PC版『Dying Light 2』の推奨スペック・おすすめゲーミングPC エディションの違いも解説!

ダイイングライト2の推奨スペック・おすすめゲーミングPC
以下の内容を解説しています!
  • 『ダイイングライト2』の推奨スペックを紹介
  • ノートパソコンや低価格PCで遊べるのか?
  • 『ダイイングライト2』の「ゲーム仕様・エディション・前作とのつながり」を解説
今後のアプデ情報も解説!

2022年2月に発売された『Dying Light 2』は、Techland開発のオープンワールド形式ホラーゲームです。

ゾンビ溢れる街をパルクールアクションで駆け巡るシステムと荒廃した世界観は前作を引き継いでいて、RPG的な要素やゲームボリュームの高さが魅力です。

推奨スペック自体はかなり高いため、ゲーミングPCで遊ぶ際には高性能なグラボが必須です。

この記事では、求められるPCスペックやゲームの全容について以下の各項目で詳しく解説していきます。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・価格別に紹介!

目次

『Dying Light 2』の推奨スペック・動作環境

『Dying Light 2』は「オープンワールド+大量のゾンビ」という要素と、要求スペックが高く設定されたゲームなので通常設定でプレイしても重たいタイトルです。

さらに、レイトレーシング設定で「リアルタイムに動く影・見た方向によって変わるガラスの反射」なども楽しむためにはミドルスペック以上のPCを用意する必要があります。

まずは、下記でSteam公式が公表している動作環境について見ていきます。

ゲーミングPCのスペック予備知識まとめ

最低スペック・最低動作環境

CPUIntel Core i3-9100
メモリ8GB 
GPUGTX 1050 Ti 
Steam公式 から引用

『Dying Light 2』はSteam公式が発表している最低スペックですら、他タイトルと比べると重たい動作環境のゲームだと言えます。

ロースペックGPUである「GTX1650 SUPER」でも60fpsを下回るプレイ環境なのにもかかわらず、10世代も前のGPU「GTX 1050 Ti」を選ぶ理由がありません。

最低動作環境は「ゲームの起動を保証するもの」であって「快適なプレイ環境を表したもの」ではないので、余裕を持ったゲーミングPCを用意しましょう。

推奨スペック・推奨動作環境

CPUIntel i5-8600K
メモリ16GB
GPURTX 2060 6GB
Steam公式 から引用

上記は開発元のTechlandが公表した「レイトレーシング無し・FHD60fps」をプレイするために必要なPCスペックとなっています。

確かに公式が発表した動作環境ではありますが、アップデートを繰り返すオンラインゲームでは必要スペックが引き上げられていくため余裕を持った性能が必要です。

フレームレートを安定させて快適なプレイ環境を手に入れる意味でも、ゲーミングPCはオーバースペック気味で用意するほうが丁度いいのです。

ゲーマー向けスペック・おすすめ動作環境

CPUCore i5-8600K
メモリ16GB
GPURTX 3060

当サイトでオススメするゲーマー向けのPC構成は上記になります。

推奨スペックで紹介されている「RTX2060」より、1つ上の世代のモデルなら快適です。

「DLSS機能」を使うことで「FHD画質90fps」を狙う構成となっていて、推奨環境と比べるとグラフィック処理で重要なGPUだけを引き上げたPC構成です。

「動画配信・ボイスチャット」などマルチタスクな使い方も検討している方は、core i7以上のCPUを搭載したモデルをオススメします。

推奨スペックで選ぶならこちら!

推奨スペックで選ぶなら、「RTX3060」を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA XA7C R36」が同等以上のスペックを持っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

『ダイイングライト2』で使えるDLSS機能とは?

DLSS機能とは荒い画面と綺麗な画面をグラボに比較学習させて、綺麗な画質のままフレームレートを向上させる機能のことです。

注意点は、NVIDIAのグラボ「RTXシリーズ」を搭載したPCでしか使えない機能ということです。

当サイトで紹介しているゲーミングPCは全て「RTXシリーズ」を搭載しているので、DLSS機能が使える仕様になっています。

関連記事 NVIDIAの新技術「DLSS」とは?

グラフィックボード無しでも遊べる?

不可能です。CPUの性能によっては起動できるかもしれませんが、ゲームにはなりません。

安いゲーミングPCでもPS5以上の快適プレイは可能?

「PS5」本体の価格は店舗から購入できれば5万円程度であり、グラフィック性能を「PC」のグラボに換算すると「RTX 2060super」程度となっています。

「PS5」と近い性能のゲーミングPCを用意する場合でも、15万円程度の費用が必要になるため予算を安く抑えるのは難しいと言えるでしょう。

関連記事 PS5とゲーミングPCのスペック比較まとめ

「ゲーミングPCでなるべく安く遊びたい」方には不向きなタイトルで、「ゲーミングPCのハイスペックな環境で楽しみたい」方向けのタイトルとも言えます。

少なくとも格安ゲーミングPCでは遊べないタイトルなので、予算に手が出せない方はPS5の入手を目指しましょう。

『ダイイングライト2』をPS5以上の環境で快適にプレイできるゲーミングPCを紹介しているので、そちらを参考にしてください。

ノートパソコンでも『Dying Light 2』を快適に遊べる?

結論から言えば「ハイスペックなゲーミングノートPC」なら可能ですが、注意点があります。

排熱の関係で、同じクラスのデスクトップPCよりも性能が劣ってしまうノートPCは高い性能がなければ快適に遊べません。

最低でもミドルスペック以上のゲーミングノートPCを用意して、ディスプレイは144hz以上対応のものを選ぶ必要があります。

下記では、快適に『ダイイングライト2』を遊べるノートゲーミングPCを紹介しています。

用途・価格別に紹介!

『Dying Light 2』のエディションによる違いは?

Dying Light 2 公式ウェブサイト から引用

『Dying Light 2』のダウンロード版には「通常版・デラックス版・アルティメット版」の3つのエディションが用意されています。

どれを購入するか迷っている方に向けて、特典とDLC内容の違いについて解説していくので参考にしてみてください。

  • 通常版 8,770円
  • デラックス版 10,978円
  • アルティメット版 13,178円

通常版

  1. 『ダイイングライト2』本編
  2. DLC1「Authority」
  3. DLC2「Ronin Pack」

『ダイイングライト2』をとにかく低予算で始めたい人向けの、パッケージとなっています。

先行特典だった2種類のDLCも現在では無料で開放されているため、新たに始めるなら買い得な内容と言えるでしょう。

デラックス版

Steam公式 から引用
  • 『ダイイングライト2』本編
  • DLC1「Authority」
  • DLC2「Ronin Pack」
  • 限定武器チャーム
  • 衣装スキン「レジェンダリー」
  • 武器スキン「レジェンダリー」
  • パラグライダースキン「レジェンダリー」
  • 印刷可能な壁紙
  • デジタルコミック
  • デジタルアートブック

「限定武器チャーム」と「3種類のレジェンダリー装備」がついていて、武器やアイテムのフルコンプを目指すプレイヤーには必須のセット内容となっています。

ゲーム外コンテンツが3種類も付くので、『ダイイングライト2』の世界観を存分に味わいたいプレイヤーにもオススメできるエディションとなっています。

アルティメット版

Steam公式 から引用
  • 『ダイイングライト2』本編
  • DLC1「Authority」
  • DLC2「Ronin Pack」
  • 「デラックス版」全ての特典
  • 2時間の夜間XP増量
  • クラフトアイテム

デラックス版の特典に加えて「夜間のXP増量アイテム2時間」と「クラフトアイテム」が追加された、ダウンロード版では最上級のエディションです。

「ダイイングライト2」を徹底的に遊びたいプレイヤーに、もっともオススメするセット内容になっています。

『Dying Light 2』はクロスプレイ非対応

公開されているアップデート情報/Steam公式 から引用
アップデート時期アップデート内容
2022年 2月勢力をテーマにした無料DLC
2022年 3月チャレンジセット1
2022年 4月各種イベント-変異感染者
2022年 5月チャレンジセット2
2022年 6月第一話無料DLC
今後この先、5年間は新コンテンツ追加予定
上記の画像を日本語でまとめています。

『Dying Light 2』は初リリース日から「全プラットフォーム・家庭機の機種間」で、クロスプレイが非対応になっています。

上記のSteamが公表している公開情報を見てみると、現状では今後もクロスプレイを実装する予定はないと言えるでしょう。

用途・価格別に紹介!

1作目『Dying Light』との「つながりと変更点」

昼のプレイ画像/Stema公式 から引用
夜のプレイ画像/Stema公式 から引用

『Dying Light 2』は前作から15年後の物語のため、ストーリーとしては前作をプレイしていなくても存分に楽しめる内容となっています。

用意されているマップは「DL1」と比べて2倍の広さとなっており、パルクールアクションも数百種類から数千種類に増えました。

また、昼夜サイクルのシステムが「昼は穏やかなゾンビ・夜は狂暴なゾンビ」から「昼は人間が敵・夜はゾンビが敵」となったことが大きな変更点と言えるでしょう。

今作から追加されたレイトレーシング機能も余すことなく楽しむなら、ミドルスペック以上のゲーミングPCをオススメします。

『Dying Light 2』おすすめゲーミングPC

歴代のオンラインゲームをプレイしてきた筆者が、ゲーミングPCをBTOパソコンショップから紹介していきます。

どれも推奨スペックを超える性能を持っているので、パソコン初心者でも自分の用途に合わせれば目当てのゲーミングPCを購入できます。

ゲーミングPCの選び方について解説した記事も用意しているため、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC 選び方

『Dying Light 2』を遊べる最安値のゲーミングPCはこちら

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R36 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i7-12700
  • GPU:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
\ RTX 3060ならこちら! /
219,980 円(税込)

ロースペックモデルの通常設定なら「FHD画質60fps張り付き」で遊べて、「DLSS機能」を使えば「FHD画質80fps張り付き」までfps値が向上するので通常プレイでは快適です。

しかし、レイトレーシング設定を使うとFHD画質で平均34fps程度までフレームレートが落ち込み「DSSS機能」で処理を軽くしたとしても60fpsに届かない性能です。

「ダイイングライト2」の要求スペックが高いため他タイトルなら十分に通用するゲーミングPCでも、本作では物足りない性能となってしまうのです。

>>公式サイトで『GALLERIA XA7C-R36』の詳細を見る

レイトレーシング&DLSSで60fpsを狙うなら

GALLERIA ZA9C-R37 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R37 第11世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
329,980 円(税込)

上記のゲーミングPC通常設定なら「FHD画質90fps張り付き」で遊べて、「DLSS機能」を使えばFHD画質設定で120fps付近まで狙える性能です。

気になるレイトレーシング設定をした場合、通常だと60fpsを下回る性能ですが「DLSS機能」を使うことで「FHD画質70fps張り付き」でプレイできる性能です。

またGPUの足を引っ張る「ボトルネック」という現象を引き起こさないために、性能のバランスが取れたCPUで組まれています。

数年間はアップデートを重ねた「ダイイングライト2」でも快適に遊べるため、どのPCを選んで良いか分からない方に「価格帯とコスパ」の面で一番オススメできるモデルです。

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R37』の詳細を見る

4K+DLSSで60fps張り付きを狙うなら

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載

GALLERIA ZA9C-R38 第12世代Core搭載
  • CPU:Core i9-12900K
  • GPU:GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB Gen4 NVMe SSD
\ ハイスペモデルの決定版! /
359,980 円(税込)

プレイ環境で、画質やフレームレートの妥協を許さないプレイヤーには上記のモデルがオススメです。

「DLSS」機能を使えば「FHD画質144fps張り付き」で遊べるほどの性能があるので、144hz対応モニターも合わせて検討するべきスペックとなっています。

気になる4K画質でのプレイ環境は、「DLSS機能」を使えば70fps張り付きでプレイできる性能です。

ですが「4K画質設定+レイトレーシング設定」は「DLSS機能」をつかったとしても30fpsを下回るため、どちらか片方を使うことになると言えます。

価格については非常に高額になっているため、予算が許すなら選択肢の一つとして検討することをオススメします。

ASUS
¥36,336 (2022/09/25 18:14時点 | Amazon調べ)

>>公式サイトで『GALLERIA ZA9C-R38』の詳細を見る

『Dying Light 2』を快適に遊べるゲーミングノートPCはこちら

GALLERIA UL7C-R37

GALLERIA UL7C-R37
  • ディスプレイ:240Hz 15.6インチ 非光沢
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3070 8GB
  • メモリ:16GB DDR4 SDRAM
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
  • 重量:約1.96kg
  • バッテリー持続時間:約8.8 時間
\ ノートでもハイスペ! /
269,980 円(税込)

外出先でもライトにサクサクしたプレイ画面で遊びたい方には、上記のモデルがオススメとなっています。

気になる「ダイイングライト2」での動作環境は、画質設定を調整すればで60fpsを狙えるほどの性能で標準搭載されているディスプレイは165hz対応となっています。

「CPU・GPU」共にバランスの取れた構成となっているため、数年間は買い替えの必要がないコストパフォーマンスに優れたゲーミングノートPCです。

>>公式サイトで『GALLERIA UL7C-R37』の詳細を見る

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのがおすすめ

BTOパソコンショップのドスパラ

ゲーミングPCを購入するなら「BTOパソコンショップ」がおすすめです。

BTOパソコンショップならパソコンを注文する際にパーツを変更して自分好みにカスタマイズできるので、真に自分が欲しいスペックを持ったゲーミングPCを手に入れることができます。

「ゲーミングPCなら自作が安い」という情報から自作も視野に入れている方もいると思われますが、以下に当てはまる方のみしかおすすめしません。

自作PCが向いているのはこんな人!

  • 安いパーツを選定でき、相場変動について詳しい
  • パーツ同士の相性について知っている
  • トラブル時のサポートが不要

実際のところBTOパソコンショップで購入する場合と完全自作の場合、同じパーツを揃えるならBTOパソコンショップのほうが安くなります

なぜならBTOパソコンショップは大量にパーツを仕入れているのに対し、自作では小売分の料金が上乗せされているためです。

サポートについても多くのショップが力を入れており、メール・電話・チャットでの連絡に対応しているのでパソコン初心者にはうってつけです。

ゲーム用に家電量販店のパソコンを買うのは厳禁

  • 割高かつ最新のゲーミングPCはまず売っていない
  • サポートは手厚いものの、その分割高
  • 有料セキュリティソフトや光回線など、セット売りを勧めてくる

家電量販店でゲミングPCの購入は絶対におすすめできません。

なぜなら多くの家電量販店ではゲーミングPC自体を取り扱っておらず、取り扱っていても最新のグラボを積んだモデルはほぼありません。

あくまでもパソコン自体に疎い方へ向けた商売ですので、当サイトのようなメディアサイトをあらかじめリサーチできる方にとってはデメリットだらけです。

関連記事 「ゲーミングPCは家電量販店で買うな」と言われる理由は?

BTOパソコンショップで買うならセールが狙い目

マウスコンピューターのセール
マウスコンピューターのセール

BTOパソコンショップはセールが開催されるタイミングがあり、人気のモデルの割引・PCゲームの付属・ポイントでのキャッシュバックなどが実施されます。

とくに『マウスコンピューター』「FRONTIER(フロンティア)」はセール頻度と割引率が高いため、セール対象商品から自分の欲しいスペックに近いモデルを選ぶといった手もあります。

しかしセールを待っていればいつまでもゲーミングPCを手に入れることができないので、やはり欲しいと感じたときが買い時とも言えます。

以下の記事でフロンティアのセール最新情報とおすすめモデルを紹介しているので、安いゲーミングPCを探している方は参考にしてください。

関連記事 フロンティアのセール情報まとめ

BTOパソコンショップごとの特徴・ラインナップ

ショップ名値段出荷速度サイトの利便性サポートセール内容
ドスパラ     
マウスコンピューター     
FRONTIER     
パソコン工房     

当サイトでは上記4サイトをおすすめしていますが、中でも「ドスパラ」と「マウスコンピューター」がゲーミングPCの購入におすすめです。

ドスパラは最短当日出荷という業界で最速の出荷速度があるので、一刻もはやくゲーミングPCが欲しい!という方におすすめのBTOショップです。

マウスコンピューターはサポートの手厚さとセールでの値引き率の高さから、ゲーミングPC初心者にうれしい特典が揃っています。

『Dying Light 2』の推奨スペック・おすすめゲーミングPCのまとめ

記事の内容を3行で振り返り!
  • 快適に遊ぶならミドルスペック以上のPCが必要
  • クロスプレイは未実装で、今後も実装される予定はない
  • 「ダイイングライト2」から始めたプレイヤーでも楽しめるゲーム内容になっている
ノートPCならミドルスペック以上が必要だよ

『Dying Light 2(ダイイングライト2)』は最新技術のレイトレーシング機能を使って遊べるタイトルで、ミドルスペック以上のPCを用意することで今までにないゲーム体験を与えてくれます。

主要となるグラボは「RTXシリーズ」になりますが、その中でも「RTX3060」以上のモデルを選ばなければ快適には遊べないため注意が必要です。

以下が記事の要点と、今回紹介したゲーミングPCのおすすめモデルです。気になる項目はおさらいしておきましょう。

手っ取り早くおすすめのゲーミングPCについて知りたい方は以下のリンクからジャンプできます。

用途・価格別に紹介!

SNSシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる