PC版『ソニックフロンティア』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC PS5以上の環境で遊ぶには?

ソニックフロンティア おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • 『ソニックフロンティア』の推奨スペック
  • PS5とのプレイ環境比較
  • 『ソニックフロンティア』おすすめPC
オープンワールド
で爽快!

PC版の『ソニックフロンティア』はSteamにてリリースされており、DLのみの販売となります。

オープンワールドの広大なフィールドを駆け回るタイトルなので、推奨スペックはPS5並かそれ以上のマシンパワーが必要です。

この記事ではPC版ソニックフロンティアの推奨スペックから、快適に遊べる環境・おすすめゲーミングPCを紹介していきます。

\ 用途・価格別に紹介! /

目次

PC版『ソニックフロンティア』の推奨スペック・動作環境

PC版『ソニックフロンティア』はSteamにて配信されており、最低動作要件・推奨スペックが記載されています。

推奨スペックにはPS5並のマシンパワーを要求しているため、10万円程度の最安値ゲーミングPCでは遊べないタイトルです。

以下から最低動作環境・推奨スペック・おすすめスペックについて1つ1つ紹介していきます。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core i5-3470
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 660
Steam公式から引用

ソニックフロンティア公式の最低動作環境は上記の通りです。

解像度720p・低設定・30fpsでの動作を保証するものであり、快適に遊べるスペックとは程遠い内容となっています。

PS5並どころかPS4やSwitch以下の環境なので、必ず推奨スペックを満たすようにしましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i5-6600
メモリ12GB
GPUGeForce GTX 1070
Steam公式から引用

ソニックフロンティア公式の推奨スペックは上記の通りです。

解像度1080p・高設定・60fpsでの動作を保証するものであり、PS5並の環境で遊ぶために必要なスペックだと分かります。

ただしPC版ならではの遊び方を追究したい・長持ちするPCが欲しいなら、さらに高いスペックが必要です。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

ソニックフロンティア おすすめスペック
CPUIntel Core i7-12700
メモリ16GB
GPUGeForce RTX 3060

PC版『ソニックフロンティア』を最大限楽しむなら、上記のスペックがおすすめです。

推奨スペック以上のマシンパワーがあるので、配信などのマルチタスクでも安心のスペックがあります。

多くのタイトルでRTX3060を推奨スペックの上限としているため、他ジャンルの最新ゲームも楽しみたい方にも最適です。

ソニックフロンティアを快適に遊べるグラボは?

推奨スペックを満たすなら「GTX 1660 SUPER」「GTX 1070」が必要です。

ただしそれらのグラボはPS5で同時発売されるタイトルを遊ぶには将来性が乏しいので、「RTX 3060」以上がおすすめです。

PC版ソニックフロンティアはどこで購入できる?

Steamで販売されており、通常版が6,589円、デラックス版が7,689円となっています。

「Epic games」や「XBOX GAME PASS」では配信されていません。

\ 用途・価格別に紹介! /

PS5以上の環境で遊ぶには?どのくらいの予算が必要?

ソニックフロンティア PS5以上の環境

PC本体だけであれば約20万円程度が必要になります。

コスパだけで見ればPS5に軍配が上がりますが、PS5には入手難易度と拡張性の無さというデメリットがあります。

もっと色んなゲームを遊びたい、MODを入れた遊び方もしたい方はゲーミングPCを検討しましょう。

関連記事 PS5 ゲーミングPC 比較

ノートパソコンでもソニックフロンティアを快適に遊べる?

ソニックフロンティア ノートパソコン

ノートパソコンでPC版『ソニックフロンティア』を遊ぶ場合、高いスペックを持つゲーミングノートPCが必要です。

デスクトップPCと比較してスペックが低くなるので、必ず推奨スペックを上回る性能を用意しましょう。

具体的には「RTX3060 + Core i7 11800H」などの組み合わせがおすすめです。

当サイトが厳選したソニックフロンティアにおすすめなゲーミングノートPCも掲載しているので、そちらを参考にしてください。

\ 用途・価格別に紹介! /

『ソニックフロンティア』のPC版と家庭版で違いはある?

  • PC版はキーボード&マウス操作に対応している(パッド操作も可能)
  • MODなど、非公式な遊び方も楽しめる
  • 解像度はPC版のみ4Kで遊べる

基本的な内容に違いはありませんが、解像度と操作のみPC版に変更点があります

また、Switch版・PS4版・Xbox Series S版では最大fps値が30fpsに制限されています(PC版は60fps上限)。

4Kの解像度でオープンワールドを楽しみたい、MODなどPCならではの要素を楽しみたい方はもちろ

\ 用途・価格別に紹介! /

PC版『ソニックフロンティア』おすすめゲーミングPC

100本以上のPCゲームを紹介して厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

PS5以上の快適な環境で遊ぶなら「RTX3060搭載PC」

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\RTX3060ならこちら!/
224,980 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • ソニックフロンティアを高画質・60fpsで遊べる
  • 配信や動画編集をしたい方にもおすすめ
  • 他ジャンルの最新ゲームも安心のスペック
  • 以降に紹介するモデルと比較すると将来性は低め
  • PS5と比較すると高価

『ソニックフロンティア』をPS5以上の環境で遊びたい方にはこちらのゲーミングPCがおすすめです。

高画質・60fpsでのプレイはもちろん、この程度のスペックがあれば配信や動画編集にも困らないマシンパワーがあります。

現行のPCゲームに要求される最大限の推奨スペックに近いため、高スペックを要求する最新ゲームも遊べます。

それでも20万円近くの予算が必要なので、PS5を持っている・買える方はどちらが良いか検討しましょう。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

少しスペックにこだわったモデルなら「RTX3070搭載PC」

GALLERIA XA7C-R37 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R37 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX3070ならこちら! /
259,980 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • 価格とスペックの釣り合いが取れている(高コスパ)
  • 重たいソフトを使う配信も安心
  • fps上限解放のMODなど、スペックの要るMODを遊べる
  • 4Kで遊ぶにはややスペック不足

『ソニックフロンティア』を遊べるゲーミングPCの中でも、こちらのモデルは特にコスパ面で優れています

1つ前のモデルと比較して大幅に価格は上がらないものの、ベンチマーク比率では約1.5倍のスペックがあります。

これほどのスペックがあればfps上限解放MODや、3Dモデルを使ったVtuberのような配信にも安心です。

1440p(WQHD)でソニックフロンティアのフィールドを遊びたい方にもおすすめなゲーミングPCです。

ゲーミングPCは高価な買い物なので、コスパ重視で選ぶのも賢い選び方と言えます。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R37』の詳細を見る

長持ちするPCや4Kで遊べるPCが欲しいなら「RTX3080搭載PC」

FRGH670/SG3

FRGH670/SG3
  • CPU:Core i7-12700KF
  • GPU:RTX 3080
  • メモリ:32GB(16GB x2)
  • ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
\ RTX3080搭載なら! /
289,800 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • 4Kの環境でもfps値と画質を両立できる
  • 現行のPCゲームで困ることは無くなる
  • 今後5年以上使えるゲーミングPCが欲しい方におすすめ
  • FPS・TPSジャンルでも最高の環境で遊べる
  • ゲーミングPCの中でも高価

『ソニックフロンティア』を4K解像度の最高環境で遊びたい方には、こちらのゲーミングPCがおすすめです。

PC版ならではの4Kを遊べるスペックがあり、最新ゲームのプレイで5年近くは困りません。

オープンワールドの美麗なグラフィックを最大限楽しめるため、ソニックフロンティアを最大限遊び尽くせます

アクションジャンルだけでなく、「FPSジャンルのタイトルで240fps値を出したい」「VRゲームを快適に遊びたい」などの願いも叶えてくれます。

FRGH670/SG3を公式サイトでチェック!

ノートパソコンで安く遊ぶなら「RTX3060搭載PC」

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:165Hz 16インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-12700H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約7.1 時間
\165Hzディスプレイ採用! /
194,980 円(税込)

このモデルのメリット・デメリット

  • ソニックフロンティアを高画質・60fpsで遊べる
  • どこでもソニックフロンティアを遊べるようになる
  • 高Hzディスプレイ搭載なのでfps上限解放MODも遊べる
  • デスクトップPCと比較するとスペックや耐用年数が劣る
  • グラボなどパーツの換装ができない

PC版『ソニックフロンティア』をノートパソコンで遊びたい方にはこちらのモデルがおすすめです。

『ソニックフロンティア』はオープンワールドのゲームなので負荷が高いものの、こちらのモデルなら画質とfps値を両立して遊べます。

165Hzディスプレイを搭載しているため、fps上限解放MODや、FPS・TPSジャンルでの恩恵があります。

ノートパソコンはパーツの換装が難しいので、スペックには妥協しないようにしましょう。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36H』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でBTOパソコンショップのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC セール

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは業界で最速の出荷速度があるので、「一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!」という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

PC版『ソニックフロンティア』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 推奨スペックはPS5並
  • PC版のみ4K解像度で遊べる
  • グラボはRTX3060以上が特におすすめ
最高の環境で遊ぶならPC版!

『ソニックフロンティア』のPC版はSteamでリリースされており、推奨スペックにはPS5並のマシンパワーを要求しています。

コスパだけならPS5が優れていますが、入手難易度の高さや拡張性の低さと言った点が目立ちます。

PS4・Switch版は30fpsでしか遊べず、明らかにハードのスペックが足りていないため、快適に遊ぶならPS5かゲーミングPCを用意しましょう

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

\ 用途・価格別に紹介! /

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる