PC版『ヒットマン3』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC|デラックス版の違いは?Steam版のバンドル内容は?

ヒットマン3の推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • 『ヒットマン3』の推奨スペックを紹介
  • ノートパソコンや低価格PCで遊べるのか?
  • VRモードと各エディションの解説
過去作のデーター引き継ぎも解説(PC版)

『HITMAN3(ヒットマン3)』は2021年1月にリリースされたTPS視点のステルス系シューターゲームです。

2022年1月には「VRモード」の追加でゲーム体験を大きく変えるほどの進化を遂げました。

この記事では『ヒットマン3』で快適に遊べるゲーミングPCと、以下の項目について解説していきます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・価格別に紹介!

目次

『ヒットマン3』の推奨スペック・動作環境

『HITMAN3』は開発元が自社開発したゲームエンジン「Glacier engine」をアップデートして、パワーアップしたものが使用されています。

そのため「街の照明」や「太陽光の差し込む光」などのグラフィック表現が強化されていて、ゲーミングPCに求められるスペックは高いものとなっています。

まずは公式ページが公開している、最低動作環境と推奨動作環境を見ていきましょう。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel CPU Core i5-2500K
メモリ8GB
GPUGTX 660
Steam公式から引用

『HITMAN3』ほどの重いタイトルで快適にプレイするには、最低限「Core i7」クラス以上のCPUが必要になってきます。

また「GTX660」は、ロースペックPCに搭載することが多い「GTX1650」の4世代以上も前のグラフィックボードとなっており現在では通用しません。

公式ページの最低動作環境は、ゲームを起動させるために必要な最低限のスペックを表示したものとなっているのです。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel CPU Core i7-4790
メモリ16GB
GPUGTX 1070
Steam公式から引用

推奨スペックのメモリは16GBと十分な性能です。

CPUは「Core i7」シリーズにグレードは変わりましが、4000番台では性能が足りないため10000番台を選択すると良いでしょう。

GPUも最低動作環境よりはスペックが上がっていますが、『ヒットマン3』を快適にプレイするなら「RTX3050」クラスの性能が最低限必要となってきます。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i7-12700
メモリ16GB
GPURTX 3060

13年以上シューターゲームをプレイしてきた筆者がオススメするゲーマー向けゲーミングPCは、上記になります。

メモリは16GBを維持しながら、CPUとGPUの性能を底上げして『ヒットマン3』を「FHD中品質」で130fps程度まで狙えるPC構成です。

「VRモード・高解像度プレイ」などの要素も含めて楽しみたい方には、ハイスペックなPCが必要になってきます。

安いゲーミングPCでも60fps張り付きの快適プレイは可能?

ヒットマン3を遊べるグラボは?

最安値のゲーミングPCでは遊べませんが、ミドルクラス以上のモデルなら「FHD中品質」にすることで60fps張り付きで快適に遊べます。

価格帯では12万円程度からが相場となってくるため、ゲーミングPCとしては安い部類のモデルからでも遊べるようになります。

ただし「高品質設定・VRモード」なども利用して、プレイすることを望む方はハイスペックなゲーミングPCが必要になります。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでも『ヒットマン3』を快適に遊べる?

ヒットマン3を快適に遊べるノートパソコン

『ヒットマン3』は作り込まれた街並みや反射表現など、とにかくグラフィック処理にパワーを必要とするタイトルとなっています。

そのため「グラフィック処理に重要なGPU」と「GPUの性能に合わせたCPU」が搭載されているゲーミングノートPCなら快適にプレイすることができます。

メーカー製ノートPCは、グラフィックボードすら搭載されていないモデルなので注意しましょう。

当記事では『ヒットマン3』を快適に遊べるゲーミングノートPCを紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

用途・価格別に紹介!

ヒットマン2からヒットマン3へのデータ引き続き方法解説

『ヒットマン3』に引き継げる『ヒットマン2』本編のデータ

  • プロフィール
  • XP
  • 全ロケーション
  • マスターレベル
  • チャレンジ
  • エルーシブターゲット
  • (スーツ/アイテム)のアンロック

『ヒットマン2』本編を購入済みの方は、『ヒットマン3』にデーターを無料で引き継ぐことができます。

下記では『ヒットマン2』本編の「引き継げるデーター・引き継ぎ時の注意点・引き継ぎ方法」をまとめて紹介しています。

引き継ぎの注意点!

  • 同じプラットフォーム間でしか引き継げない
  • 引き継ぎができるのは1回のみ
  • 引き継ぎ後も『ヒットマン2』本編のデータはそのまま
  • 『ヒットマン2』本編と、『ヒットマン3』の中でプレイしている『ヒットマン2』は同期されない
  • すでに『ヒットマン3』をプレイしている状態で引き継ぎ作業を行った場合、『ヒットマン3』の進行データーは削除される

ヒットマン2からの引き継ぎ方法

  1. 「IOI account」アカウントに登録する
  2. プレイしているアカウントに紐づけする
  3. 『ヒットマン3』ゲーム内オプションにある「IOI ACCOUNT」からログインする
  4. 公式サイトの引き継ぎページで「Start Carryover Process」をクリックしてログインする
  5. 「Let’s get started!」と表示されているページに飛ぶので、「Next」をクリックする
  6. 引き継ぎデーターの詳細が表示されたら確認する
  7. 引き継ぎ先のプラットフォームを選択する
  8. 「HITMAN 3 Progression Carryover Status」と表示されているページで「Status」から「Finished」に変化したら閉じる
  9. 『ヒットマン3』を再起動すると、引き継ぎが完了する

『ヒットマン3』Steam版のエディションはどれを買えばいい?

Steam公式から引用

Steamから『HITMAN3』のエディション7種類を紹介していますが、『ヒットマン1』と『ヒットマン2』を含めたセットなどもあり内容が複雑です。

そのため「名称・価格・本編の有り無し・DLC」の項目をエディション別に分けて、リンクで飛べるように下記でまとめました。

「名称」をクリックすれば各エディションに飛べて、「エディション内容まとめに戻る」をクリックすれば「エディション内容まとめ」に戻ってきます。

エディション内容まとめ

スクロールできます
名称価格本編DLC
Standard Edition「7,590円」『ヒットマン3』本編VR対応無し
Seven Deadly Sins Collection「3,570円」無し『ヒットマン3』のDLCセット
「武器・スキン・アイテム」など
Deluxe Pack「4,217円」無し『ヒットマン3』のDLCセット
「ミッション・ゲーム外の要素」など
Trilogy Premium Add-Ons Bundle「7,226円」無し『ヒットマン3/Deluxe Pack』
『ヒットマン1・2』のアクセスパス+DLCセット
HITMAN 3 ACCESS PASS:
HITMAN 2 GOLD
「8,758円」無し『ヒットマン2』の拡張パック(全要素)
Deluxe Edition「11,664円」『ヒットマン3』本編VR対応『ヒットマン3/Deluxe Pack』
HITMAN TRILOGY「12,430円」『ヒットマン3』本編VR対応『ヒットマン3』のDLCセット
『ヒットマン/1・2』のアクセスパス
Steam公式から引用

次の項目に進む→VRモード内容・推奨スペックについて解説

Standard Edition「7,590円」

Steam公式から引用
  • 『ヒットマン3』本編のみ

『ヒットマン3』の基本となるパックで、DLCなどの追加が1つもないシンプルなエディションとなっています。

『ヒットマン2』を所有していれば無料でデーターを引き継げるので、重複して購入しないように注意が必要です。

>>エディション内容まとめに戻る<<

Seven Deadly Sins Collection/『ヒットマン3』「3,570円」15%オフ

Steam公式から引用
  • スーツ×7種類
  • 近接武器×2種類(サーベル・キャット・クロー)
  • ショットガン×1種類(過激主義者のショットガン)
  • サブマシンガン×1種類(SlapdashSMG)
  • アサルトライフル×1種類(獣のシャシュカ)
  • スナイパーライフル×2種類
  • 設置武器×2種類
  • 投擲武器×1種類(雄たけび)
  • 特殊武器×1種類(ダーツ銃/ヘビの舌)
  • 鎮痛剤×1種類(バブルクイーン/ガムパック)
  • アイテム×2種類(貪欲な小さなコイン・悪魔の杖)
  • ミッション×7種類

『ヒットマン3』で使えるDLCのセットで、七つの大罪がモチーフとなっています。

エディションの中では最安値ですが「スキン・武器」などの要素が大量に追加されるため、価格に比べて見返りが大きいパック内容となっています。

>>エディション内容まとめに戻る<<

Deluxe Pack/『ヒットマン3』「4,217円」

Steam公式から引用
  • デラックスエスカレーション・コント
  • ラクト(ミッション)
  • デラックス(スーツ・アイテム)
  • デジタルサウンドトラック
  • デジタルブック「HITMANの世界」
  • ディレクター解説(任務の紹介)

「Deluxe Pack」は『ヒットマン3』で使えるスーツやアイテムの追加要素もありますが、メインとなる特典はゲーム外で楽しめるコンテンツです。

「ディレクター解説の任務紹介」や「デジタルサウンドトラック」などは、『ヒットマンシリーズ』ファンなら絶対に手にいれたいパック内容です。

>>エディション内容まとめに戻る<<

Trilogy Premium Add-Ons Bundle/「7,226円」25%オフ

Steam公式から引用
  • 『ヒットマン1』アクセスパス
  • 『ヒットマン2』アクセスパス
  • 『HITMAN1』GOTYアップグレード
  • キャンペーンモード「ぺーシェントゼロ」追加
  • テーマ別エスカレーションおよび武器アンロック×3種類
  • GOTY衣装バンドル
  • 『HITMAN2』拡張パス
  • ロケーション×2種類(ニューヨーク・ヘイブンアイランド)
  • スナイパーアサシン用マップ×2種類
  • ウィンタースポーツパック
  • スマートカジュアルパック
  • エクゼクティブパック
  • コレクターズパック
  • 特別任務パック(1+2)
  • 『HITMAN3』デラックスパック
  • デラックス・エスカレーションコントラクト×6種類
  • デラックス・スーツとアイテム
  • デジタルサウンドトラック
  • デジタルブック「HITMANの世界」
  • ディレクター解説(任務の紹介)

上記は『ヒットマン3』or『HITMAN Trilogy』のどちらかを、所有している状態で使えるエディションです。

『ヒットマン1』『ヒットマン2』『ヒットマン3』三部作の全てをプレイできるようになるエディションで「シリーズ3部作のDLCセット」が付いてくる内容です。

>>エディション内容まとめに戻る<<

HITMAN 3 ACCESS PASS: HITMAN 2 GOLD「8,758円」7%オフ

Steam公式から引用
  • 『ヒットマン2』全要素

「ヒットマン2」の全要素を『ヒットマン3』本編でプレイできるパック内容となっているのですが、購入には2つ注意点があります。

1つ目は「 HITMAN 3 ACCESS PASS: HITMA」を利用するためには『ヒットマン3』本編を所有している必要があります。

2つ目は「ヒットマン2」本編をすでに所有している場合、データー内容を無料で『ヒットマン3』に引き継ぐことができるということです。

>>エディション内容まとめに戻る<<

Deluxe Edition「11,664円」

  • 『ヒットマン3』本編+Deluxe Pack
  • デラックスエスカレーション・コントラクト
  • デラックス(スーツ・アイテム)
  • デジタルサウンドトラック
  • デジタルブック「HITMANの世界」
  • ディレクター解説(任務の紹介)
Steam公式から引用

『ヒットマン3』+「ヒットマン3のデラックスパック」というシンプルなエディションとなっています。

過去作の「本編・DLC」を全て所有している方や、『ヒットマン3』のみのプレイを検討している方にオススメのパック内容となっています。

>>エディション内容まとめに戻る<<

HITMAN TRILOGY「12,430円」

Steam公式から引用
  • 『ヒットマン1』アクセスパス
  • 『ヒットマン2』アクセルパス
  • 『ヒットマン3』本編
  • ミッション×6種類

『ヒットマン3』の本編が最初から付いているため、追加購入なしでシリーズ三部作のプレイが可能となり6種類のミッションも追加されます。

『ヒットマン』のストーリーを1作目から追っていきたいと思っている方や、過去作を1つも所有していない方にはオススメのパック内容となっています。

>>エディション内容まとめに戻る<<

用途・価格別に紹介!

『ヒットマン3』はVRモードが実装・VR版の推奨スペックは?

4:52~ VRモードプレイ画面
CPUIntel 6-core i7-8700
メモリ16GB
GPURTX 2060 Super
Steam公式から引用

2022年1月に『ヒットマン3』は、主観画面でプレイできるVRモードが実装されました。

通常プレイの要求スペックと比べるとVRモードの動作環境は高く設定されていますが、表示されているGPUはPS5に近い性能となっています。

PS5のグラフィック性能をゲーミングPCに置き換えると、ロースペックPC程度の処理能力しか発揮できません。

「ヒットマン3」でVRモードを快適に楽しむなら、4K設定やVRモード設定でも通用するハイスペックなゲーミングPCが必要となります。

下記で、『ヒットマン3』をVRで快適に遊べるハイスペックゲーミングPCを紹介しているので参考にしてみてください。

用途・価格別に紹介!

『ヒットマン3』おすすめゲーミングPC

現役のシューターゲームプレイヤーである筆者が、厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 【初心者向け】ゲーミングPCの選び方は?

PS5以上の環境かつ安いゲーミングPCが欲しい方向け

GALLERIA RM5C-R35

GALLERIA RM5C-R35
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce RTX 3050 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ RTX3050ならこのモデル! /
154,980 円(税込)

予算を抑えて『ヒットマン3』を、PS5以上の環境でカジュアルに遊びたい人にオススメのモデルとなっています。

グラフィック性能は「FHD中品質」で85fps程度まで狙える性能がありますが、処理が重くなるところでは60fpsを下回ることもあります。

フレームレートを安定させるには低品質まで設定を落とす必要がありますが、中品質でも常に不安定なプレイ環境というわけではありません。

「画質・fps値」共に高水準なクオリティを求める方には、ミドルスペック以上のゲーミングPCがオススメとなっています。

>>公式サイトで『GALLERIA RL5C-R35』の詳細を見る

高コスパPCで最高の画質かつ60fpsを維持したい方へ

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
239,980 円(税込)

上記のモデルなら「FHD中品質」で100fps程度まで狙えることができ、「FHD最高品質」でも60fps張り付きで遊べるほどの性能を持っています。

『ヒットマン3』を快適にプレイできるゲーミングPCの中では、価格も抑えられていてグラフィック性能も高いのでバランスの取れたPC構成となっています

中品質でフレームレート重視の設定を検討されている方には、fps値制限を避けるために下記で紹介している144hz対応モニターをオススメします。

また「2022年に実装予定のレイトレーシング機能」や「VRモード」使用状態でも、快適にプレイするならハイスペックPCがオススメです。

ベンキュージャパン
¥29,727 (2022/05/19 20:33時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

4KやVRなど高級なプレイを追求したい方向け

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
369,980 円(税込)

上記のモデルなら、「ヒットマン3」を「FHD最高品質」110fps張り付きプレイできる性能があります。

また「4K設定」なら70fpsまで狙うことができるほど、映像処理に強いゲーミングPCとなっているため「VRモード」でも快適なプレイ環境で遊べます。

「FHD中品質」では200fpsを超えるフレームレートを叩き出すので、ゲームの環境設定に合わせてゲーミングモニターを選ぶと良いでしょう。

「144hzかつ4K」対応ゲーミングモニターなら好きなプレイスタイルで遊べるのでおすすめです。

ASUS
¥84,964 (2022/05/16 20:34時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R38』の詳細を見る

ノートパソコンかつPS5以上の体験が可能

GALLERIA XL7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:144Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約5.0 時間
\144Hzディスプレイ採用! /
159,980 円(税込)

上記のゲーミングノートPCなら、「FHD最高品質」でも60fp張り付きで快適に遊べる性能です。

「FHD中品質」なら100fps程度まで狙える性能で、144hz対応ディスプレイを標準搭載している上記のモデルならfps制限を受けることなく快適にプレイできます。

FPS・TPSジャンルも十分に遊べるほどの性能があるため、144fpsが必要なタイトルにもおすすめです。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

『ヒットマン3』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 『ヒットマン2』のデータは『ヒットマン3』に無料で引き継げる
  • ミドルクラス以上なら最高品質でも60fps張り付きで快適
  • 「VRモード」も視野に入れるならハイスペックPCが必要
今後、レイトレーシング機能も実装予定です!

『ヒットマン3』を快適にプレイするためには、最低でも「RTX3050」クラスのGPUを用意する必要があり、低スペックPCでは快適にプレイできません。

2022年に実装される予定のDLSS機能が使えるようになれば、現在所有しているPC性能のままでフレームレートを引き上げられるようになります。

ただしDLSS機能が使えるのは、NVIDIA社が開発している「RTXシリーズ」のグラフィックボードのみとなっているので注意する必要があります。

当サイトで紹介しているゲーミングPCは全て「RTXシリーズ」が搭載されているので、安心してください。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

用途・価格別に紹介!

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる