『World of Tanks』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC|『Blitz』との違いは?

World of Tanksの推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • World of Tanksの推奨スペック
  • World of Tanks Blitzとの違い
  • World of TanksおすすめゲーミングPC
各国の戦車を
操縦できます!

2010年8月12日から運営されている『World of Tanks(ワールドオブタンクス)』は、15vs15の戦車に乗って対戦するオンラインゲームとして今なお多数のプレイヤーがいます。

『World of Tanks』はクロスプラットフォーム版として『World of Tanks Blitz』というタイトルで配信されているものもあります。

この記事では『World of Tanks』のおすすめゲーミングPCや『World of Tanks Blitz』との違いなどを紹介します。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・スペック別に紹介!

『War Thunder』の推奨スペックを紹介した記事も用意しているので、同ジャンルのゲームが気になる方は要チェックです。

関連記事 War ThunderのおすすめゲーミングPCまとめ

目次

World of Tanksの推奨スペック・動作環境・グラボ情報

WoTのロード画面

『World of Tanks』の推奨スペックは2012年に発売された「GeForce GTX660」という古いグラフィックボードを掲載しています。

現行の格安ゲーミングPCに搭載されているグラフィックボードならば、必要スペックのGTX660より高い性能を持っています。

ただしWoTのゲーム性を考慮すると、fps値が多少落ちても問題無い環境を構築しましょう。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUintel Core i3以上
メモリ2GB
GPUNVIDIA GeForce 8600
steam公式から引用

『World of Tanks』の最低スペックは非常に低いものとなっています。

GPUの「GeForce 8600」は2007年のモデルなので、かなり古いGPU以上のスペックであれば良いと記載されております。

要求スペックが低いため、現行のパソコンならばオンボードでも動く可能性もあります。

古いとはいえグラフィックボードの搭載が必要と記載されているため、現行エントリーモデルの格安ゲーミングPCを用意したいところです。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel Core i5
メモリ4GB
GPUGeForce GTX660
steam公式 から引用

推奨スペックも2012年のグラフィックボードを紹介しているので、かなり低めの推奨スペックとなっています。

CPUがIntel Core i5推奨となっており、メモリも4GBとこちらの要求スペックもグラフィックボードと同じく低くなっております。

現行の格安のエントリーモデルのゲーミングPCに搭載されているGTX1650でも、GTX660のおおよそ倍の性能を発揮できるため、格安モデルのゲーミングPCでも推奨スペック以上の性能を用意できます。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i7-10700
メモリ8GB
GPUGeForce GTX1660 SUPER

当サイトでおすすめする60fps以上をキープ、かつ最高品質でプレイ可能なゲーマー向けのスペックは上記になります。

『World of Tanks』で60fps以上の高フレームレートを維持するためには、CPUとグラフィックボードの両方の性能が重要となってます。

今回おすすめするCore i7-10700とGTX1660SUPERは、どちらもミドルスペッククラスのパーツとして鉄板の人気を誇るパーツであり、価格もゲーミングPCでも手が届くレベルです。

こちらの記載以上のスペックのゲーミングPCならば、最高画質で60fps以上を出すことが可能です。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「GTX1660 Super」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA RM5R G60S」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

グラボのないパソコンでも遊べる?

推奨スペックにはグラフィックボードの搭載が記載されていますが、オンボードでもCPUが直近2世代のものならばグラフィック性能を調整すればプレイは可能と考えられます。

しかしCPUへの負荷がかかるため、基本的にはグラフィックボードの搭載されたPCでのプレイをおすすめします。

中古のゲーミングPCで安く済ませていいでしょうか?

おすすめしません。中古ということは各パーツが摩耗しいつ故障してもおかしくない状況になっている可能性があります。

修理やパーツの交換となった場合新品のゲーミングPCを購入するのと変わりない、もしくはかえって高く付くこともあります。

安いゲーミングPCでも60fpsの快適プレイは可能?

WoTを快適60fpsで遊ぶために必要なスペック

『World of Tanks』はゲーム側の限界もあり144fpsを固定することはどれだけPCスペックを高めても難しいです。

そのため、快適な高フレームレートのプレイの基準となるのは60fps以上になります。

60fpsで快適プレイができるかどうかは画質設定によって大きく異なります。最高画質かつ60fps越えを維持する場合はGTX1660superのようなミドルスペックに近いグラフィックボード以上の性能が必要となります。

当サイトでは『World of Tanks』を快適に遊べる最安値のゲーミングPCも紹介しているので、そちらも参考にしてください。

安いゲーミングPCのおすすめモデルを紹介した記事も用意しているので、予算にこだわる方は要チェックです。

関連記事 安いゲーミングPCのおすすめモデルまとめ

ノートパソコンでもWorld of Tanksを快適に遊べる?

WoTを遊ぶならゲーミングノートPCがおすすめ

ノートパソコンで『World of Tanks』を遊ぶことは可能です。必要スペックが低く設定されているため画質設定を下げればプレイ可能だと考えられます。

高フレームレート・高画質高解像度でプレイしたい場合は、グラフィックボードの搭載されたゲーミング用のノートPCをおすすめします。

『World of Tanks』は1試合がそこまで長くなく手軽に遊べるゲームの一つのため、持ち運んで好きなところでプレイするノートゲーミングPCの特徴とマッチするため、検討してみるのもありだと思います。

当サイトでは安価でWorld of Tanksを快適にプレイ可能なゲーミングノートPCも紹介しているため、そちらもチェックしてみてください。

当サイトでは『World of Tanks』を何処でも遊べるゲーミングノートPCも紹介しています。そちらも参考にしてください。

用途・スペック別に紹介!

『World of Tanks』おすすめゲーミングPC

現役『World of Tanks』プレイヤーが厳選したゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 【初心者向け】ゲーミングPCの選び方は?

最安値のゲーミングPCで『World of Tanks』を遊ぶなら

Magnate MH i5-12400搭載モデル

Magnate MH i5-11400搭載モデル
  • CPU:Core i5-12400
  • GPU:GeForce GTX 1650 4GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ メモリ16GBモデル最安値! /
109,980 円(税込)

エントリーモデルのグラフィックボードとして広く採用されているGTX1650の搭載されているこのモデルは、『World of Tanks』の推奨スペックを軽々と越えた性能を持っています。

そのためお手頃な価格ながら『World of Tanks』を高品質のグラフィックでプレイすることが可能となっています。

ゲーミングPCを初めて購入する人や、コストを抑えたゲーミングPCを用意したい人に特におすすめのゲーミングPCです。

ただしせっかくゲーミングPCを買うならFPS・TPSも遊びたいという方には少々スペック不足なので、次以降のモデルをおすすめします。

>>公式サイトで『Magnate MH』の詳細を見る

60fps張り付きかつ画質を維持して遊びたい方向け

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S
  • CPU:Ryzen 5 3500
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
\ 格安でも高性能! /
144,980 円(税込)

最高品質でのプレイを行いたい、もしくは録画を行いながらプレイしたいということならばエントリーモデルよりスペックのいいこちらのミドルスペックゲーミングPCをおすすめします。

このモデルに搭載されているGTX1660Superは価格と性能のバランスが丁度いいとされているグラフィックボードであり、様々なゲームをプレイすることが可能なスペックを持っています。

『World of Tanks』を最高品質でプレイしても60fps以上をキープすることが容易なほどのマシンスペックを持っているため、グラフィックを堪能しつつもプレイでコマ落ちを発生することなく快適なプレイが可能です。

『World of Tanks』を快適にプレイしつつ、多くのPCゲームも今後体験していきたいのならばこのミドルスペックのゲーミングPCをおすすめしています。

>>公式サイトで『GALLERIA RM5R-G60S』の詳細を見る

高fps値の環境で『World of Tanks』を遊ぶなら

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
239,980 円(税込)

せっかくゲーミングPCを用意するならスペックにこだわりたい!という方にはこちらのRTXグラボ搭載ゲーミングPCをおすすめします。

『World of Tanks』はゲームの方の都合で144fpsを安定させることは難しいですが、100fps前後を安定して出力できるハイスペックなマシンのため、対戦相手の動きも見やすくなるところがあります。

FPSやTPSゲームでも144fps値を狙ったりすることが可能なスペックなので、本格的なゲーミングPCを求める人向けになります。

WoTやFPSゲームで高fps値で遊ぶなら144Hzゲーミングモニターが必要になるので、別途用意しておきましょう。

ベンキュージャパン
¥29,727 (2022/05/19 20:33時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

ノートパソコンで快適に遊べる環境を狙うなら

GALLERIA XL7C-R36 第11世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • ディスプレイ:144Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3060 6GB
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • 重量:約2.1kg
  • バッテリー持続時間:約5.0 時間
\144Hzディスプレイ採用! /
159,980 円(税込)

持ち運ぶパソコンでゲームをしたいといった人にはゲーミングノートPCをおすすめします。

ノートPCはパーツの交換が困難なため、最初から妥協せずに高性能なゲーミングPCを用意する事をおすすめします。

ノートパソコンでは『World of Tanks』を快適にプレイできないのではと一見思うかもしれませんが、このモデルならばミドルスペックのゲーミングPCを超える性能を持っています。

ディスプレイは144Hz対応なので、持ち運びできるサイズにも関わらず最高画質かつ80fps超えでプレイすることも可能となっております。

>>公式サイトで『GALLERIA-XL7C-R36』の詳細を見る

本家版(PC版)と『World of Tanks Blitz』の違いとは?

WoTのドイツの戦車
  • 対戦人数や、グラフィックの品質に違いがある
  • ゲーム内データが異なり、ゲーム進行は個別管理になる
  • 自走砲が『World of Tanks Blitz』には存在しない
  • PCのみでプレイ可能か、コンシューマーゲーム機やスマートフォン等とクロスプレイ出来るかの違い

WoTには本家版『World of Tanks』とマルチプラットフォーム版『World of Tanks Blitz』があります。

どちらも同じゲームを元としているため、戦車を動かしてプレイヤーと対戦するゲームではありますが内容には色々と差異があります。

この項目では違う点を紹介していきます。どちらをプレイするべきか迷っている人への解決の手助けとなれば幸いです。

最大人数・車両種類の豊富さで本家版が勝る

WoTの戦車のリストの一部

大きな違いとして、対戦人数の差があげられます。

本家版である『World of Tanks』では最大15vs15の対戦を行えますが、マルチプラットフォーム版の『World of Tanks blitz』では最大対戦人数が7vs7となっております。

また、マップの広さも大きく異なっており、比較すると約半分くらいになっているマップも多く、人数とマップのサイズの都合もあり、『World of Tanks』で使用できる自走砲全てが『World of Tanks Blitz』では登場していません。

グラフィックは本家版が圧倒的

WoTの日本戦車

『World of Tanks Blitz』はクロスプラットフォームのゲームということもあり、スマートフォンでも動かせるようにグラフィック品質は全体的に控えめとなっております。

『World of Tanks』ではPC版限定ということもあり、最高品質にすれば綺麗なグラフィックでプレイすることが可能です。

クロスプレイをするなら『World of Tanks Blitz』がおすすめ

WoTbのプレイ画面

『World of Tanks Blitz』の一番の強みとして、スマートフォンやNintendo Switchのプレイヤーと共に遊ぶことが出来るのがあげられます。

クロスプレイに対応しており、別ハードのプレイヤーと気軽に楽しめるのが『World of Tanks Blitz』の魅力となっております。

現在『World of Tanks Blitz』が配信されておりクロスプレイに対応しているのは下記のハードになります。

  • iOS,Android
  • Windows10,macOS,steam
  • Nintendo Switch

PS4・PS5でも『World of Tanks』は配信されていますが、こちらは本家版、クロスプラットフォーム版とは独立したものとなっており、クロスプレイは不可能です。

ゲーミングPCがあるなら本家版『World of Tanks』を遊ぶべき

WoTの撃破された後の戦車

快適にプレイできるゲーミングPCを用意できるのであれば、ぜひ本家である『World of Tanks』のプレイをおすすめします。

15vs15の大人数で広いマップで多くの戦車が入り乱れる戦闘を、リアリティのあるグラフィックでプレイできます。

用途・スペック別に紹介!

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

『World of Tanks』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 必要・推奨スペックは低め
  • 最高画質で60fpsのためにはそれなりのスペックが必要
  • 本家版とBlitzはクロスプレイをするかどうか
格安ゲーミングPC
でも十分です!

『World of Tanks』は快適にプレイするなら、エントリーモデルモデル以上のゲーミングPCをおすすめします。

『World of Tanks Blitz』との違いはグラフィックの違いや、一緒に遊べる相手の違いなどがありますので、しっかりと確認してどちらで遊ぶか検討しましょう。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

用途・スペック別に紹介!

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる