PC版『デモンエクスマキナ』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC 200fpsで遊べる環境を紹介!

デモンエクスマキナの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • デモンエクスマキナの推奨スペックについて
  • ノートPCや安価なPCでも遊べるかどうか
  • Switch版との明確な違いとは?
PC版は
フレームレートが安定します!

デモンエクスマキナ』は『アーマード・コア』シリーズを手掛けた佃健一郎氏やスタッフが制作した、メカアクションゲームです。

アーセナルの豊富なカスタマイズなどアーマード・コアを彷彿とさせるゲームですが、Switch版にはフレームレートが安定しないという難点がありました。

この記事ではデモンエクスマキナをゲーミングPCで遊ぶメリットと必要なスペックを解説していきます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

\用途・スペック別に紹介/

目次

デモンエクスマキナの推奨スペック・動作環境

デモンエクスマキナは元がSwitchのゲームなので、推奨スペックは非常に軽いです

フルHDであれば、推奨スペックでもフレームレートが200まで届くので、高性能なゲーミングPCは必要ありません。

PC版ではフルHDより上の解像度であるWQHDや4Kも選択できます。

より高品質な映像で、手塩にかけてカスタマイズした愛機の勇姿を鑑賞したい方はミドルスペック以上のゲーミングPCを用意しましょう。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Corei5 3470
AMD FX 8300
メモリ6GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GTX660
Radeon HD7870
Steamより引用

GTX660は2012年に発売されたミドルクラスのグラフィックボードです。

いくらデモンエクスマキナが軽いとは言え、この性能で遊ぶくらいなら携帯モードがあるSwitch版の方が手軽でいいでしょう。

PCゲームの最低スペックはとりあえず動いた程度の環境ですので参考にはなりません。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Corei7 6700
AMD Ryzen5 2600
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GTX1060
Radeon RX580
Steamより引用

公式の推奨スペックです。GTX1060は2016年に発売されたグラボですが、フルHDで200fpsが出ています。

ただしGTX1060にはグラフィックメモリが3GBと6GBのモデルがあります。200fpsが確認されているのは6GBモデルですのでご注意ください。

WQHDはともかく、4Kで60fpsを超えるかは分かりません。メモリも少ないので16GBは欲しいところです。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUIntel Corei5 10500
AMD Ryzen5 3600
メモリ16GB
GPUNVIDIA GeForce GTX1660super
AMD Radeon RX5600XT

こちらはPCゲーマーが厳選したゲーマー向けのスペックになります。

GTX1660superは、GTX1060の上位モデル「GTX1070」よりも上の性能を持っているので、フルHD・200fpsなら安定するでしょう。

WQHDでも高フレームレートが期待できますが、4Kでは100以上のフレームレートを出すのは難しいと思われます。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「GTX1660 Super」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA RM5R G60S」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

グラボがなくても遊べる?

不可能です。

デモンエクスマキナは軽いゲームですが、グラボなしではPC版で遊ぶ理由がなくなります。

Switch版で遊んだ方がマシでしょう。

ゲーミングモニターは必要?

必須ではありませんが、あった方がいいです。

GTX1060でも200fpsが出せるくらいなので、ゲーミングモニターの恩恵はかなり大きいでしょう。

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

デモンエクスマキナを60fpsで遊ぶ方法

デモンエクスマキナの推奨スペックはGTX1060なので、現在のエントリーモデルであるGTX1650でも十分遊べます。

グラフィック設定が最高の状態でも、フルHD・60fpsであれば余裕で叩き出してくれるでしょう。

当サイトではデモンエクスマキナを快適に遊べる最安価なゲーミングPCも紹介していますので、参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでもデモンエクスマキナを快適に遊べる?

デモンエクスマキナにはゲーミングノートPCがおすすめ

家電量販店で販売しているメーカー製ノートパソコンでも起動はするかもしれませんが、動作はガクガクになります。

いくらSwitchでリリースされたとは言え、グラボなしのノートパソコンでは遊べません。

グラボを搭載したゲーミングノートPCであれば、デモンエクスマキナのような軽いゲームは問題なく遊べるでしょう。

当サイトで紹介しているデモンエクスマキナ向けのゲーミングノートPCは、144hzのディスプレイを採用しているので高フレームレートにも対応できます。

\用途・スペック別に紹介/

デモンエクスマキナをPC版で遊ぶべき理由・Switch版との違いは?

  • フレームレートが最大200まで設定できる
  • 処理落ちがなくなった
  • 4Kに対応し、より高品質なテクスチャに変更された
  • Switch版とクロスセーブが可能になった
  • Steam版とEpic games版はクロスプレイが出来る
  • キーボードとマウスでも操作可能

メーカーはマーベラスですが、アーマード・コアシリーズのスタッフが制作しただけにデモンエクスマキナはその雰囲気を受け継いでいます。

オリジナルのSwitch版は残念ながら、フレームレートが30までと低く、時には15fpsくらいまで低下するという難点がありました。

この問題は体験版の時点で指摘されており、製品版で改善は行われたものの、全て解決とはいかなかったようです。

しかし、2020年2月14日に発売されたSteam版では、フレームレートの問題がなくなっています。

処理落ちがなく、フレームレートが安定している

Switch版のフレームレート上限は30fps、処理落ちもあって対戦では20fpsを切ることもありました。

また有線LANが標準搭載されていないため、Wi-Fiの無線環境ではオンラインでラグが生じてしまうのも難点です。

Switchは取り回しのいい機種ですが、性能では他のゲーム機に劣ってしまうのでストレスになった方も多いでしょう。

Steam版ではデモンエクスマキナが抱えていた、処理落ちやラグの問題が解決しています。

推奨スペック以上のゲーミングPCを用意すれば、ヌルヌルとした映像で楽しめるでしょう。

最大解像度は4K・最大fpsは200fpsまで対応

デモンエクスマキナ参考画像
出典:Steam

メカアクションでは臨場感も重要です。

Switch版の30fpsでは物足りないところがありましたが、Steam版では60、120、144、200のフレームレートも選択できます。

また4Kの高解像度に対応しただけでなく、より高い品質のテクスチャに変更されました。

画質とフレームレートが向上したことで、戦闘の没入感も大きく増します。

好みの見た目にカスタマイズしたアーセナルを、高画質で眺めるだけでもSwitch版以上の満足感が得られるでしょう。

Steam版とEpic games版でのクロスプレイに対応

デモンエクスマキナマルチプレイ解説画像
出典:Steam

Epic games版のデモンエクスマキナはSteam版とクロスプレイが可能と発表されています。

Epic games版を無料配布で入手しても、Steam版で先に遊んでいるフレンドとマルチプレイができるので媒体を合わせる必要はありません。

ただSwitch版についてはSteam版とのクロスプレイに対応していないので、恐らくEpic games版でも不可能でしょう。

すでにSwitch版を遊んでいるユーザーはクロスセーブが可能

Steam版デモンエクスマキナはver1.4.2で、Switch版のセーブデータを共有可能になりました。

なので、Switch版をプレイ済みの方はもう一度最初からやり直す必要はありません。

ハクスラ要素のあるゲームでハードを変える際は、アイテムの集め直しが億劫になるものですが、デモンエクスマキナでは心配はいらないでしょう。

カスタマイズ済みのアーセナルや、お気に入りのキャラをすぐにゲーミングPCならではの高画質で鑑賞できます。

\用途・スペック別に紹介/

『デモンエクスマキナ』向けおすすめゲーミングPC

当サイトが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

最安値のゲーミングPCでも144fps以上を遊べる

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
109,980 円(税込)

現在のグラボの中ではエントリークラスの「GTX1650」を搭載したゲーミングPCになります。

デモンエクスマキナは推奨スペックのGTX1060でも、フルHDで200fpsを出せるくらい軽いゲームです。

GTX1650はGTX1060より性能では劣りますが、フルHDであれば高フレームレートを狙えるでしょう。

軽くゲームを遊ぶには十分ですが、WQHDや4Kで遊びたい方には以下のモデルをおすすめします。

高fps環境で遊ぶには144Hzゲーミングモニターが別途必要になるので、そちらも用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥29,798 (2022/09/22 20:47時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

200fpsでデモンエクスマキナの世界観を楽しみたい方向け

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
219,980 円(税込)

ミドルクラスの「RTX3060」を搭載したゲーミングPCです。

GTX1060を大きく上回る性能を持っているため、フルHDでは200fpsに常に張り付いてくれるでしょう。

というよりも、フルHDでは確実にオーバースペックになるので、もっと上の解像度を狙うべきです。

4Kでも60fpsなら、安定して出してくれるでしょう。

RTX3060のターゲット解像度はWQHDなので、WQHD・144hz以上のゲーミングモニターと組み合わせて遊ぶともっと快適になります。

Pixio
¥39,980 (2022/01/26 12:36時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

4Kなどの最高の環境でデモンエクスマキナを楽しみたい方向け

GALLERIA ZA9C-R37 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
329,980 円(税込)

ハイクラスの中では消費電力と性能のバランスがいい「RTX3070」を搭載したゲーミングPCです。

重量級のゲームでも快適に遊べる性能があるため、デモンエクスマキナなら4Kで高フレームレートも狙える性能があります。

ただRTX3070のDisplayPort(ver1.4α)とHDMI2.1では、規格上の限界が4K・120hzとなっていますので注意してください。

デモンエクスマキナの他にも、もっと重いタイトルをプレイしたり、ゲーム配信を行ったりする方におすすめのモデルになります。

もちろん4Kで遊ぶなら4Kかつ高Hzのゲーミングモニターが必要になるので、別途用意しておきましょう。

ASUS
¥77,227 (2022/09/26 21:10時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R37』の詳細を見る

ノートパソコンでデモンエクスマキナを高fpsプレイしたい方向け

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
209,980 円(税込)

こちらのゲーミングノートPCは「RTX3060」を搭載したモデルです。

フルHD・144hzのディスプレイを採用しているので、デモンエクスマキナを高フレームレートで確実に遊べます。

モニターのサイズが物足りなくなっても、HDMI2.1端子が付いているので別のモニターに外部出力も可能です。

対戦ではフレームレートを重視して144hzのディスプレイで遊び、シナリオをメインにする時は4Kモニターに接続するなど、使い分けもできます。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36H』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

PC版『デモンエクスマキナ』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 最大4Kの解像度に対応
  • フレームレート上限が200
  • 処理落ちがなくなって安定している
PC版同士は
クロスプレイに
対応!

2013年以降、音沙汰がなくなったアーマードコアシリーズを意識した要素を持つデモンエクスマキナですが、処理落ちやラグなどの難点も抱えていました。

しかしSteam版ではフレームレートが安定し、高解像度と品質が向上したテクスチャによって没入感が上がっています。

仕様が同じと思われるEpic games版は2022年1月28日から1週間限定で無料配布されるので、この機会を逃すのはもったいないです。

ミドルクラス以上のゲーミングPCならば、フルHDより上の解像度でも100を超えるフレームレートで楽しめるでしょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\用途・スペック別に紹介/

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる