『Among Us VR』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC Steamでの発売はいつ?どのVRデバイスで遊べる?

アモングアスVR おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • 『Among Us VR』推奨スペック
  • 『対応VR機器・おすすめVR機器
  • おすすめゲーミングPC
宇宙人狼として有名なあのゲームがVR化です!

「Among us」の公式VR版である『Among Us VR』が2022年11月11日に発売されました。

グラフィックボードなしのパソコンでもプレイ可能だった「Among us」とは異なり、『Among Us VR』は高性能なグラフィックボードやVRデバイスが必須となります。

この記事では『Among Us VR』の推奨スペックや対応機種、クローズドβへの参加方法を紹介します。

手っ取り早くおすすめゲーミングPCが知りたい場合はこちらのリンクからどうぞ。

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

『Among Us VR』の推奨スペック・動作環境

among us VRのクルー
Among us VR公式steamページより引用

『Among Us VR』は、軽量だった「Among Us」と異なり、必要スペックは高めとなっております。

VRゲームを動かすのに必要なスペックはどうしても高くなってしまうため、これからPCを新調するならば性能の良いゲーミングPCを用意しましょう。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

NVIDIA公式サイトより引用

fpsは「Frames Per Second」の略であり、1秒に何回のフレーム(画面)を出力できるか?という意味です。

ゲームにおけるフレームレートとは「画面の滑らかさ」を意味しているため、fpsが高ければ高いほどゲームが快適になります。

パラパラ漫画で例えると1秒間にめくる漫画の枚数が多い状態が「fpsが高い」状態であり、漫画の枚数が少ない状態が「fpsが低い」状態です。

上記の画像のとおり、壁から敵が出てくるようなシーンでは明らかに高fpsが有利ということがわかります。

関連記事 フレームレート(fps値)とは?

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel i5-4590
メモリ8GB
GPUNVIDIA GTX 970
steam公式から引用

『Among Us VR』は現在、必要・推奨スペックが公表されています。

グラフィックボードにGTX970が必要となっており、最低動作環境でも現行最安値のGTX1650では少し足りない性能となっております。

また、このスペックはあくまでも正常に動作するだけのスペックのため、快適に遊ぶなら次の推奨スペックを満たしたいところです。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i7 6700
メモリ8GB
GPUNVIDIA GTX 1060
steam公式から引用

快適に遊べる推奨スペックは上記の通りとなっております。

推奨スペックにはエントリーモデルでも性能の高いRTX3050に近い、GTX1060が必要と記載されています。

VRゲームは、推奨スペックを満たさないゲーミングPCでプレイすると処理落ちによるVR酔いが起こりやすくなるため、快適に遊べるかどうかは通常のゲーム以上に重要となります。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i7-12700
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060

快適に遊べるゲーマー向けのスペックとしては上記の通りになります。

『Among Us VR』はVRゲームの中では推奨スペックが低く設定されていますが、VRデバイスがあるのならば他のVRゲームもできるスペックにしたいところです。

『Among Us VR』の他にも、負荷の大きいVRゲームをプレイするならばミドルスペック以上のゲーミングPCがあると安心してプレイが可能です。

特にRTX3060は価格が手頃ながらVRAMの容量が大きいため、多数のプレイヤーが表示されるVRchat等を快適にプレイできます。

アモアスVRはグラフィックボードの無いPC(オンボード)で遊べる?

不可能です。
グラフィックボードの搭載が前提となっているため、ゲームをプレイするならばグラフィックボードは必須となります。

アモアスVRは中古のゲーミングPCで安く済ませていい?

おすすめしません。中古ということは各パーツが摩耗しいつ故障してもおかしくない状況になっている可能性があります。

修理やパーツの交換となった場合新品のゲーミングPCを購入するのと変わりない、もしくはかえって高く付くこともあります。

\ 用途・価格別に紹介! /

アモアスVRに対応しているVRデバイスは?

『Among Us VR』はsteam,Questストア,PlayStationVRにて配信予定となっています。

そのため、ほぼすべてのVRデバイスに対応していると言えます。

この項目ではその中でもおすすめのVRデバイスをいくつか紹介いたします。

Meta Quest 2 (旧名:Oculus quest 2)

Meta Quest 2 (旧名:Oculus quest 2)
Meta Quest2 公式販売サイトより引用

VRデバイスの中でも手頃な価格と、確かな品質でVRの入門用として確かな実績を持つVRゴーグルです。

PCに繋いでsteamのVRゲームを遊ぶことは勿論、Meta Quest2単体でもゲームをプレイすることが可能です。

8月より価格改定が行われ、値上がりしてしまったものの、それでもVRデバイスとしては安価な部類であり、入門用として今なおオススメのデバイスとなります。

VALVE INDEX

VALVE INDEX
VALVE INDEX公式サイトより引用

価格が10万以上とかなり高級ですが、144Hzの高フレッシュレートに130度の広い視野角で高品質なVR体験を行えるデバイスがVALVE INDEXです。

周辺にベースステーションを設置し、外部センサーでHMDやコントローラの位置を把握するアウトサイドインの方式を取っており、本体のカメラで周りを認識して動作するインサイドアウトよりも動きの読み取りの精度が高くなっています。

高品質な分、ベースステーションの設置場所を考慮しなくてはいけなかったりはするものの、それに見合ったレベルの高いVRの体験を行うことのできるデバイスです。

¥151,916 (2022/08/22 14:59時点 | Amazon調べ)

PlayStation VR

PlayStation VR
PlayStationVR公式サイトより引用

PS4・PS5でVRゲームをプレイするならば、この選択肢となります。

PS4・PS5を持っているならば、価格改定前のMeta Quest2並に安価であり手に取りやすいデバイスとなっております。

また、PlayStationVRでしか出ていないソフトもあり、独自のゲームが遊べるのはPCに繋げるタイプのデバイスにはない強みとなります。

単純な比較だけでは分かりづらい、独自性が強いVRデバイスとなります。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥55,960 (2022/08/22 20:16時点 | Amazon調べ)

\ 用途・価格別に紹介! /

『Among Us VR』おすすめゲーミングPC

現役VRゲームプレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

なるべく安く遊ぶならRTX3060搭載モデル

GALLERIA RM7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA RM7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700F
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\RTX3060ならこちら!/
199,980 円(税込)

安価かつ快適に遊ぶならば、ミドルスペックでも安定した性能を持つRTX3060の搭載されたこちらのモデルをおすすめします。

VRゲームは通常のゲームよりも映像の処理の負担が大きいですが、RTX3060ならばグラフィックの描画の性能も高く、VRAMの容量も大きいためVRゲームの描写もカクつくことなく可能となります。

多くのグラフィックデータを処理するVRゲームにとってVRAMの容量の大きさは重要な要素となります。

重量級の重いVRゲームの場合、ミドルスペックのRTX3060では力不足となるため、もっと高性能なグラフィックボードが必要となります。

>>公式サイトで『GALLERIA RM7C-R36』の詳細を見る

他ジャンルのVRに手を出すなら「RTX3080」

FRGH670/SG3

FRGH670/SG3
  • CPU:Core i7-12700KF
  • GPU:RTX 3080
  • メモリ:32GB(16GB x2)
  • ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
\ RTX3080搭載なら! /
289,800 円(税込)

『Among Us VR』以外にもVRゲームをプレイしたいなら、こちらのモデルがおすすめです。

VRAMの容量は1つ前のモデルのRTX3060と同じ容量となっていますが、グラフィック性能で差があるため、高画質のVRゲームでも快適かつfpsでプレイ可能なスペックを持っています。

VRゲームの中でも臨場感があり評価の高い「Half-Life: Alyx」や人の多い場所での「VRchat」などは、RTX3060だと処理が追いつかないことがあるため、RTX3080以上のスペックを推奨します。

VRゲーム以外でも、高画質かつ高fpsでプレイ可能となっているため、PCゲームにこだわるならおすすめのマシンになります。

FRGH670/SG3を公式サイトでチェック!

ハードコアなジャンル・大人数のVRゲームも遊ぶなら「RTX3090」

GALLERIA ZA9C-R39

GALLERIA ZA9C-R39
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ 超ハイスペモデル! /
509,980 円(税込)

多くの銃弾が飛び交うようなハードコアなジャンルを検討していたり、VRchatで大人数の集まる状況に行ってみたいならばこちらのハイエンドモデルがおすすめです。

搭載されているRTX3090は、上記で紹介したRTX3060やRTX3080より倍のVRAMが搭載されており、多くのプレイヤーが登場するようなVRゲームでも処理落ちすることなく描写してくれます。

『Among us VR』の推奨スペックも大きく越えており、快適に遊べること間違いなしとなっています。

現行でもっとも最上位のモデルということもあり、このグラフィックボードで最高画質で遊べないゲームはないといっても過言ではありません。

VRで遊ぶのはもちろん、対応しているPCゲームならば4Kでのプレイを行うことも可能となっているため、ゲームに対して妥協したくないゲーマーには特におすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R39』の詳細を見る

ノートパソコンでVRアモアスを遊ぶなら

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZL7C-R37TH
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX3070Ti 8GB
  • メモリ:32GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
  • 重量:約2.15kg
  • バッテリー持続時間:約6.8 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
275,980 円(税込)

ノートパソコンでVRゲームを遊びたいなら、RTX3070Ti搭載のこのモデルをおすすめします。

ノートパソコンでは同等のグラフィックボードを詰んでいても排熱とVRAMの都合上デスクトップPCに処理性能が劣ってしまいます。

しかし、『Among us VR』はVRゲームの中でも要求スペックが低く、RTX3070Tiの搭載されたこのモデルならば快適なプレイが可能となっています。

>>公式サイトで『GALLERIA ZL7C-R37TH』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズができ、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCが手に入ります。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップとあまり価格は変わりません

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

値引き率の高いセールを探しているなら、『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」のセールがおすすめです!

  • マウスコンピューターは隔週更新のセールが常時開催
  • フロンティアは毎週更新・毎月更新のセールが常時開催

マウスコンピューター』はゲーミングPC・クリエイター向けPC・ゲーミングノートPCなど割引対象のモデルが豊富なセールを開催しています。

FRONTIER(フロンティア)」はゲーミングPCをとにかく安く手に入れられるセールを開催しており、最新パーツ搭載モデルもセールで購入できます。

以下の記事でBTOパソコンショップのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC セール

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは業界で最速の出荷速度があるので、「一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!」という方におすすめのBTOショップです。

関連記事 ドスパラ 評判

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

関連記事 マウスコンピューター 評判

おすすめBTOパソコンショップの選定基準は?
  • パソコン初心者でも使いやすいサイトであること
  • お得に購入できる方法がある、もしくは基礎価格が安いこと
  • 決済方法が豊富、クレジットカード以外にも支払い方法があること

今回ラインナップしているおすすめBTOパソコンショップの基準は上記の通りです。

パソコン初心者でも分かりやすくモデルを掲載しているサイトに限定し、カスタム注文ができるサイトのみを紹介しています。

特に分かりやすさを重視するなら「ドスパラ」と「マウスコンピューター」の2社がおすすめです。

『Among Us VR』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 発売日、βテスト日程共にまだ未発表
  • 推奨スペックは高く設定されている
  • VRデバイスの対応機種は多く、予定販売Storeもsteam、Oculusストア、PSStoreと幅広い
発売日の正式発表が今から待ちきれません!

とても軽量だった「Among us」とは異なり、『Among us VR』はエントリーモデルの上位~ミドルスペックのゲーミングPCが必要となります。

勿論、遊ぶのにVRデバイスも必要なため、遊びたいと考えているのならばゲーミングPCと共に用意しておきましょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
目次