを積んだゲーミングPCの方が余裕を持ってプレイできます。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPU2.0 Ghz
メモリ2.5GB
GPU128MB VRAM
Steamから引用

『Terraria(テラリア)』公式の最低スペックですが、CPUの製品名が指定されていません。

ゲーミングPCどころか、市販されているメーカー製PCでも簡単に満たせる環境です。

基本的に最低スペックはとりあえず動く程度のものですが、Terrariaが如何に軽いゲームかがよく分かります。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUDual Core 3.0 Ghz
メモリ4GB
GPU256MB VRAM
Steamから引用

『Terraria(テラリア)』の推奨スペックです。最低スペック同様にCPU、GPUの名前が指定されていません。

DualCoreとはコアが2つあるCPUのことですが、最近だとIntelの最廉価CPU「Celeron」でも2コアです。

ロースペックのCorei3でも4コア、ゲーミングPCであれば6コア以上のCorei5が基本になっています。

最近のPCであれば、推奨スペックを満たすのも簡単です。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Corei5 11500
メモリ16GB RAM
GPUGTX 1650

こちらはPCゲーマー向けに厳選したTerrariaを快適にプレイできるスペックです。

BTOパソコンショップで販売されているゲーミングPCの中で最も価格の低いモデルのスペックがこちらになります。

バニラ(MOD無し)で遊ぶならゲーミングPCは必要ありませんが、『マインクラフト』など他のゲームを遊ぶならゲーミングPCが絶対に必要となります。

ゲームを遊ぶためにパソコンを用意するのなら、ゲーミングPCを選ばないと後悔してしまうかもしれません。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「GTX1650」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「Magnate MH」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

グラボは必要ないの?

古い2Dゲームなので、基本的には必須ではありません。

ただ注意点として内蔵グラフィックスが搭載されていないCPUもあります。

  • Intelでは「K」と「F」が付いているCPU
  • AMDでは「G」が付かないCPU

特にAMD Ryzenはグラボと組み合わせるのが前提のCPUが多いです。

中古のPCでも遊べる?

可能ですが、おすすめしません。

中古PCはどのように扱われたか分からないため、エラーが起きる可能性が高いです。

サポートなしで自己解決しなければいけないため、推奨できません。

グラボなしのパソコンでも『Terraria(テラリア)』の快適プレイは可能?

バニラの『Terraria(テラリア)』を遊ぶだけならグラボは必須ではありません。

「Intel Corei5 11500」以上に使われている内蔵グラフィックス「UHD750」であれば快適にプレイできます。

ただしMODを導入する場合なら、グラボを搭載したゲーミングPCが必要となります。

当サイトではTerrariaを快適に遊べる最安値のゲーミングPCも紹介しているので、そちらを参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでも『Terraria(テラリア)』を快適に遊べる?

テラリアを遊べるゲーミングノートPC

『Terraria(テラリア)』は推奨スペックがかなり低いので、メーカー製ノートパソコンかつi7のCPUを搭載していれば動作は可能です。

しかしメーカー製ノートパソコンの場合、メモリが少なくて追加が必要・マルチタスクができないという欠点があります。

バニラで遊ぶならともかく、MODを導入するつもりならグラボが入っているゲーミングノートPCを選んだ方が無難です。

当サイトではTerrariaを何処でも遊べるゲーミングノートPCも紹介しています。そちらも参考にしてください。

\スペック・用途別に紹介/

『Terraria(テラリア)』のおすすめMOD・必要スペック紹介

  • PC版『Terraria』は定価が980円と家庭版より安い
  • 最新バージョンのアップデートが一番早い
  • PS4、Switchとの一番の違いはMODがあること
  • 日本語化にはMOD導入が必須
  • 公式DLCのような大規模MODもある

PC版『Terraria』は公式に日本語化されていないものの、定価980円とPS4やSwitchよりずっと安く入手できます。

加えて多数のMODがあり、2021年4月にSteamワークショップに対応したので日本語化しやすくなりました。

PC版のデメリットはほとんどなく、メリットの方が遥かに大きいです。

また「tModLoade」をインストールすれば、大幅な改修と追加要素がある「Calamity MOD」も導入もできます。

Steamワークショップついて解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてください。

関連記事 Steamワークショップの使い方・MODの導入方法まとめ

Terrariaの日本語化MOD

Terraria日本語化MODの参考画像
出典:steam

Terrariaを遊ぶなら、必須の日本語化MODです。

PC版は公式で日本語化されていませんが、現在はワークショップから入手できるので簡単に導入できるでしょう。

日本語化MODは2種類あり、少しだけ違うので分けて紹介します。

TrJpMod[EN]」はアイテムなどの固有名詞が英語のままの日本語化MODです。

ネット上のTerraria攻略サイトでは、アイテム名が英語で書かれていることもあります。

こちらを使うと、アイテムや装備などの固有名詞は英語のままなので調べやすくなるでしょう。

TrJpMod」は固有名詞も含めて、全て日本語化するMODです。

特にデメリットはないので、基本的にはこちらの方が使いやすいでしょう。

簡単にTerrariaの日本語化MODの導入方法を書いていきます。

  1. Terrariaを起動後、スタートメニューからWorkshopを開く
  2. Workshop HubでUse Resource Packsを選択する
  3. Resource Packsの日本語化パックで▷をクリックして有効化

Terrariaを遊ぶ時は、まず日本語化MODだけ入れてバニラを一度クリアするのがおすすめです。

tModLoaderは大型MODの導入に必須

tModLoaderの参考画像
出典:steam

tModLoader」はTerrariaのMODを管理するツールです。

多数の便利系や、追加コンテンツを遊べるようになる大型MODを導入するために必要になります。

Terrariaのワークショップから入手はできませんが、現在ではSteamで無料配信されているので導入は簡単です。

ただ2022年2月6日現在はTerrariaのVer1.4以降には対応していないため、「マスターモード」などで遊びたい場合は使用できません。

バニラで遊ぶならTerrariaから、MODを入れてプレイするならtModLoaderから起動と使い分けが必要です。

最低・推奨スペックはTerraria本体と同じですが、複数のMOD導入が前提なので改めて快適に遊べるスペックを書いていきます。

CPUIntel Corei5 10400
AMD Ryzen5 3600X
メモリ16GB RAM
GPUNvidia GeForce GTX1650
AMD Radeon RX5500XT

グラボを搭載すれば、内蔵グラフィックスは必要ないのでCorei5 11500より1世代前のCPUを採用しました。

MODを多く入れればPCへの負荷が増すので、バニラで遊ぶときよりも、余裕のあるスペックを用意した方が無難です。

圧倒的なボリュームのCalamity MOD

  • 30体以上の強力な新規ボス
  • バニラのボスも強化されている
  • 1000を軽く超えるアイテムが追加
  • NPC、バイオーム、新規BGMの追加

Calamity MOD」はTerrariaの戦闘難易度を向上させるMODですが、ボリュームがすごいです。

追加要素があまりに豊富なので、公式DLCどころかTerraria2と表現してもいいでしょう。

Calamity MODはTerrariaのワークショップからは入手できず、tModLoaderで導入できるようになります。

  1. tModLoaderを起動する
  2. Mod Browserで「Calamity」と入力
  3. Calamity MODとCalamity MOD Musicを選択してダウンロード

「Calamity MOD Music」は音楽ファイルです。両方ともダウンロードしてください。

大規模な改修が行われるMODなので、日本語化したバニラのTerrariaを一度クリアした後にプレイしましょう。

バニラのボスも強くなるので、また新鮮な気持ちでTerrariaを楽しめます。

\スペック・用途別に紹介/

『Terraria(テラリア)』おすすめ低価格ゲーミングPC

『Terraria(テラリア)』を遊べる低価格モデルのゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

最安値のゲーミングPCでもMODを入れてプレイ可能

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
109,980 円(税込)

ゲーミングPCで採用されているグラボの中では最低限と言える「GTX1650」を搭載したモデルです。

CPUは最新のCorei5なので、バニラのTerrariaで困ることはありません。

tModLoaderをインストールし、MODを使ってTerrariaをプレイしたいという方には最適です。

ただGTX1650のグラフィックメモリは4GBなので、もう少し余裕が欲しい方は下記をおすすめします。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

少しステップアップしたゲーミングPCが欲しい方向け

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S
  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • 500GB NVMe SSD
\ 格安でも高性能! /
129,980 円(税込)

2016年に発売されたハイクラスのグラボGTX1070とほぼ同等の性能を持った「GTX1660Super」を搭載したモデルです。

グラフィックメモリも6GBあるので、MODを多めに入れても安定してプレイできるでしょう。

Terrariaをバニラで遊ぶだけなら不要なスペックですが、Caramity MODをプレイするなら選ぶのもありです。

これくらいのスペックがあればゲーム実況のようなマルチタスクも可能なので、少しステップアップしたい方へおすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5R-G60S』の詳細を見る

他ジャンルのPCゲームをガッツリ遊びたい方向け

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
219,980 円(税込)

このモデルに搭載されたグラフィックボードなら、MODを考慮してもTerrariaを遊びつくすことができます

Terrariaを遊ぶだけならスペックがもったいないので、他のゲームもガッツリ遊びたい方におすすめします。

FPS・TPSゲームなら144fpsを狙えるスペックがあり、『マインクラフト』であればMODを沢山いれたマルチプレイでも快適です。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

ノートパソコンでMOD入り環境を楽しみたい方向け

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
209,980 円(税込)

Terrariaは2011年発売の2Dゲームなので、ノートパソコンでのプレイもおすすめできます。

搭載しているグラボは「RTX3060」なので性能にも余裕があり、MODをたくさん入れても快適に遊べます

『マインクラフト』ですらMOD入りで快適に遊べるスペックがあるので、やや重たいゲームでも快適です。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36H』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

『Terraria(テラリア)』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • PC版『Terraria』は非常に軽い
  • 内蔵グラフィックスでも遊べる
  • MODを使うならグラボありを考える
グラボは必須ではありません!

『Terraria』は10年以上前の2Dゲームがベースになっているので、グラボが必要ないほど軽いゲームです。

しかしCalamity MODなど複数のMODを導入する場合は、グラボを搭載したゲーミングPCを用意した方が無難です。

他にPCゲームを遊ぶ予定がある場合、なおさらゲーミングPCが必要になるので、別タイトルの推奨スペックに合わせるのも良いでしょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\スペック・用途別に紹介/

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる